MY STYLE図鑑
木曜
更新
アンバサダーそれぞれの
地方競馬の楽しみ方を
週替わりのコラムでご紹介!
MY STYLE COLUMN
39
COLUMN 39-1 2022.01.06
予想は謎解き!馬券は買い物!地方競馬”予想”の楽しみ方
お笑い ムラコ(サミットクラブ)

みなさん、こんにちは。サミットクラブのムラコです。
「秋のチーム対抗予想バトル(#秋の予想バトル)」ではチーム白河として優勝させていただきました!予想バトル的な企画で優勝したのが初めてだったので、めちゃくちゃ嬉しかったです。
みなさんたくさんの応援、ご応募ありがとうございました!お肉が届くと良いですね♪

さてさて、この企画で改めて“予想の楽しさ”を感じることができました。正直、地方競馬の楽しさを皆様にお伝えするべく地方競馬アンバサダーに就任させていただいたのに、僕自身が一番地方競馬の楽しさを教えていただいている気がします。

やっぱり『当てることが一番楽しい!!』と、いうことで!
ここでは予想を公式に発表しなければいけないというハイプレッシャー(笑)の中で生み出された、“地方競馬予想”の楽しみ方をお届けしたいと思います!

地方競馬は全国に15場あります。まずはホームグラウンドとなる競馬場を決めることが大事です。みなさんが住んでいるお近くの競馬場でも、ご自身が参加できる時間帯の競馬場でも構いません。
それは同じ競走馬同士が何度も同じ舞台でレースを行うケースが多く、すでに力比べが決着している場合もありますので、予想が組み立て易くなるからです。

 

その情報は、実は地方競馬公式の「地方競馬情報サイト」でも見ることができます。各レースの出馬表ページの上部にある「対戦表」をクリックすると図①のような表がご覧いただけます。

 

 

ここでまず、図②のように直接対決をしたことがあって“負けてしまった馬”を消していきます。
すると、直接対決をしたことがない①リワードタイフォン、③ノーブルアイデアル、⑧マリンスカイ、⑨リュウノアンジェラの4頭が残ります。

次に注目するのが、赤丸の着差タイムです。⑧マリンスカイと⑨リュウノアンジェラは「1秒以上」の着差タイムで勝っている一方、①リワードタイフォンと③ノーブルアイデアルは「0.2〜0.3秒前後」で勝っています。力の差ははっきりと出ていました。
最終的にここで判断し、○⑧マリンスカイ(1着)と◎⑨リュウノアンジェラ(2着)を推すことができ、秋のチーム対抗予想バトルでの黒潮ジュニアチャンピオンシップは、単勝とさらにワイドを一点で的中することができました!

このように一つ一つ丁寧に見ていけば、まるで謎解きかのように◎(本命馬)と○(対抗馬)が浮かび上がってくるときがありますよ!

続いては、もう少し“気楽に予想”したい方向けの楽しい予想法です!
その名も「ハンバーガー理論」!みなさんはハンバーガーを買う時ってどうやって買われますか?きっと単品よりもお得なセットを買う方が多いと思います。“馬券は買い物”ですので、やっぱりお得に買いたいと思うのは当然のこと。では、馬券のセットって何?
僕の経験として同じ血統の馬が一緒に馬券に絡んでくることがとても多いです!
◎(本命)は決まったけれど、○(対抗)選びが難しいと思ったときは、迷わず◎と同じ「父」か「母父」の馬を選びます。
秋のチーム対抗予想バトルでの兵庫若駒賞は、この方法でワイドを1点で的中することができました!◎馬がアジアエクスプレス産駒でしたので、○相手も同じくアジアエクスプレス産駒で勝負したのです。馬券はセットで買って、無駄な買い目を少なくしましょう!

このように、『なんだそんなことでいいのか』と思うようなことでも、的中に近づけるのが競馬の楽しいところだと思います!もし僕の予想方法が気に入ってくれましたら是非お試しください!

最後になりましたが、イベントなどで“競馬場”でみなさんとお会いできる日を楽しみにしています!
その時までにまた新しい予想理論を用意しておきますね!

《関連リンク》
地方競馬情報サイト

MY STYLE COLUMN
39
COLUMN 39-2 2022.01.06
地方競馬は最高のデートスポット
お笑い 静(サミットクラブ)

赤、青、黄色にピンクや紫、色とりどりのイルミネーションが光っている。
入り口を入ってすぐにメリーゴーラウンドが…ここは遊園地か?
ふと目をやると、美味そうな肉をビールで流し込むサラリーマンの姿…ここはビアガーデンか?
あれ?あっちのステージでは有名芸能人によるトークショー?
すると何処からともなく聞こえてきた、地鳴りのような音と歓声。
その音の方向に歩を進めると、電光掲示板の前を走り抜ける馬群。
あぁ、馬が走る音か…そうだここは競馬場だった。
私は大井競馬場に来ているのだった。

初めて大井競馬場のナイターに行った時、こんなに素敵なデートスポットは無いと思った。
いわゆる“映えスポット”が沢山あって、女性を飽きさせない。
競馬初心者の私にも、馬券の購入の仕方など解りやすくインフォメーションしてくれる。
何より100円という少額から馬券を購入できる。どんな少額でも、買ったからには勝ちたいもので、いつの間にか手に汗を握り、大きな声で応援していた。
当たれば2人で大喜び、負けては2人で悔しがる。一喜一憂を共有する。
このスリルはまさに吊り橋効果か。

もちろん大井だけではない。
帯広のばんえい競馬は普通の競馬と違い、ソリをひく馬を間近でレース観戦できるゾーンがあり、門別ではジンギスカンが楽しめる。水沢、笠松には神社もあるし、姫路なら卓球だって出来る。
そしてどの競馬場も昔のイメージとは違い、綺麗に清掃され、観覧席も数種類設けられ、女性向けのパウダールームなども充実してきている。

そして地方競馬は数万円程の予算から、レース名を自ら付けることが出来るのだ。
デートで普通にレースを見ていると、突然『✕✕さん!結婚してください』などというレース名。
“ラブミフォーエバー”や“サンキュー”なんて馬名の馬が出走してくれて、彼女が買ってくれたらそれはもう◎!

「競馬ってどうせ、おじさんのギャンブルでしょ?」
なんてイメージで入場してきた彼女も、帰りにはそのギャップに心を持っていかれているはず。

現に私も当時の彼女とデートをして…、いや私の場合は逆だった。
これらの事は全部彼女が教えてくれた。

私も結婚をして子供が出来た。
各競馬場は家族連れにも優しく、キッズルームの完備や馬などの動物と触れ合えるスポットと、沢山の新しい設備や企画を拡充してくれている。

現在、新型コロナウイルス感染症の影響で、来場制限やイベント自粛などが続いているが、この先息子が大きくなったら、家族のレジャーとしても地方競馬を楽しみたいと思う。
もちろん、私に地方競馬の楽しさを教えてくれた、妻と一緒に。

《関連リンク》
地方競馬情報サイト
TCK 東京シティ競馬(大井競馬)公式サイト