未来優駿2017特集
 毎年秋に行われる各地の2歳主要競走(計7レース)を短期集中施行するシリーズ(2008年創設)。2017年は10月8日から、11月14日まで、未来を期待される優駿たちの戦いが繰り広げられます。

 3歳馬によるダービーシリーズ同様、各地の主要競走が短期間で楽しめる贅沢感や、先々への期待感を醸成できることが、このシリーズ最大の魅力。また、10月末以降のダートグレード競走(10/31・門別競馬場・北海道2歳優駿、11/21・園田競馬場・兵庫ジュニアグランプリ、 12/13・川崎競馬場・全日本2歳優駿)への期待感を高めることも期待されます。
※下の“タブ”をクリックするとご覧になりたいレースの記事に切り替わります。

直線一気に差し切り4馬身差
岩橋騎手は母仔で重賞制覇

 台風一過で今時期にしては暖かい気温だった門別競馬場も、夜になると冷え込んでくる。ポラリススタンドに絡まるツタは、真っ赤になり秋を告げる。
 場内のショップに並んだ内藤律子カメラマンの来年度カレンダーにも、今年の終わりを感じる。カレンダーの中のかわいらしいとねっこの1頭が、このレースの1番人気、ソイカウボーイだ。「めんこかったの」と内藤さんが2年前に浦河の伏木田牧場で出会い、追いかけることになった栗毛馬は、今年最初の能力検査で、のちのエーデルワイス賞JpnⅢ勝ち馬ストロングハートに2秒差をつけ合格し注目を浴びた。3戦2勝で迎えたこの日、パドックではつやつやのボディで、競馬場を訪れた内藤さんの姿をちらっ、ちらっと見ているかのように歩いていた。撮影する内藤さんを見ながら、それぞれの出走馬にも見守る人々がいるのだ、と感慨深くなる。
 レースはリコーパイソンが出走取消となって9頭での争い。2番人気はイノセントカップ2着のミスターバッハ、3番人気は今月のウィナーズチャレンジを勝ったエイシンエンジョイだった。
 そろったスタートからヨシノファルコンが抜け出したと思いきや、トチノペガサスとエイシンエンジョイがハナを奪う。続いてミスターバッハ、ソイカウボーイは中団5番手で縦長の展開のまま進んだ。
 4コーナー手前でミスターバッハがまくりにかかった。一気にレースが動き、残り200メートルでは前の6頭が横並び。一番外のソイカウボーイが一気に差し切り、4馬身差をつけて快勝した。勝ちタイムは1分12秒8。内をついたデニストンが2着、長く脚を使ったミスターバッハが3着だった。
 ソイカウボーイを生産した伏木田牧場の伏木田修さんは「当歳時から動きが良かった。こんなに強くなるとは」と歴史ある牝系による活躍を喜んでいた。
 岩橋勇二騎手は、母のシャイニングサヤカで2013年のビューチフル・ドリーマーカップ(水沢)を制している。母仔での重賞制覇に「これも騎手の楽しさのひとつだと馬に教えてもらいました。(自厩舎に)初仔が来る、とわかった時は『この馬で大きいところを勝てたらいいな』と思っていました」と笑顔を見せた。
 4コーナーでは若さを見せたところもあったが、門別では初めての控える競馬でも追ってから伸びを見せた。次走は11月21日の兵庫ジュニアグランプリJpnⅡの予定。前走JRAのすずらん賞は環境の変化に戸惑い「能力は相当高いが、課題は外に遠征した時」と岩橋騎手。ただ、目を見張る成長力は、今後の課題もすぐにクリアしそうな勢いがある。門別のほかJRA7場や園田などを駆け抜けた母の血も、今後の遠征を後押しするかもしれない。
岩橋勇二騎手
(現役時代騎乗した)シャイニングサヤカの仔で勝てたのがうれしい。速い流れを経験できたのはよかったです。使うごとに成長を感じます。馬には「100点!」って声をかけます。
田中淳司調教師
スピードがあり、追ってしっかり伸び、長く脚を使えるのが長所。ソエで思うように使えないなど、苦労したが馬もしっかりしてきました。今後は兵庫の結果次第で全日本2歳優駿を目指します。


取材・文:小久保友香
写真:浅野一行(いちかんぽ)