1. Presented by National Association of Racing
  2. 地方競馬のオンライン情報誌ウェブハロン
  3. ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。

レーススケジュール・概要を開く

スーパースプリントシリーズ
2019

競走距離1000メートル以下のレースのみで構成されるシリーズ競走。トライアル6戦およびファイナルの計7戦で実施され、超短距離戦で能力を発揮する異才の発掘と、各地方競馬場で実施可能な最短距離を極力活かすためのワンターン(コーナー通過が3~4コーナーのみ)のスプリント戦によるシリーズとして2011年に創設されました。
なお、地方競馬全国協会では、トライアル優勝馬がファイナルでも優勝した場合の馬主褒賞金を競走振興事業の一環として拠出いたします。

NARサイト 特設サイトはこちら

レース名 実施日 競馬場 距離 地区
早池峰スーパースプリント 6.2(日) 盛岡 1,000m 東北
川崎スパーキングスプリント 6.13(木) 川崎 900m 南関東
園田FCスプリント 6.20(木) 園田 820m 近畿・四国
佐賀がばいダッシュ 6.23(日) 佐賀 900m 九州
グランシャリオ門別スプリント 7.4(木) 門別 1,000m 北海道
日本海スプリント 7.9(火) 金沢 900m 北陸・東海
ファイナル
習志野きらっとスプリント
7.17(水) 船橋 1,000m 全国
  • 第5回
  • グランシャリオ門別スプリント

7.4 (木) 門別 1000m

好スタートを決めゴール前差し切る
 デビュー2年目の鞍上は重賞初制覇

「北海道には梅雨がない」と言われる。しかし、梅雨の時期に北海道の太平洋側で雨が降る“蝦夷梅雨”と言われる独特の気候がある。函館や門別で一定の期間、雨が続く時があるのは、蝦夷梅雨の影響である。特に今年は、JRA函館開催は雨にたたられ、門別競馬も例年に比べると開催中は雨の影響を受けている。

グランシャリオ門別スプリント当日、第1レースの頃までは曇り空だったが急激に雨が降り、馬場状態は稍重から重、不良と一気に悪化した。9レースの頃には雨は上がり、降ってもパラパラという状態だったが、結局、昨年に続いて不良馬場でレースを迎えることになった。

外枠のトルシュローズとフジノパンサーが好スタートを切ったが、内枠のナリユキマカセも先手を取りたい構えを見せた。道悪での時計勝負となると、前でレースをしたい騎手心理が働く。まして1000メートルの超短距離戦。スタートダッシュから、11秒8-11秒3=23秒1のラップを刻み、見応えある先行争いが繰り広げられた。

前走北海道スプリントカップJpnⅢでは2着に追い込んできたメイショウアイアンだが、「本当は外枠が欲しかったんですが、2番だったので、イチかバチか前でレースをしてみるように指示を出したんですよ」と、田中淳司調教師。好スタートを切り、気合をつけながら中団の内でレースを進めた。

「こちらが思い描く位置を取りに行けるのは、状態が良いからでしょう。自ら行く気を見せてくれました」と、落合玄太騎手はレースを振り返る。

直線でフジノパンサーが抜け出し、ショコラブランが捕まえたと思った瞬間、メイショウアイアンが自慢の末脚を繰り出し、ゴール直前で捕えた。昨年の絆カップ(盛岡)で重賞初制覇を飾ったが、門別の短距離重賞は2着3回と悔しい思いを常にしてきた。その鬱憤を晴らす、地元重賞初Vだった。

「玄太で勝てたのが嬉しいですね。他の厩舎にも、強い馬に乗せていただいていますし、上手くなるのは当然なんですが、今日は指示通り乗ることもできましたし、確実に腕は上がっていますよ」と、田中調教師は愛弟子への賛美を送った。

そして、自身の重賞初制覇となった落合騎手は、「同期の岩本(怜)が先に重賞を勝ったので、意識もありました。前走は中央馬相手に2着とはいえ、やっぱり2着は悔しかったので、今日は本当に嬉しい勝利でした」と、満面の笑顔で話していた。

メイショウアイアンは、北海道スプリントカップJpnⅢの時から、陣営はクラスターカップJpnⅢを目標に置いていた。地方馬に人気のあるレースだけに、選出される上でタイトル奪取は大きい。クビ差2着に敗れたショコラブランも、吉原寛人騎手とのコンビでリベンジを誓うべく盛岡を目指す。そして、田中淳司厩舎に移籍し、7月18日に転入初戦を迎える予定のブルドッグボスも、クラスターカップJpnⅢを予定している。短距離馬が層の厚みを増した北海道勢の走りに期待したい。

関係者が表彰式で胸に差した花は、普段であれば式が終わると主催者に返すものだが、落合騎手は目録とともに持ったまま。「母親に送ろうと思って……」と、親への感謝を忘れない姿勢が何とも微笑ましかった。

  • 取材・文
  • 古谷剛彦
  • 写真
  • 浅野一行(いちかんぽ)

Comment

落合玄太 騎手

内枠に入った今回は、位置を取りに行くレースをしようと意識しました。スタートが決まったことで、思い描いていたレースができました。直線で前が開いた時には、差し切れる手応えがあり、勝ったとわかった瞬間は、素直に嬉しかったです。

田中淳司 調教師

昨シーズンも頑張ってくれましたが、満足のいく状態で臨んだレースは多くありませんでした。9歳馬ながら、今が充実している印象さえ受けるほど、今季の状態は良いですね。もともとクラスターカップを目標に置いていたので、この勝利でタイトルを加えられたことはホッとしています。