ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。
font
標準

特集

未来優駿 2018

MIRAI YUSHUN 2018

 毎年秋に行われる各地の2歳主要競走(計7レース)を短期集中施行するシリーズ(2008年創設)。2018年は10月14日から、11月20日まで、未来を期待される優駿たちの戦いが繰り広げられます。  3歳馬によるダービーシリーズ同様、各地の主要競走が短期間で楽しめる贅沢感や、先々への期待感を醸成できることが、このシリーズ最大の魅力。また、11月以降のダートグレード競走(11/1・門別競馬場・北海道2歳優駿、11/28・園田競馬場・兵庫ジュニアグランプリ、 12/19・川崎競馬場・全日本2歳優駿)への期待感を高めることも期待されます。  また、当ページでは、6月末から各地で行われる2歳重賞をピックアップしてリポート。2歳馬たちの戦いにどうぞご期待ください。

※下の“タブ”をクリックするとご覧になりたいレースの記事に切り替わります。

10.17(水)
鎌倉記念
第11回 兵庫若駒賞
10.18(木) 園田競馬場 1,400mテンマダイウェーヴ
10.23(火)
ゴールド
ウィング賞

3年連続で未勝利馬が制し波乱に 渡瀬騎手は20年目で重賞初勝利

 2年前、兵庫若駒賞をナチュラリーが制した時、未勝利馬が重賞を勝ったことが話題になった。だが、昨年も未勝利のトゥリパが勝ち、今年も終わってみれば勝ったのは未勝利馬。3年連続での未勝利馬の勝利は、園田の近年の2歳戦線の混戦ぶりを物語っていると言えるだろう。
 単勝1番人気は園田プリンセスカップで他地区からの遠征馬相手に差し切ったリリコで2.1倍。逃げて2戦2勝と底を見せていないフセノピュアが差がなく2.6倍で続き、リリコと並んでメンバー最多の3勝を挙げているアヴニールレーヴが3番人気で6.6倍。4番人気は田中学騎手が騎乗し、このレース前までの2歳戦線では牡馬の実績ナンバーワンだったテツで8.0倍。この4頭が上位人気を形成していた。
 前走の園田プリンセスカップで逃げられず大敗したアヴニールレーヴが逃げ、テツが2番手。その外の3番手に愛知の岡部誠騎手を配したフセノピュア。その内に7番人気テンマダイウェーヴで、1番人気リリコは中団うしろの8番手という縦長の隊列。
 向正面でリリコがまくり気味に上がってきたが、快調に飛ばすアヴニールレーヴの脚色は衰えない。3コーナー手前では内にいたテンマダイウェーヴの渡瀬和幸騎手が、先行集団から置かれないように、右ムチを入れ必死に追走する。
 4コーナーではリリコの脚が止まり、好位外のフセノピュアも伸びない。アヴニールレーヴの逃げ切りかと思われたところ、テンマダイウェーヴが外に持ち出されると、並ぶ間もなく抜き去った。デビュー20年目で待ちに待った重賞初制覇の渡瀬騎手はゴール手前から左手でガッツポーズ。3年連続の未勝利馬の勝利に加え、昨年に続く7番人気馬の勝利で3連単は22万円を超える大波乱。園田に“大ウェーヴ”が巻き起こった。
 その風貌から“尼のペリエ”とファンから呼ばれる渡瀬騎手にとって、2018年は激動の年となった。6月23日の調教中に転倒した2歳馬の下敷きになり、骨盤を不全骨折。入院、リハビリなど、2カ月半のブランクを強いられた。その復帰後、わずか1カ月半で夢にまで見た重賞勝利が待っていた。
 08年7月から10月まで韓国の釜山で騎乗し、77戦10勝という実績もあり、「チャンスがあれば、また海外で乗りたい」と今も向上心を持ち続ける渡瀬騎手だが、過去にも重賞制覇のチャンスはあった。04年に中央6戦未勝利の後、所属する碇清次郎厩舎に移籍してきたイブキオトヒメの園田での20戦すべてに騎乗し、17勝、2着2回。4着と唯一、連対から外れた06年の兵庫クイーンカップでは単勝1.5倍の1番人気に推されていた。苦い経験を積み重ねた末、ようやく果たした重賞勝ちに「素直にうれしい」と喜びをかみしめた。
 殊勲の勝利を挙げたテンマダイウェーヴの今後については「今回びっしり仕上げて、疲れが出そうなので、少し間隔をあけたい」と新井隆太調教師。具体的には11月28日の兵庫ジュニアグランプリJpnⅡ(1400メートル)は自重し、12月31日の園田ジュニアカップ(1700メートル)に向かう公算が高い。
取材・文:松浦渉
写真:桂伸也(いちかんぽ)

コメント

渡瀬和幸騎手

好位の内のポジションが欲しかったです。3コーナーで手応えがなくなって、気合をつけると、またハミを取ってくれました。直線は手応えがよかったので、うしろから来ないでと思っていました。着差は思ったよりもついていました。普段から調教に乗って、馬を作ってくれた杉浦君に感謝しています。

新井隆太調教師

枠もいいところだったし、好位の内で脚をためる競馬がしたかった。直線は鳥肌が立ちました(笑)。調教は杉浦が乗っていますが、前走で賞金を加算してくれたので、引き続き渡瀬騎手に依頼しました。彼とは(自分が厩務員だった)碇厩舎からの縁。大きな舞台を一緒に勝てて良かったです。