web Furlong 2018【浅野靖典の全国馬美味(ウマウマ)行脚】第81回 梅しらす丼

ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。
font
標準

連載

浅野靖典の全国馬美味(ウマウマ)行脚」地方競馬にまつわる「ウマいもの」を毎月ご紹介!
“鉄人”佐々木竹見の見解」佐々木竹見元騎手がダートグレード各競走を“鉄人”の目線で鋭く解説!
高橋華代子の(続)気になるあの馬は…」引退後や転厩した名馬の近況を愛あふれる文章でご紹介!
REWIND 90's」当時の写真や映像を交えて90年代の名勝負を振り返ります!

第81回 2018年6月8日(金) 梅しらす丼(大井競馬場)

大井競馬場
「Bowl dining WIN」 梅しらす丼(800円)

テイクアウト型のお店です
 大井競馬場にはたくさんの飲食店がありますが、パドックと本馬場をひたすら往復していると、寄る機会を失いがち。というわけで私が入ったことがある店は少ないのですが、この日はちょっと利用してみようと思う空腹具合。で、どこにしようかと考えたところ、雨が降っていたこともありまして、ゴール前にあるスタンド「L-WING」のなかにあるお店にしてみました。
 選んだのは3階の指定席エリア内にある「Bowl dining WIN」というお店。ここは指定席エリア内ですが、指定券を持っていなくても利用できるのです。
 わりと見た目にガッツリ系のメニューが並んでいるので、このお店はちゃんと食べたい気分のときに重宝しそう。そのなかから今回は「梅しらす丼」を選んで注文すると、カウンターのマスターの名札には「銀座ライオン」の文字が。
「このお店はライオンさんと同じなんですか?」と聞くと、そうですよとのこと。同じフロアにある「銀座ライオン」はビアバー的なメニュー。こちらは食事メインという住み分けなのかしら?
梅しらす丼
 というやりとりのあとは、しばし待機。数分後に登場した「梅しらす丼」を受け取ると、
「そちらにしょうゆなどがありますから、ご利用ください」とマスターに促され、透明なフタを取ってしょうゆをタラリ。でもここは指定席なので、用事が済んだら一般エリアに戻らなくてはなりません。ということで移動しようとすると、フタがなかなか閉まらない!
 これってコツがあるのかな。でも少しの距離なので、今回はフタをドンブリの上に乗っけた状態で移動。雨が降っていなければ3階のベランダで食べると気持ちがよさそうですが、今回は屋内でいただきましょう。
パドックを見ながらいただきます
 確保する場所はもちろん、パドックビューのエリア。
 でもここには食べ物を置けるテーブルがないので、バランスに注意しながら斜めテーブルと仕切りをまたぐ形でセットして写真を撮り、あとは手に持って出走馬の様子を見ながらいただきます!
 しょうゆはあまりたくさんかけなかったのですが、ひと口いただいたところで、それで正解だったという印象。しらすに適度な塩気が含まれているので、私の好みとしてはしょうゆがなくてもイケる感じでした。
 続いて添えられているおろしショウガを混ぜて食べてみると、おお、ショウガの刺激がけっこう来る!
 それを梅でリセットして、あとはうまい具合に調整しながら完食。ついでにパドック診断も完了!
 個人的にはちょうどいい量だったのも幸い。これで最終レースまで頑張れるという気分になりました!
浅野靖典(あさのやすのり)

競馬キャスター・ライターとして活動中。「クリック!地方競馬」キャスターを務めているほか、JRAブリーズアップセール、八戸、九州の各競走馬市場にて司会進行を担当。ライターとしては、
・競馬総合チャンネル(netkeiba.com)
・POGの達人
・JRAホームページ
・週刊プレイボーイ
・WEBハロン
などに寄稿している。

※ 本文で紹介している逸品については、取材時点のものです。 その後、値段改定やメニューが変わっている場合もございます。

バックナンバー

浅野靖典の
全国馬美味(ウマウマ)行脚