1. Presented by National Association of Racing
  2. 地方競馬のオンライン情報誌ウェブハロン
  3. ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。

レーススケジュール・概要を開く

3歳秋のチャンピオンシップ2019

本シリーズは、各地の3歳主要重賞競走を戦った有力馬が10月に実施されるダービーグランプリへと集結し、地方競馬の3歳王者の座を競うもので、以下のカテゴリーに応じてボーナス賞金(馬主)が設けられています。また、本年から3歳馬の秋後半の古馬との対戦をより促すため、シリーズ全体の実施時期を前倒ししております。

今年から本シリーズに加わる8月1日の王冠賞を皮切りに3歳王者を目指す戦いがスタートします。

充実の秋、成長の秋、飛躍の秋など競走馬にとって大きな意味合いを持つ「3歳秋」を舞台に繰り広げられる熱戦にどうぞご期待ください。

NARサイト 特設サイトはこちら

レース名 実施日 競馬場 距離
王冠賞 8月1日(木) 門別 1,800m
黒潮盃 8月14日(水) 大井 1,800m
岐阜金賞 8月29日(木) 笠松 1,900m
黒潮菊花賞 9月1日(日) 高知 1,900m
ロータスクラウン賞 9月1日(日) 佐賀 2,000m
秋の鞍 9月3日(火) 名古屋 1,800m
戸塚記念 9月4日(水) 川崎 2,100m
園田オータムトロフィー 9月5日(木) 園田 1,700m
サラブレッド大賞典 9月8日(日) 金沢 2,000m
不来方賞 9月16日(祝月) 盛岡 2,000m
西日本ダービー 9月16日(祝月) 高知 1,900m
■ダービーグランプリ 10月6日(日) 盛岡 2,000m
  • 第53回
  • 黒潮盃

8.14 (水) 大井 1,800m

北海道三冠から中1週での遠征
 人気馬を振り切り重賞初勝利

2007年に笠松のマルヨフェニックスが、11年に兵庫のオオエライジンが勝利しているように、他地区勢の活躍が印象深いこのレースだが、今年の遠征馬はホッカイドウのリンノレジェンドただ1頭。そのリンノレジェンドにしても、冬季に大井所属として2戦を消化しており、目新しさに欠けるメンバーとなったのは否めなかった。しかし、結果的にそのリンノレジェンドと、期間限定騎乗中だった愛知の岡部誠騎手による“他地区連合”が、南関東勢を一蹴して重賞初制覇。地方全国交流戦の奥深さをかいま見ることができる一戦となった。

道中は、クラウンカップを制したホールドユアハンドが先導。平均ペースの流れを、リンノレジェンドは3、4番手で追走する。向正面では若干力み気味だったが、4コーナーで先頭に並びかけると最後までしっかり脚を伸ばし、2着のグリードパルフェに2馬身半差をつけてゴールを駆け抜けた。

地元門別の北斗盃では5着に敗れたものの、北海優駿で2着、王冠賞で3着と、ホッカイドウ競馬の三冠ロードで安定した成績を残してきたリンノレジェンド。かつて過ごした大井コースということもあり2番人気に推されていたが、中1週で暑い時期の長距離輸送だけに、本来のパフォーマンスを発揮できるかとの不安もあったはずだ。しかし、それをものともせずに勝ち切ったあたり、精神面の強さは相当なもの。軽い馬場ではあったが、半年の間に大井1800メートルの時計を4秒2も詰めた成長ぶりも見逃せない。

一方で、悔しさをにじませたのは1番人気に支持されたグリードパルフェの笹川翼騎手。6、7番手から馬なりのまま位置取りを上げ、4コーナーを抜群の手ごたえで回ると、あとはリンノレジェンドを捉えるだけという完璧なエスコートを見せたが、勝ち馬の粘りは予想以上だった。「手ごたえはずっと良かったし、正直なところ『これで負けるのか』と思いましたね」と笹川騎手。そう話す表情からも悔しさは十分に推察できたが、それでも笑顔でリンノレジェンドの林和弘調教師に握手を求めに行った姿が印象的だった。

今回の黒潮盃は、3歳秋のチャンピオンシップにおける唯一のカテゴリーA。リンノレジェンドはダービーグランプリも勝利すれば、1000万円のボーナス賞金を手にすることができる。しかし、今後について林調教師は「大井へ再移籍するプランもあるし、ダービーグランプリへの出走も含めて未定。まずは北海道に連れて帰ってから話し合いたい」とし、林調教師の父で、元調教師でもある正夫オーナーとの相談次第とした。

もちろん馬の状態が最優先ではあるが、地方全国交流戦のおもしろさを再確認させてくれたリンノレジェンドには、その象徴であるダービーグランプリにぜひとも出走してもらいたいもの。持ち前の息の長い末脚とタフな精神力は、盛岡2000メートルに打ってつけだろう。“オータムチャンピオン”の称号も、けっして夢ではない。

  • 取材・文
  • 大貫師男
  • 写真
  • 早川範雄(いちかんぽ)

Comment

岡部誠 騎手

初騎乗でしたが、レース前に過去の映像を見てイメージをふくらませていました。少し促していったぶん、道中でハミをかんでイライラしていましたが、それがむしろいい方向に向いた感じもあります。最後まで止まらない馬というイメージもあったので、なんとか踏ん張ってくれと思いました。

林和弘 調教師

いい流れになってくれたし、追ってからもうひと伸びしてくれたので、ゴール手前100メートルくらいでは大丈夫かなと思いました。切れ味勝負は得意ではありませんが、長く脚を使うことができるのがセールスポイントなので、南関東の競馬が合うのではないかなと思っていました。