1. Presented by National Association of Racing
  2. 地方競馬のオンライン情報誌ウェブハロン
  3. ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。

レーススケジュール・概要を開く

2019
ヤングジョッキーズシリーズ

本年12月27日(金)に大井競馬場、28日(土)にJRA中山競馬場で実施される『2019ヤングジョッキーズシリーズ ファイナルラウンド』への出場権をかけて、地方競馬およびJRAの若手ジョッキーが争う代表騎手選定競走が『2019ヤングジョッキーズシリーズ トライアルラウンド』です。このトライアルラウンドでの着順に応じて得た点数により、地方競馬およびJRAそれぞれの代表騎手が選ばれます。

NARサイト 特設サイトはこちら

Trial Round
トライアルラウンド
6.11(火) 金沢競馬場
6.18(火) 船橋競馬場
7.15(祝月) 高知競馬場
7.30(火) 佐賀競馬場
8.12(振月) 盛岡競馬場
8.21(水) 門別競馬場
9.25(水) 笠松競馬場
10.9(水) 浦和競馬場
10.16(水) 名古屋競馬場
11.6(水) 園田競馬場
11.19(火) 川崎競馬場
Final Round
ファイナルラウンド
12.27(金) 大井競馬場
12.28(土) JRA 中山競馬場
  • ヤングジョッキーズTR 笠松

9.25 (水) 笠松競馬場

田村騎手・三津谷騎手ともYJS初勝利
 地方西日本地区は兵庫4騎手が上位に

第1戦

第2戦

リポート動画

ヤングジョッキーズシリーズ(YJS)も西日本地区のトライアルラウンドは笠松を含め残すところ3場。今回、2名がトライアルラウンドで最終騎乗となる見込みで、今年デビューの亀田温心騎手(JRA)は「最後なのでしっかり結果を出そうと思います」と意気込んだ。もう1名の川又賢治騎手(JRA)は現在、JRA西日本暫定8位とあってファイナル進出には笠松での2戦とも上位着順に入ることが必須。厳しい状況ながら交流競走などで良績を残す笠松とあって「最後までがんばります!」と話した。

なお、トライアルラウンド笠松は地元の東川慎騎手(笠松)が負傷休養中のため、参戦予定がなかった松木大地騎手(兵庫)と濱尚美騎手(高知)が1鞍ずつの騎乗に変更された。東川騎手自身は競馬場に姿を見せて先輩の鞍拭きなどを手伝っているものの「まだ完治はしていません。でも、間近で見ていると、早く乗りたくなりますね」とウズウズしていた。

第1戦は兵庫の3騎手が上位人気馬に騎乗。騎手紹介式を終えた松木騎手は「いい馬ですが、勝ちきれていないようなので、これから(佐藤)友則さんに聞いてきます!」と話したが、この日の第3レースで佐藤騎手はゴール入線直後に落馬。救急車で搬送されたことを知らされると、「えっ!」と目を点にした。一方、田村直也騎手(兵庫)は第1戦の馬について話題を振られると、思わず笑みをこぼして「がんばります!」と足取り軽く、準備に取りかかった。

亀田騎手が先手を奪い、直後に長谷部駿弥騎手(兵庫)。田村騎手は6番手、その後ろに松木騎手と続いた。「笠松は初めてでしたが、返し馬で残り700メートル付近から早めに仕掛けていこうと考えていました」と田村騎手が徐々にポジションを上げにかかった。その1つ前、先頭で4コーナーを回ったのは同じ兵庫の長谷部騎手。「このまま押し切ってくれたらって思ったのですが、紫の勝負服が来るのが見えて、『勘弁してくれ』って思いながら追っていました」。直線であっさり田村騎手とウッドカービングが抜け出して3/4馬身差で勝利。さらに1馬身半離れて加藤祥太騎手(JRA)が「この差だと勝ちたかったですが、今年のYJSでの最高着順を取れました」と3着に入った。4着は中団から追い上げた松木騎手、5着に川又騎手だった。

第2戦は「クリノジョヴァンナがこのレースの鍵を握っていると思います」と地元の渡邊竜也騎手。昨年、地方通算101勝を挙げてYJSは卒業したが、同馬の前走に騎乗して勝利。また、濱騎手が騎乗するスイセイオリュウの前走でも騎乗して2着だった。

ハナを奪ったのはクリノジョヴァンナと兼子千央騎手(金沢)。「渡邊さんから『ハミに乗っていく馬なので、2~3番手からの方が走りやすい』と聞いたのですが、ゲートが速かったので自分のペースで逃げました」。それを真後ろで虎視眈々と狙っていたのは三津谷隼人騎手(JRA)とノスケアマゾン。「ハミを取らない面があったので、軽く促しつつ、前の馬の手応えを見ていました」。4コーナーで先頭に並びかけると、2馬身差で完勝。道中は後方2番手で「向正面からバシバシ追いました」と長谷部騎手が2着に追い込んできた。さらにクビ差で「高知とは馬場が違いますね」と多田羅誠也騎手(高知)、1馬身半差の4着に岩田望来騎手(JRA)、逃げた兼子騎手は5着だった。

2レースを終えての表彰式は“初めての喜び”にあふれた。第1戦を勝利した田村騎手、第2戦を勝利した三津谷騎手ともにYJSは1年目から出場し続けて初勝利。6月に減量解除を申し出た田村騎手は今年が最後の出場で「一度くらい『勝ったぞー!』って胸を張って地元に帰りたかったんです」。三津谷騎手も「これで少しはファイナルラウンドに近づいたかなと思うので、次の園田も頑張りたいです」と、JRA西日本暫定4位で初のファイナル進出が視界に入ってきた。

名古屋と園田のトライアルラウンドを残して、JRA西日本1位は岩田騎手。今回がトライアルラウンドで最終騎乗予定の亀田騎手は6着のポイントを加算して2位に浮上してきた。一方、地方西日本1~4位は松木騎手、石堂響騎手(兵庫)、長谷部騎手、田村騎手と兵庫勢が独占。1位の松木騎手が全国(地方総合順位)でもトップでフィニッシュできれば、地方西日本から4名がファイナル進出できることになり、松木騎手が「兵庫の騎手が1人でも多くファイナルラウンドに」と話していたことが実現する。残り2ラウンド、ファイナル進出をかけて今年はどんなドラマが生まれるだろうか。

  • 取材・文
  • 大恵陽子
  • 写真
  • 宮原政典(いちかんぽ)

Comment

第1戦1着 田村直也騎手(兵庫)

1年目のトライアルラウンド園田で人気馬に乗せていただきながら、プレッシャーに負けて5着。今回も1番人気でプレッシャーがありましたが、馬が強くて勝てました。3~4コーナーで動きが悪くなると聞いていたので、そこで何とか前に食らいつけられたら直線は伸びると思いました。

第2戦1着 三津谷隼人騎手(JRA)

ここまで少ししかポイントを加算できていなかったので、1着30ポイントを取れてホッとしています。レースは番手くらいからがいいと聞いていて、直線に向くと思った通りしっかり走ってくれました。次の園田では先週、交流レースを勝たせていただいたので、この流れで勝ちたいです。