ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。
font
標準

連載

浅野靖典の全国馬美味(ウマウマ)行脚」地方競馬にまつわる「ウマいもの」を毎月ご紹介!
“鉄人”佐々木竹見の見解」佐々木竹見元騎手がダートグレード各競走を“鉄人”の目線で鋭く解説!
高橋華代子の(続)気になるあの馬は…」引退後や転厩した名馬の近況を愛あふれる文章でご紹介!
REWIND 90's」当時の写真や映像を交えて90年代の名勝負を振り返ります!

第117回 2018年4月20日 メイプルキュート

(提供:高橋華代子)

Profire
 ~もうすぐ100戦する船橋の馬が、まだ未勝利だよ~そんな珍しいことを耳にしたのは最近の話し。
 真っ先に高知にいたハルウララのことを思い出しました。「春うららの会」のホームページを見ると、22歳になったハルウララの近況などが綴られていますね。とても懐かしい。
 かつては南関東にも161戦未勝利のハクホークインがいたことは有名ですが、最近の南関東にもこういう馬がいたことに驚きました。南関東以外の競馬場に移籍したり、引退してしまう場合が多いので……。

 今回は特別にその馬のことを書かせて頂きます。2018年4月20日時点で99戦未勝利なのは、7歳牝馬のメイプルキュート(船橋・渋谷信博厩舎)。2013年6月に船橋競馬場からデビューし、コツコツコツコツと走り続けてきました。ここまで惜しくも未勝利ながら、2着6回3着4回と、初勝利までもう少し。この3月のレースでも2着に入っています。

 「オーナーさんはうちの父の代(渋谷信隆元調教師)からのお付き合いで、馬を大事に使ってくださる方です。メイプルキュートは途中脚が腫れたり成績が振るわなくて引退危機もあったのですが、一息入れるとその度に立ち直ってくれました。骨折などの大きな怪我もなく、380キロ台の小さな体ですが一生懸命に走ってくれています」(渋谷調教師)。

 メイプルキュートは芦毛なので、デビューした頃の写真を見ると毛色は淡いグレーでしたが、今ではすっかり白くなりました。瞳はビー玉のように黒々としていて、見つめていると吸い込まれそう。ルックス的にもとても愛らしく、『キュート』という名前がピッタリです。

 「小さい分スタミナがないので現状では1400m以下を中心に走らせていますが、クラスが上がっていないのでチャンスはあると思うんです。小さいのでもまれないようにしながら展開ひとつ。引退するまでに必ず勝たせたいとスタッフたちも頑張っています」。

 メイプルキュートのお母さんメイプルシュガーは、渋谷調教師が厩務員時代に担当していて調教にも乗っていたという思い出深い血統。遡るとハイセイコーの血も流れています。

 競走馬にはいろんな馬生がありますが、南関東デビューで99戦未勝利のメイプルキュートが今も元気に走り続けているのは、いい出会いと持って生まれた運もあるように思います。

 もうすぐ記念すべき100戦目、未勝利脱出はいつになるのか……。メイプルキュートから目が離せなくなってきました。

高橋華代子(たかはしかよこ)

元NHK山形放送局キャスター。現在は南関東競馬を中心に取材活動中。
<掲載媒体>
・南関魂
・TCKホームページ
・楽天競馬
・WEBハロン
・馬事通信
・netkeiba.com
・ターファイトクラブ会報誌
・SPAT4ザ・ウィナーズ
など

バックナンバー