1. Presented by National Association of Racing
  2. 地方競馬のオンライン情報誌ウェブハロン
  3. ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。

レーススケジュール・概要を開く

スーパースプリントシリーズ
2019

競走距離1000メートル以下のレースのみで構成されるシリーズ競走。トライアル6戦およびファイナルの計7戦で実施され、超短距離戦で能力を発揮する異才の発掘と、各地方競馬場で実施可能な最短距離を極力活かすためのワンターン(コーナー通過が3~4コーナーのみ)のスプリント戦によるシリーズとして2011年に創設されました。
なお、地方競馬全国協会では、トライアル優勝馬がファイナルでも優勝した場合の馬主褒賞金を競走振興事業の一環として拠出いたします。

NARサイト 特設サイトはこちら

レース名 実施日 競馬場 距離 地区
早池峰スーパースプリント 6.2(日) 盛岡 1,000m 東北
川崎スパーキングスプリント 6.13(木) 川崎 900m 南関東
園田FCスプリント 6.20(木) 園田 820m 近畿・四国
佐賀がばいダッシュ 6.23(日) 佐賀 900m 九州
グランシャリオ門別スプリント 7.4(木) 門別 1,000m 北海道
日本海スプリント 7.9(火) 金沢 900m 北陸・東海
ファイナル
習志野きらっとスプリント
7.17(水) 船橋 1,000m 全国
  • 第4回
  • 早池峰スーパースプリント

6.2 (日) 盛岡 1,000m

レコード更新圧巻の逃げ切り
 2年目岩本騎手が重賞初制覇

今シーズンの盛岡開催は大雨、強風、夏日などコンディションに恵まれなかったが、春開催の最終週に行われたスーパースプリントシリーズ(SSS)第1戦・早池峰スーパースプリント当日は天気も良く、風もなく、平年並みの気温で、まさに競馬日和。

セイヴァーベナが出走を取消して9頭立て。昨年秋に盛岡ダート1000メートルのレコードタイムを約2年4カ月ぶりに更新し、そこから目下4連勝中のサインズストームが2.0倍の単勝1番人気。3歳の12月に古馬オープン勝ち、今シーズン期待されたミスティカルは春先は馬体に余裕があり成績低調だったが、ようやく体を絞り込んで近2戦1300メートル、1200メートルの『スプリント特別』を連続連対で復調見せて3.4倍の2番人気。4月の水沢850メートル『スプリント特別』をスピードで押し切ったフォルスが4.4倍の3番人気。4番人気からは10倍以上ということからも三つ巴の様相。

スタートでシャドウパーティーが出遅れ、先手が予想された人気どころの1番枠フォルスは鼻出血明けで、体重マイナス11キロも響いて本来のダッシュ力が見られなかった。それならばと、大外枠からデビュー2年目の岩本怜騎手に気合いをつけられサインズストームが3コーナーでは後続を2馬身突き放しての逃げ。3~4コーナーでは一旦はリードも広がったが、後続の動きなどを意識せずに脚をためた。

4コーナー入口では2番手につけていたメイショウオセアンが1馬身差まで迫っていたが、岩本騎手はまだ手綱を動かさず。他の8頭は激しく手綱が動くも差はなかなか詰まらず直線へ。岩本騎手は坂下からムチを入れてサインズストームを追い出すと、力強く坂を登ってから後続をグングン突き放す一方に。若手騎手の積極策でそのまま押し切る結果となった。

昨年の覇者ナムラバイオレットは最後方からの直線イン一気だったが、今年はスピードで逃げ圧倒と、これも競馬。12.4-10.9-11.5-11.4-12.2というラップで2着に8馬身差をつけ、しかも自身の持つコースレコードを0秒3更新。馬体重544キロのパワーあふれる先行力で強さばかりが目につくレースとなった。

ゴール後に軽くガッツポーズを見せた岩本騎手、そして「やった!」と声も聞こえた。レース後に戻ってきた本人に確認したところ、「嬉しくて言葉が出ていました……」とのこと。「あれだけの差つけていながらもゴールまで気を抜かずに追いました」。ベテランであればセーフティリードなら後続を確認するところだろうが、やはり2年目のジョッキー、しかも初重賞制覇でもある。昨年4月にデビューし、その年に48勝、今年はこのレースで25勝目(この時点で今シーズンの岩手リーディング4位)。この数字はかなり優秀である。デビュー2年目での重賞勝ちは、現在の菅原勲調教師(1982年にスーパーライジンで不来方賞、東北優駿)などが達成しており、今後の岩本騎手からも目が離せない。

サインズストームの次走は地元の短距離重賞・栗駒賞(6月30日・水沢1400メートル)を予定。SSSファイナルの習志野きらっとスプリントには向かわず、「暑い時期にもなりますから、馬の状態を見ながら使っていきます」(石川栄調教師)とのことだ。

  • 取材・文
  • 峯村正利
  • 写真
  • 佐藤到(いちかんぽ)

Comment

岩本怜 騎手

外枠だったので無理せず2、3番手につけて競馬をするつもりでしたが、スタートも良かったですし他の馬も激しく行く感じがなかったので、それなら逃げていこうと思いました。3~4コーナーでは後続を意識しないで抑えながら回り、直線も伸びてくれました。それでも最後まで油断できなかったですね。

石川栄 調教師

ちょっと間隔があいての出走で乗り込んではいましたが、正直なところ1度使ってから今回のレースに臨みたかったですね。1000メートルは少し忙しいかなと思ってましたが、返し馬がいい感じだったので、この時にちょっと手ごたえはありました。こんなにうまくいくとは思っていなかったですね。