ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。
font
標準

特集

3歳秋のチャンピオンシップ 2018

3YO AUTUMN CHAMPIONSHIP

 本シリーズは、各地の3歳主要重賞競走を戦った有力馬が11月に実施されるダービーグランプリへと集結し、地方競馬の秋の3歳王者の座を争うもので、以下のカテゴリーに応じてボーナス賞金(馬主)が設けられています。

 今年は新たに「園田オータムトロフィー」が対象競走に加わり、またカテゴリーDとしてJBC競走への出走もボーナス賞金の対象となりました。

 なお、昨年は複数のカテゴリーの競走とダービーグランプリに優勝した場合は、高い方のボーナス賞金が適用され優勝回数は考慮されませんでしたが、今年は1,000万円を上限に、条件を満たすごとに200万円加算されることとなり、ボーナス賞金の面でも充実化が図られております。

 充実の秋、成長の秋、飛躍の秋など競走馬にとって大きな意味合いを持つ「3歳秋」を舞台に繰り広げられる熱戦にご期待ください。

※下の“タブ”をクリックするとご覧になりたいレースの記事に切り替わります。

10.21(日)
不来方賞

西日本ダービー

10.23(火) 金沢競馬場 2,000m コーナスフロリダ

3コーナー先頭から圧巻の大差勝ち ダービーグランプリで3歳頂点狙う

 西日本地区の各競馬場生え抜き馬が集う西日本ダービーも今年で3回目を迎えた。持ち回り開催で、今年は金沢競馬場での実施。6県すべてから出走馬が揃ったことに加え、地元・金沢のロンプフェイスには地方競馬通算最多勝利記録を更新中の的場文男騎手が騎乗した。「金沢へ乗りに来たのは久しぶりじゃないかなぁ(2003年7月1日のオールジャパンリーディングジョッキー以来15年ぶり)。以前は騎手交流レースがあって、兄(信弘元騎手・調教師)と一緒に乗ったこともあるんですよ」と懐かしんだ。事前にエキストラ騎乗を行っていたため、馬場の印象を聞くと、「逃げ馬と内が有利だね」とのこと。ここ最近の金沢のレースがそうであるように、やはり勝つためには前に行ってインコースを通ることが理想的なようだ。
 パドックでは的場騎手への声援も飛ぶ中、単勝1番人気はコーナスフロリダ(兵庫)で1.6倍。馬体重マイナス18キロでの登場となったが、兵庫ダービー馬へのファンの期待は揺るがなかった。2番人気は5.1倍で地元金沢限定の西日本ダービートライアル・石川門カップを勝ったエムザックヒーロー、3番人気が重賞2勝馬ウォーターループ(愛知)で7.4倍だった。
 向正面からのスタートでハナを奪ったのはシオジスター(金沢)。ウォーターループは2番手外、コーナスフロリダは先行集団を見ながら5番手のインを進むと、以下の隊列は見事な縦一列。そこからレースが動いたのは2周目向正面半ばだった。コーナスフロリダが外から進出すると、3コーナー過ぎではあっという間に先頭に躍り出て大差をつけての圧勝。2着にはウォーターループ、3馬身差の3着は後方から脚を伸ばしたマイメン(佐賀)だった。
 ウォーターループの友森翔太郎騎手は「じわーっとペースを上げるタイプの馬なので、早めに動き出そうとしたところ、それ以上に早く来られました。2着は死守したい、という思いでした。さすが、馬も強いですね」。マイメンの山口勲騎手も「勝った馬が強いですよ」と称えつつ、「2000メートルはこの馬には長いので後ろからの競馬になりましたが、予想以上にがんばってくれました」と全力を出し切ったようだ。
 勝ったコーナスフロリダはこれで、園田ジュニアカップ、兵庫ダービーに続いて3つめのタイトル獲得。田中範雄調教師は勝因について、調教での工夫と岡部誠騎手の好騎乗を挙げた。「追い切りでは、うちのスタッフがゴールを過ぎたあとに2コーナーでもう1度仕掛けて動かしました。それで軽さが出たのを岡部騎手も感じてくれたのでしょう。レース前に『少し前に行く競馬をしたい』と言われ、任せました。レースでは3~4コーナーだけ外を回りましたが、それ以外は内を通ってきましたよね。彼の技術や発想はすごいですね」。
 これまで中団で競馬をすることもあったコーナスフロリダが、先行馬とインが有利な金沢の馬場を攻略した。「次はダービーグランプリを目標にして、年内は3歳戦に専念するつもりです」と田中調教師。地元・兵庫、西日本とダービーを制覇し、いよいよ地方全国交流へ挑む。
取材・文:大恵陽子
写真:桂伸也(いちかんぽ)

コメント

岡部誠騎手

返し馬で素軽さを感じました。枠も良かったですし、少し強引に出しても折り合える馬なので、理想的なポジションを取れました。向正面半ばから動いて3コーナー先頭っていう極端なレースになりましたが、思っていた通りのレースができました。馬の力があってこそですし、予想以上に強かったですね。

田中範雄調教師

マイナス18キロでしたが、見た目は全く問題ないと思っていました。前日輸送で、地元にいる時のように元気がありました。内を通る思い切ったレースをしたことが他馬を早く動かして、大差勝ちにつながったのだと思います。「早くゴール来い」って思いながら見ていました(笑)。