1. Presented by National Association of Racing
  2. 地方競馬のオンライン情報誌ウェブハロン
  3. ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。

レーススケジュール・概要を開く

ダービーシリーズ2019

各地のダービー競走をシリーズ化したダービーシリーズが本年も昨年同様8競走で5月26日(日)の九州ダービー栄城賞から6月19日(水)北海優駿(ダービー)まで行われます。

昨年は、西日本ダービーを大差で制したコーナスフロリダ他、ダービーシリーズで2勝を挙げたスーパージェット、3歳秋のチャンピオンシップで活躍したチャイヤプーンなど、多数の活躍馬を輩出しました。

3歳ダートクラシック路線の頂点であるジャパンダートダービー(JpnⅠ)(7/10大井)に向けて、全国の3歳馬たちが鎬を削る「ダービーシリーズ2019」にご期待ください。

NARサイト 特設サイトはこちら

レース名 実施日 競馬場 距離 地区
九州ダービー栄城賞 5.26(日) 佐賀 2,000m 九州
石川ダービー 6.4(火) 金沢 2,000m 石川
東京ダービー 6.5(水) 大井 2,000m 南関東
兵庫ダービー 6.6(木) 園田 1,870m 兵庫
東北優駿(岩手ダービー) 6.9(日) 水沢 2,000m 岩手
東海ダービー 6.11(火) 名古屋 1,900m 東海
高知優駿 6.16(日) 高知 1,900m 全国
北海優駿(ダービー) 6.19(水) 門別 2,000m 全国
  • 第20回
  • 兵庫ダービー

6.6 (木) 園田 1,870m

兵庫CS挑戦の経験生かし快勝
 騎手・調教師もダービー初制覇

兵庫三冠の二冠目・兵庫チャンピオンシップJpnⅡに出走するか否かが兵庫ダービーでの勝敗を分けたかもしれない。

兵庫三冠は菊水賞、兵庫チャンピオンシップJpnⅡ、兵庫ダービー。真ん中にダートグレードレースが入り、今年は一冠目と二冠目の間隔が中2週だった。「間隔が詰まるので」と兵庫チャンピオンシップJpnⅡを見送ったのは菊水賞馬ジンギ。5戦4勝、うち重賞2勝と断然の実績を誇り、管理する橋本忠明調教師は過去3度のダービー挑戦でいずれも2着とダービーへ並々ならぬ思いを持っていた。

一方、兵庫チャンピオンシップJpnⅡに参戦したバンローズキングスは、インコースを上手く立ち回って3着。菊水賞6着からの巻き返しに向けて陣営の士気は一気に高まった。

汗ばむ陽気の中、好スタートからハナを切ったのはアヴニールレーヴ。その外から2歳重賞2勝のテンマダイウェーヴが2番手につけた。レースが数十メートル進んだところで、やや立ち遅れていた2番人気のエナキョウが「行き脚がついていたので」(吉原寛人騎手)と一気に3番手まで押し上げてきた。その後ろのインコースに3番人気のバンローズキングス、1列後ろの外にジンギと続いた。

淡々とした流れでレースは進んだが、向正面でテンマダイウェーヴが先頭に立つと、3コーナーでバンローズキングスが迫っていった。その後ろのジンギはじわじわとしか伸びず、エナキョウは「1周回ったところで馬の集中力が切れてしまって」と、少しずつ後退していった。

直線に入ってバンローズキングスが先頭に立つと3馬身半差で優勝。昨年の地方競馬全国リーディングながら兵庫ダービーは念願の初制覇となった吉村智洋騎手の左手が大きく上がった。2着にはテンマダイウェーヴが粘り、1馬身差の3着は最後方グループからインコースを通って追い上げたオオエフォーチュン。

テンマダイウェーヴの杉浦健太騎手は「大外枠で思い切って乗らないと、と思っていました。正攻法で自分から動いてしっかり走ってくれました」。オオエフォーチュンの山田雄大騎手は今回がダービー初騎乗。「向正面で迷いましたが、インコースを通って正解でした。でも、ここまできたら2着がほしかったですね」と複雑な表情だった。

1番人気ジンギは4着。橋本調教師は「勝負どころでの行きっぷりが……」と首を傾げ、田中学騎手は「間隔も開いていたからかな?1~2コーナーから反応がなくて……」と語った。

勝ったバンローズキングスは門別でデビューし、昨秋に兵庫へ移籍してきた。園田ユースカップ7着、菊水賞6着だったのが前走兵庫チャンピオンシップJpnⅡで3着に大健闘。好走の影にはチークピーシズの効果があった。「転入当初から気を抜く面があって気にしていたんですが、結果が出ていたので変わったことをせずにいようと、そのままいっていたんです。でも、菊水賞で負けた時に吉村騎手が『1度思い切ったことをやりましょうか』ということで着けると、いきなり兵庫チャンピオンシップで3着。かなり効果がありました」と管理する松平幸秀調教師。兵庫チャンピオンシップJpnⅡへの出走が兵庫ダービーに生きた。厩舎の重賞初制覇が兵庫ダービーになっただけでなく、松平調教師にとっては騎手時代も含めて兵庫ダービー初制覇。2009年、キヨミラクルに跨り半馬身差で2着に敗れた雪辱を調教師となって果たした。吉村騎手も3年前の兵庫ダービー、エイシンニシパでクビ差2着に負けた時は顔面蒼白だったが、念願の戴冠。新たなダービー馬、そしてダービージョッキー・トレーナーが誕生した。

  • 取材・文
  • 大恵陽子
  • 写真
  • 桂伸也(いちかんぽ)

Comment

吉村智洋 騎手

6番枠でしたがインを取りたいと思っていました。勝負どころで後ろの人気馬が多少気になりましたが、長くいい脚を使う馬なので前が動いたのについていきました。以前は道中でフワッとする面がありましたが、チークピーシズを着けて走りがガラッと変わりました。勝てて「よっしゃぁ!」という気持ちです。

松平幸秀 調教師

ホンマなんかなぁ?とまだ実感が沸きません。前走後は少し疲れがあり立て直すのに時間がかかりましたが、朝が涼しくなった分、ここ10日ほどで一気に体調が戻り前走時の状態に持ってこられました。当初はこの後、金沢のMRO金賞を予定していましたが、今日勝つことができたのでオーナーと改めて相談します。