ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。
font
標準

特集

ダービーシリーズ 2018

DERBY SERIES 2018

 各地のダービー競走をシリーズ化したダービーシリーズが本年も昨年同様8競走で5月27日(日)の九州ダービー栄城賞から6月20日(水)北海優駿(ダービー)まで行われます。
 昨年は、ジャパンダートダービーを制したヒガシウィルウィン他、JRAの重賞でも活躍したスーパーマックス、西日本ダービーを制したフリビオンなど、多数の活躍馬を輩出しました。
 3歳ダートクラシック路線の頂点であるジャパンダートダービー(JpnⅠ)(7/11大井)に向けて、全国の3歳馬たちが鎬を削る「ダービーシリーズ2018」にご期待ください。

※下の“タブ”をクリックするとご覧になりたいレースの記事に切り替わります。

6.6(水)
東京ダービー
第19回 兵庫ダービー
6.7(木) 園田競馬場 1,870mコーナスフロリダ
6.10(日)
岩手ダービー
ダイヤモンドカップ

指示通りの4コーナー先頭がズバリ
2歳王者復活で昨年の無念を晴らす

 ダービーシリーズ2018は、全8戦のうちすでに前半の4戦が終わり、兵庫ダービーから後半戦に突入。ここまで4戦では1番人気馬が総崩れ。そのうちの3頭は単勝1倍台の断然人気だった。兵庫ダービーは単勝オッズ一桁台が6頭と大混戦で、波乱のムードも漂っていた。しかしその混戦を断ったのは、レース前から各馬の力関係を的確に見抜き、策を講じた名伯楽の眼力だった。
 人気上位6頭は上から順に、兵庫チャンピオンシップJpnⅡ・6着で地方馬最先着のクリノヒビキ(2.6倍)、菊水賞を制したアゼツライト(3.7倍)、兵庫の最優秀2歳馬コーナスフロリダ(4.7倍)、名古屋の若草賞を勝って目下グランダム・ジャパン3歳シーズンでポイント1位のレコパンハロウィー(8.5倍)、昨年の勝ち馬ブレイヴコールの全妹でのじぎく賞を制したトゥリパ(9.2倍)、菊水賞2着のフセノラン(9.4倍)だった。なお当初、ラザレフに騎乗予定だった金沢の吉原寛人騎手は疾病のため、廣瀬航騎手に乗り替わった。
 レースは内アゼツライト、中ラザレフ、外ラピッドハーバーが激しくハナを争う。アゼツライトが控えても、2頭は譲らない。1周目直線では、早くも2頭が3番手以降を大きく離す縦長の展開。離れた5番手に1番人気クリノヒビキ。その外をぴたりと追走が3番人気コーナスフロリダだった。
 向正面で進出したクリノヒビキだが、呼応して動いたコーナスフロリダもぴたりとマーク。3コーナー手前で失速した大逃げ2頭に代わり、前の争いは4番手から伸びた内テクノマインド、中クリノヒビキ、外コーナスフロリダに絞られた。
 4コーナーでコーナスフロリダがついにクリノヒビキとテクノマインドを振り切ると、2歳時の園田ジュニアカップ以来2度目となる重賞制覇を果たした。
 レース前、コーナスフロリダには初騎乗となる名古屋の岡部誠騎手に田中範雄調教師が伝えたのは、「クリノヒビキをマークして、2コーナーを過ぎたら、どこから仕掛けてくれてもいいので、4コーナーで先頭に立つイチかバチかの競馬をして欲しい。並んだらクリノヒビキには負けるので」というものだった。これまで兵庫ダービー3勝の名伯楽は、しっかりと相手の力を把握。敵はクリノヒビキただ1頭と見極め、これ以上ない絶妙の指示で、名古屋の名手も満点の騎乗で期待に応えた。
 昨年の兵庫ダービーでは、田中範雄調教師は大本命のマジックカーペット(馬主はコーナスフロリダと同じ(株)グリーンファーム)で挑むはずが、追い切りで骨折。回避という苦い経験があった。今年のコーナスフロリダも1番人気となった一冠目の菊水賞で故障かと思うほどのレース中のアクシデントに見舞われてからの立て直しだった。「急仕上げだったが」と田中調教師は振り返ったが、2歳王者を見事に復活させ、昨年の無念も晴らした。
 コーナスフロリダの父エスポワールシチーは現3歳世代が初年度産駒。同産駒では前日の東京ダービーで1番人気ヤマノファイトが敗れ(7着)、東西ダービー制覇は叶わなかったが、初年度からダービー馬を輩出した。
 今後は、選出されている高知優駿(6月17日)には出走せず、放牧に出され、北海道で夏を過ごすことになりそう。秋は、西日本ダービー(10月23日・金沢)を目標に調整される。
取材・文:松浦渉
写真:桂伸也(いちかんぽ)

コメント

岡部誠騎手

騎乗を依頼されて、ビデオを見ました。最近は結果が出てなかったですが、強い馬でチャンスと思っていました。前は速かったけど、(田中)学さんの馬と一緒に上がるつもりでしたので気になりませんでした。道中もいい手応えでしたから、4コーナーで抜け出せば、大丈夫と思っていました。

田中範雄調教師

菊水賞からの立て直しがギリギリだったので、馬主さんには、ここをたたいて高知優駿ということで了解をもらっていました。だからイチかバチかの4コーナー先頭の指示を出しました。昨年(のマジックカーペット)が骨折で出られなかったので、今年の勝利は本当にうれしいですね。