ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。
font
標準

特集

ダービーシリーズ 2018

DERBY SERIES 2018

 各地のダービー競走をシリーズ化したダービーシリーズが本年も昨年同様8競走で5月27日(日)の九州ダービー栄城賞から6月20日(水)北海優駿(ダービー)まで行われます。
 昨年は、ジャパンダートダービーを制したヒガシウィルウィン他、JRAの重賞でも活躍したスーパーマックス、西日本ダービーを制したフリビオンなど、多数の活躍馬を輩出しました。
 3歳ダートクラシック路線の頂点であるジャパンダートダービー(JpnⅠ)(7/11大井)に向けて、全国の3歳馬たちが鎬を削る「ダービーシリーズ2018」にご期待ください。

※下の“タブ”をクリックするとご覧になりたいレースの記事に切り替わります。

6.10(日)
岩手ダービー
ダイヤモンドカップ
第46回 高知優駿
6.17(日) 高知競馬場 1,900mスーパージェット
6.20(水)
北海優駿(ダービー)

テン乗りのベテランが勝利に導く 佐賀に続き高知でもダービー制覇

 昨年から地方全国交流競走になり、そして1着賞金が500万円に増額された高知優駿。その昨年は地元所属馬がワンツー。4頭いた他地区からの遠征馬は、東海地区の2頭が3着と4着、佐賀からの2頭はいずれも競走中止という結果だった。
 それでも今年も大井と金沢から各1頭、佐賀から2頭が参戦。金沢のノブイチは石川ダービーでは3着でも圧倒的な1番人気に支持されていた馬で、佐賀の2頭は九州ダービー栄城賞で1、3着。大井のコスモバレットは東京ダービーには出走できなかったが、そのトライアル戦で3着という実績があった。
 対する地元勢は、黒潮皐月賞を制したヴァリヤンツリが大将格で、単勝オッズも2.9倍で1番人気。コスモバレットが3.1倍、ノブイチが4.0倍と支持を集め、佐賀勢では九州ダービー3着のベルセルクが8.5倍。九州ダービー馬のスーパージェットは12.1倍で、それ以降は20倍台が3頭、100倍以上が4頭となっていた。
 この日の昼の気温は27度ほど。馬場状態の発表は重でも、表面の砂は白く乾いて、馬群が通り過ぎると砂煙が高く舞い上がっていた。そのなかで先手を取ったのは、逃げ先行で結果を残していた地元のスターアイリス。2番手グループはコスモバレット、ヴァリヤンツリなどの4頭がほとんど一団で、ノブイチ、スーパージェットは先行集団の直後を追走していった。
 2周目の向正面に入ったあたりからペースが上がり、3コーナーではノブイチを加えた6頭がほぼ一団になっての追い比べ。しかし今年の高知優駿を制したのは、そのうしろから差を詰めてきたスーパージェットだった。
 先頭集団の外を回って伸びてくるその脚いろは、遠くから見ても勢いが明らか。直線入口で先頭に立ったコスモバレットがしぶとく粘り込みを狙ったが、ゴール地点ではスーパージェットがクビ差だけ先着していた。
 勝利を挙げた山口勲騎手は、高知での騎乗が全日本新人王争覇戦以来とのことで「馬場はもちろん、調整ルームの記憶もまったくなかった」そうだが、それでもダービーの前にひとつ騎乗した経験をすぐにいかしたのだから恐れ入る。
 対照的に残念そうな顔をしていたのが2着に敗れた真島大輔騎手。「馬の雰囲気は良かったですし、2番手からの競馬も理想通り。展開も向いたとは思うんですが……」と振り返った。
 3着には最低人気だったサンダベンポートが食い込んで、三連単は100万円を超える配当に。ヴァリヤンツリは4コーナー手前で3番手に上がったが、最後は伸びを欠いての4着だった。「こういう馬場はあまり合わないんですよね。現状の力は出していると思いますが」と、西川敏弘騎手。金沢のノブイチは5着で、岡部誠騎手は苦笑いをしながら引き揚げていった。
 九日俊光調教師は昨年も九州ダービー馬のスーパーマックスを出走させたが、他馬の落馬に巻き込まれて競走中止に終わっていた。「でも、このレースに対して悪い印象は持っていなかったですよ」と話したが、レースからしばらくたっても“信じられない”という表情をしていた。しかし表彰式で「佐賀所属馬が高知で重賞を制したのは初めて」と聞かされると、うれしさがあふれる顔に変わった。
取材・文:浅野靖典
写真:桂伸也(いちかんぽ)

コメント

山口勲騎手

調教を含めて、騎乗したのは今日が初めて。気性面が心配と聞かされていましたが、スタートはまずまずで道中も無理せずに進められました。3コーナーでは手応えがとてもよくて、そこで前の馬は交わせると思いましたね。佐賀の馬は遠征でなかなか結果を出せませんでしたから、うれしい勝利になりました。

九日俊光調教師

長距離輸送にも対応してくれましたし、この馬にとって高知の馬場が合っていたのだと思います。ダービーを2勝するなんてなかなかないことですが、この勝利は本当に騎手のおかげだと思います。このあとはオーナーとの相談次第になりますが、ジャパンダートダービーに向かうことになるかもしれません。