1. Presented by National Association of Racing
  2. 地方競馬のオンライン情報誌ウェブハロン
  3. ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。
  • 第25回
  • 東海クイーンカップ

4.16 (火) 名古屋 1,800m

単勝元返しにこたえて楽勝
 GDJのポイント単独首位へ

グランダム・ジャパン(GDJ)3歳シーズン第4戦・東海クイーンカップが快晴の名古屋競馬場で行われた。地元名古屋の9戦無敗馬エムエスクイーンが直前で回避したことで、注目は、シリーズ第2戦・若草賞の1、2着馬、ゴールドリング(愛知)とリリコ(兵庫)の再戦。この2頭は2戦続けて対戦しており、2月のスプリングカップでは0秒8差、若草賞では1秒5差でゴールドリングが先着している。当然、人気はこちらに集まるわけだが、単勝は、最終的には1.0倍。支持率は73.4%と圧倒的な期待を集めた。2番人気のリリコは単勝5.4倍となり、この2頭の馬連複は1.1倍となった。そして陣営も、お互い相手は1頭のみと意識していたようで、それはレース展開でも見てとれた。

抜群のスタートを切ったゴールドリングは、そのまま先手を取ってレースを進めた。一方、若草賞では後方からマクっていったリリコだったが、今回は3番手のインでライバルをマーク。その時、ゴールドリングの友森翔太郎騎手は「ビジョンを見て真うしろにいることを確認しました」とのこと。2周目の向正面に入りリリコが2番手に上がると、後続はついていけず、やはり勝負はこの2頭に絞られた。

しかし、ここからのゴールドリングが圧巻だった。差を詰めようと懸命に追いかけるリリコを尻目に、「3コーナーではマクられないように、少しスピードをあげました」(友森騎手)とうしろを確認しつつも持ったままの手ごたえ。直線では6馬身突き放し、最後は余裕でゴールを駆け抜けた。2着のリリコから2秒8の大差3着に、10番人気のオイコイケが入ったが、この着差からもここではゴールドリングの力が抜けていたといえるだろう。また、友森騎手と塚田隆男調教師はこのレース3連覇を達成した。

レースから戻ってきたリリコの岡部誠騎手は開口一番、「相手が悪かったとしかいいようがない」と苦笑い。続けて「今日はゴールドリングのうしろの位置を取りたいと思っていました。折り合いもついていたし、動ける感触は掴んだので今後に繋がるといいですね」と振り返った。シリーズ第7戦ののじぎく賞はホーム園田競馬場での戦い。この経験を活かし地元で意地を見せたいところだ。

若草賞に続き重賞2連勝と充実一途のゴールドリング。北海道からの移籍後、すべてコンビを組んでいる友森騎手は「一戦ごとに強くなっています」と強調した。「以前はけっこう引っかかるところがあったんですが、今は折り合いがつくようになりました。今日も少し離して逃げていたので、かかったように見えたかもしれませんが、馬自体は力んで走っておらず自分のペースでいけました」と折り合い面の成長を語った。

ゴールドリングは、この勝利でGDJのポイントを10ポイント獲得し、合計20ポイントと単独トップに立った。そして、気になるのは今後のローテーションだ。塚田調教師によると「次走は、のじぎく賞を視野に入れていますが、その後、東海ダービーに行くか、グランダム・ジャパンで優勝するために関東オークスに行くか迷っているところです」とのこと。現状ではどちらも有力馬の1頭であることは間違いないだけに、その動向は他陣営も気になるところだろう。この後、ゴールドリングがどのような路線を進むのか大注目だ。

  • 取材・文
  • 秋田奈津子
  • 写真
  • 築田純(いちかんぽ)

Comment

友森翔太郎 騎手

他に速い馬も見当たらなかったし、スタートセンスは良い馬ですからハナに行くつもりでした。直線ではうしろからの脚音も聞こえなかったので安心しましたね。今だったらエムエスクイーンとも良い勝負になるんじゃないかと思います。とてもおとなしい馬なので、今後遠征をしても大丈夫だと思います。

塚田隆男 調教師

相手はリリコだけだと思っていました。前につけてくるのは読んでいましたので、あとはどこかでマクってくるのかなと。でもこちらの力が少し上でしたね。距離だけが心配でしたがクリアしてくれました。このスピードは天性のもの。3連覇というのは全然気にしていませんでしたが相性が良いレースですね。

グランダム・ジャパン2019

地方競馬では、牝馬競走の振興と牝馬の入厩促進を図るため、今年で10年目となる 世代別牝馬重賞シリーズ 「GRANDAME-JAPAN2019(グランダム・ジャパン2019)」を実施します。

全国各地で行われる牝馬重賞を世代別に体系づけ、競走成績によりポイントを付与。2歳、3歳、古馬の世代別ポイント獲得上位馬に対し、協賛各団体から日本軽種馬協会を通じボーナス賞金が授与されます。地方競馬の優れた牝馬の活躍の舞台を広げるとともに、交流を促進して魅力ある牝馬競走の実施を目指します。

NARサイト 特設サイトはこちら

3歳シーズン レーススケジュール

レース名 実施日 競馬場 距離 地区
桜花賞 3.27(水) 浦和 1,600m 南関東
若草賞 3.28(木) 名古屋 1,400m 北陸・東海・近畿
ル・プランタン賞 4.7(日) 佐賀 1,800m 九州
東海クイーンカップ 4.16(火) 名古屋 1,800m 北陸・東海・近畿
東京プリンセス賞 4.23(火) 大井 1,800m 南関東
留守杯日高賞 4.29(祝月) 水沢 1,600m 東北
のじぎく賞 5.16(木) 園田 1,700m 北陸・東海・近畿
関東オークス JpnⅡ 6.12(水) 川崎 2,100m 南関東