アンバサダーが語る
シリーズ競走の魅力 SERIES COLUMN
SERIES COLUMN
VOL.01 岡村麻純 2021.11.22
女性たちの戦いはここから始まる!

11月23日より『LJSレディスジョッキーズシリーズ2021』が始まります。
2011年以来、10年ぶりの開催です。今回は地方競馬で活躍する8人の女性ジョッキーが参戦!女同士の熱い戦いを見せてくれます。

振り返れば、わたしが初めて競馬番組に関わらせていただいたのは15年ほど前。
その頃はまだまだ競馬というのは男の人のものという印象が強く、番組のアシスタントになり、すぐに競馬に魅了された私は、「こんなに馬券勝負するアシスタントは初めてだ」と言われたものです。
ですが、それを良く見てくれる方もいれば、女性の予想なんて、と受け入れてもらえなかったこともありました。そこから、女性に競馬を広めたいという私の目標が生まれました。

その頃、“地方競馬には頑張っている女性騎手がたくさんいるよ”とレディスジョッキーズシリーズの存在を教えていただき、感激した記憶があります。
それから月日は流れ、現在は女性の競馬記者の方や、女性の予想を楽しむ方も増え、競馬のアイドルまで登場し、“競馬と女性”が自然と受け入れてもらえるようになりました。
同じように騎手の世界でも新たな女性騎手の方が増え、減量制度も整備され、女性の戦う場所でもあることを証明してくれています。
そんな時代の流れとともに復活したレディスジョッキーズシリーズ。女性が増えれば、女性同士の戦いも熱く厳しいものになること間違いなしです。

レディスジョッキーズシリーズ2021は、11月23日盛岡競馬場、11月27日高知競馬場、2月18日名古屋競馬場で行われ、各競馬場で2競走ずつ戦い、獲得したポイント数で女王が決定します。

第一戦の盛岡競馬場といえば、2019年デビュー、岩手の関本玲花騎手。盛岡競馬場で初勝利を飾り、昨年には盛岡競馬場で行われたマイルチャンピオンシップ南部杯にてJpnI初騎乗を果たしています。今年はすでに昨年の勝利数を上回り、成長中!ここ盛岡で高得点を獲得しておきたいはずです。

その2020年のマイルチャンピオンシップ南部杯にはもう一人の女性騎手、笠松の深澤杏花騎手も騎乗されていました。雨降る南部杯で、トップジョッキーたちと並ぶ若手女性ジョッキー2人の姿。これからの地方競馬界を見ているようで印象的でした。

他にも、兵庫の佐々木世麗騎手は、今年地方の新人女性騎手の年間最多勝記録を更新。そんな若手騎手たちが、国内の女性騎手で初の通算1000勝を達成した愛知の宮下瞳騎手をはじめとする先輩方へどう挑むのか、見逃せません。

お馬さんの世界でも、重賞で牡馬と対等に戦う牝馬が増えています。でもまだまだ大きなレースになればなるほど、牝馬がこのレースに勝てるのか?という言葉が出てくるのも現実です。
女性騎手のみなさまにも、女性同士の熱き戦いの向こうには、大多数を占める男性騎手との闘いが待っています。今年再開されたレディスジョッキーズシリーズの先には、地方競馬でビックレースにも当然のようにたくさんの女性騎手が騎乗している未来が待っています。

地方新人女性騎手の年間最多勝記録を更新した佐々木世麗騎手
国内の女性騎手で初の通算1000勝を達成した宮下瞳騎手











《関連リンク》
LJSレディスジョッキーズシリーズ2021 特設ページ