地方競馬全国協会
地方競馬全国協会のあらまし
地方競馬教養センター
2年間の訓練概要
騎手候補生の1日の生活
教養センター便り
オープンキャパス(騎手課程入所体験)のご案内
騎手課程募集要綱
情報公開
地方競馬開催成績
Furlong ハロン
地方競馬の馬主申請Q&A
地方競馬全国協会採用情報
調達情報等
地方競馬教養センター image

地方競馬全国協会では、騎手など地方競馬を担う人材を養成・訓練するため、地方競馬教養センターを設置しています。 地方競馬教養センター全景写真

 地方競馬教養センターは、栃木県那須塩原市那須連山のふもとに、約30万平方メートル(東京ドーム約6.5個分)の敷地をもち、160頭あまりの訓練馬を収容可能な厩舎、1周1,100メートルの競走走路、4つの角馬場、野外騎乗コース、坂路馬場、国際検疫厩舎、馬診療室、装蹄所、体育館、プール、運動場などの施設のほか、騎手候補生の寄宿舎や研修のための宿泊施設「那須寮」を備えています。

周辺図は、こちら

 地方競馬で活躍する騎手のほとんどが教養センターの出身者で、デビューを目指す騎手の卵が日々訓練に励んでいるほか、現役騎手や調教師などの技術研鑚のための研修も行われています。
騎手になりたい方へ
2年間の訓練概要2年間の訓練概要
騎手候補生の1日の生活騎手候補生の1日の生活
オープンキャパス(騎手課程入所体験)のご案内オープンキャパス(騎手課程入所体験)のご案内
騎手課程募集要綱は、こちら騎手課程募集要綱は、こちら
調教師の研修
 地方競馬の調教師又は調教師補佐を目指す人のために、地方競馬主催者の推薦を受けた者を対象に年3回(調教師課程2回、調教師補佐課程1回)、約3週間の研修を行い、調教師(補佐)として必要な知識と技能を教えています。
 年齢は28歳以上、騎手又は厩務員の経験年数等の条件があります。詳しくは、地方競馬教養センター養成課まで、ご連絡ください。
現役騎手や調教師などの研修
 公正な競馬を行うためには、競馬開催に必要な様々な業務に携わる者の専門知識や技術等の向上が不可欠です。
 そこで、主催者等の職員を対象に裁決、決勝審判、発走など競馬開催業務の研修を行っています。また、調教師や騎手の研修や訓練も行っています。
 そのほか地方競馬教養センターでは、競馬関係団体や畜産団体の要請を受け、馬に関する研修や実習のお手伝いも行っています。