ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。
font
標準

特集

スーパースプリントシリーズ 2018

SUPER SPRINT SERIES 2018

 今年で8年目を迎える、競走距離1000メートル以下のレースのみで構成されるシリーズ競走、『スーパースプリントシリーズ(略称:SSS)』。トライアル5戦、ファイナルの習志野きらっとスプリントという構図は変わりませんが、今年は金沢の日本海スプリントがトライアルの対象レースとなっております。
 SSSは、超短距離戦で能力を発揮する異才の発掘と、各地方競馬場で実施可能な最短距離を極力活かすためワンターン(コーナー通過が3〜4コーナーのみ)のスプリント戦によるシリーズとして2011年に創設されたもので、各地区の超スピードホースが、トライアル、そしてファイナルで極限の速さを競い、初夏の地方競馬を大いに盛り上げます。

 創設からラブミーチャンが三連覇ののち、8歳のナイキマドリードや3歳のルックスザットキルがファイナルを制しているこのシリーズ。昨年は4歳のスアデラがファイナルを制しました。今年は古豪が意地をみせるのか、それとも新星が誕生するのか。

 激戦必至の究極のスプリント戦をぜひお見逃しなく!

※下の“タブ”をクリックするとご覧になりたいレースの記事に切り替わります。

6.3(日)
早池峰スーパー
スプリント
川崎スパーキングスプリント
6/12(火)川崎競馬場 900mラディヴィナ
6.21(木)
園田FCスプリント

出遅れも実績馬を差し切る 川崎900mの舞台で素質開花

 川崎スパーキングスプリントには、今年も南関東のスピード自慢が勢ぞろいし、川崎競馬場900メートルで熱戦を展開した。出走した12頭が1秒2差という中での決着。そんな超短距離戦を制したのは、瀧川寿希也騎手がエスコートをした2番人気ラディヴィナ(川崎・高月賢一厩舎)だった。
 遡ると、高月厩舎が重賞初制覇を飾った記念すべき馬が、現在種牡馬となっているスパロービート。船橋記念をはじめ勝ち鞍すべてが1000メートル以下。ラディヴィナは、そんなスパロービートと同じ日下部勝徳オーナーの所有馬で、父も同じサウスヴィグラス。「競馬スタイルは違いますが、またこういう馬が出てきてくれたのはうれしいです。スパローのようにこれから重賞を勝たせたいですね」と高月調教師もニッコリ。
 ラディヴィナは3歳1月デビュー。1400/1500メートル戦を中心に使い、2100メートルのロジータ記念に挑戦したこともあった(14着)。しかし、昨年10月から川崎900メートルを中心に使われるようになると、持ち前のスピード能力が一気に開花した。
 「最近は900メートル戦志向になっています」と瀧川騎手は言っていて、ここ数戦はスタートが抜群に速い。しかし、この日は他馬がゲートを蹴り上げる音を嫌がって、スタートがワンテンポ遅れたそうだ。「以前に繁田さん(繁田健一騎手)が乗ったレースで出遅れて勝った時もあったので、その際の対応は考えていたのですが、その通りになりました。出遅れたらハナ(に行っている馬)の後ろに入れようと、外を回してガンガン行かないようにしました」(瀧川騎手)。
 レースはジュンヒラメキが一気に先頭に立つと、3連覇をかけて挑んだフラットライナーズが2番手につけ、ラスパジャサーダスがすかさず3番手。その後ろの内をラディヴィナは追走していった。
 最後の直線ではフラットライナーズが貫禄たっぷりに先頭に立つと、前が開いたラディヴィナが一気に内から抜き去った。「内が開くかどうかはわからなかったんですが、開いてくれました。勝つ時って開くんですよねぇ。この川崎開催は差しも決まっていたので、追い込んでくる馬たちは気になりましたが必死に追いました」(瀧川騎手)。
 追い込み勢もドッとなだれ込んで横一線になったゴール前。ラディヴィナは2着のフラットライナーズに半馬身差をつけたが、それ以降6着までの差がハナ、アタマ、ハナ、クビという大接戦。勝ちタイムは54秒1(重)だった。
 今回ラディヴィナの斤量は51キロで、2着のフラットライナーズが57キロだったことから、その差は6キロ。このレースに限っては斤量差も大きく左右しただろうが、短距離の重賞級の馬たちと初対戦の中で、想定外の競馬になってもしっかり結果を残せたのは立派だ。
 ラディヴィナは5歳牝馬。まだこれから強くなっていくと陣営もその可能性に期待をかけている。南関東に超短距離界のニューヒロイン誕生となるのか、これから非常に楽しみだ。
取材・文:高橋華代子
写真:岡田友貴(いちかんぽ)

コメント

瀧川寿希也騎手

必ず脚は使ってくれるし爆発力のある馬です。僕がこれまで乗ってきた短距離馬の中では一番だと思っています。本番に向けては、逃げても差しても競馬ができるので、自分がしっかり乗って、全能力を出してあげたいです。重賞馬を負かしているし、そういう力はあると思うので、本番も一発狙って乗ります!

高月賢一調教師

ハナに行って欲しいという指示は出したんですが出遅れてしまったので緊張しました(苦笑)。斤量が51キロだったのでそれもかなり違うでしょうが、よく追い込んで勝ってくれたと思います。これで胸を張って、次の習志野きらっとスプリントに向かいます。まだ成長してくれているし、楽しみな馬です。