ウエブハロン2017 スーパー ジョッキーズ トライアル タイトル

 本年8月26日および27日にJRA札幌競馬場で実施される「2017ワールドオールスタージョッキーズ」への出場をかけて地方競馬のトップジョッキーが争う「ワールドオールスタージョッキーズ地方競馬代表騎手選定競走」がSJTです。SJT本戦(第1ステージ、第2ステージ)の計4レースにおける着順に応じた得点の合計により、地方競馬代表騎手が選ばれます。
 また、SJT本戦に先がけて、各地方競馬場リーディング次位の騎手等による、本戦への出場をかけた『SJTワイルドカード』が実施されます。
 ※2017ワールドオールスタージョッキーズの地方競馬代表騎手は、地方競馬全国協会が代表騎手1名、補欠騎手1名を日本中央競馬会に推薦し、同会が決定します。
※下の“タブ”をクリックするとご覧になりたいレースの記事に切り替わります。

初出場最年少の中野騎手が躍動 第2戦を制した真島騎手が2位

 今年も、世界の名手たちが競演する夢の舞台に向けた戦いが始まった。8月26、27日にJRA札幌競馬場で開催される、2017ワールドオールスタージョッキーズへの地方所属騎手の出場枠は1名。その1枚の切符を賭けて、スーパージョッキーズトライアル2017本戦の火ぶたが切られた。第1ステージが行われる盛岡競馬場には、SJTワイルドカードでのポイント上位2名、村上忍騎手(岩手)、田中学騎手(兵庫)を加えたトップジョッキー14名が集結した。
 初出場の騎手は個性豊かな3名。最年少25歳の中野省吾騎手(船橋)は急成長中の注目株。「周りにとらわれず、馬のことだけを考えて乗りたいです」と臆する様子はないようだ。昨年、初めて笠松リーディングに輝いた佐藤友則騎手は、全国の競馬場を飛び回る経験豊富なジョッキー。盛岡競馬場でも何回も騎乗しており、紹介式の時には地元ファンから声援が送られていた。ついに兵庫トップ3(川原正一騎手、木村健騎手、田中学騎手)の牙城を崩し初のリーディングを手にした下原理騎手。第2ステージが地元の園田競馬場ということもあり相当な気合いが入っていたはずだが、残念ながら第1戦の騎乗馬が競走除外となってしまった。「運がないですね。2戦目でがんばってなんとか地元に行きたいです……」と複雑な表情だったが、もちろん望みは捨てていなかった。
 第1戦は、ダート1600メートル。森泰斗騎手(船橋)と矢野貴之騎手(大井)が並んで先行し、外枠から好スタートを切った永森大智騎手(高知)が半馬身後ろの3番手。その直後に1番人気の丸野勝虎騎手(名古屋)が追走し、山口勲騎手(佐賀)、中野騎手が続き、先行集団は固まってレースが進んだ。3コーナーあたりで丸野騎手が押し上げて先行した2人に並び、直線に入るとその3人の追い比べが始まった。しかし、その外から一気に伸びてきたのが中野騎手だ。あっという間に前を交わすと、そのまま突き抜けて4馬身差の快勝。2着は、末脚を伸ばした永森騎手。粘っていた矢野騎手を丸野騎手がゴール前でとらえ3着を確保した。
 レースから戻って来ると、馬の首筋をポンと叩き抱きついた中野騎手。「4月に初めて盛岡に遠征に来た時、不甲斐ない結果で……。だから今日は返し馬の時に、内と外を歩いてしっかり馬場を確認しました。思い通りのレース運びができて良かったです。4月の経験が活きましたね」と、本人も納得の会心の勝利だったようだ。
 第2戦は、盛岡競馬ならではの芝1700メートル戦だ。芝コースが初めてという馬や、前走で芝1000メートル戦に出走している馬も何頭かいて、展開予想も難しい一戦。逃げたのは1番枠の藤田弘治騎手(金沢)で、2番手に永森騎手、3番手の内に中野騎手が続き、好位の外を真島大輔騎手(大井)が追走していた。道中で動きはあまりなく、4コーナーをまわるとジョッキー達の腕が一気に動き始めた。横並びの中から抜け出したのは真島騎手だった。最後は中野騎手も内から迫ったが、3/4馬身差及ばず。3着争いは大混戦となったが、13番人気の佐藤騎手が入った。
 正攻法の競馬で勝利を手にした真島騎手は「理想的なレースができました」とニッコリ。第1戦が最下位だっただけに、貴重な20ポイントを獲得した。
 2戦が終了し、例年は上位が混戦となるためポイント集計は慌ただしくなるのだが、今年のトップは一目瞭然。1着、2着で35ポイントの中野騎手が断トツの1位だ。2位は13着、1着で21ポイントの真島騎手。3位は2着、7着で20ポイントの永森騎手となった。
 そして、11~13位の3名が6ポイントで並んだのだが、規定により13位は村上忍騎手。14位の下原騎手とともに第2ステージへと駒を進めることはできなかった。
 初出場ながら、2戦ともインパクトのあるレースを披露した中野騎手。表彰式の時には「盛岡の空気は美味しいですね」などと笑いを誘い、地元ファンも中野ワールドに魅了されているようだった。「次の園田は初めてなので楽しみです。他の騎手を意識しすぎずに、馬との会話に努めます。そうすれば結果は出ると思います」。現在2位に14ポイント差と断然優位の立場ではあるが、あくまで冷静に競馬としっかり向き合う姿勢を見せた。
 しかし、百戦錬磨の先輩騎手たちは逃げ切りを許すまいと、虎視眈眈とトップを狙っている。昨年、一昨年と2年続けて、第2ステージで2連勝した騎手が逆転優勝しているように、第2ステージへと進むすべての騎手に優勝の可能性がある。今年はどんなドラマが待っているのだろうか。SJT第2ステージは、6月22日に園田競馬場で開催される。

取材・文:秋田奈津子
写真:佐藤到(いちかんぽ)

当日の様子はこちら
(YouTube地方競馬チャンネル内)
第1ステージ優勝
中野省吾騎手
(船橋)

1戦目はいろんなことにとらわれずにレースをしたかったので、事前に新聞などを見ずに楽しむことを考えて乗りました。馬もそれに応えてくれましたね。2戦目は馬にすごくはまれていたので他馬より圧倒的に脚が溜まっていたと思います。もちろん札幌に行きたいですし、気を緩めないように次に向かいます。
第1ステージ2位
真島大輔騎手
(大井)
1戦目は上手くいきませんでしたが、2戦目で良い結果が出て嬉しいです。道中我慢できるところは我慢してイメージ通りに進められました。4コーナーに向いた時は手応えが良かったので、これで負けたら仕方ないなと。このシリーズには何回も出場しているし次も気負わずに自然体で臨みたいと思います。
第1ステージ3位
永森大智騎手
(高知)
1戦目の3コーナーで人気の馬に来られた時、ポイント制ということも考えて無理をせずに控えました。それが2着に繋がりましたね。Bグループの馬だったし上場の滑り出しです。2戦目の馬は前走が1000メートルだったこともあり向正面まで折り合いに苦労しました。最後はその分が出てしまいました。