web Furlong 2018【グランダム・ジャパン特集】第17回 ル・プランタン賞

ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。
font
標準

特集

グランダム・ジャパン2018

GRANDAME-JAPAN2018

レーススケジュール

3歳シーズン
レース名 実施日 競馬場 距離 地区
若草賞 3/13(火) 名古屋 1,400m 北陸・東海・近畿
桜花賞 3/21(水) 浦和 1,600m 南関東
ル・プランタン賞 4/8(日) 佐賀 1,800m 九州
東海クイーンカップ 4/17(火) 名古屋 1,800m 北陸・東海・近畿
留守杯日高賞 4/22(日) 水沢 1,600m 東北
東京プリンセス賞 5/10(木) 大井 1,800m 南関東
のじぎく賞 5/17(木) 園田 1,700m 北陸・東海・近畿
関東オークス JpnⅡ 6/13(水) 川崎 2,100m 南関東
 地方競馬では、牝馬競走の振興と牝馬の入厩促進を図るため、今年で9年目となる 世代別牝馬重賞シリーズ 「GRANDAME-JAPAN2018(グランダム・ジャパン2018)」を実施します。

 全国各地で行われる牝馬重賞を世代別に体系づけ、競走成績によりポイントを付与。2歳、3歳、古馬の世代別ポイント獲得上位馬に対し、協賛各団体から日本軽種馬協会を通じボーナス賞金が授与されます。地方競馬の優れた牝馬の活躍の舞台を広げるとともに、交流を促進して魅力ある牝馬競走の実施を目指します。
NARサイト 特集ページはこちら
佐賀 1,800m

後続の猛追を振り切り重賞初制覇
他地区の強豪下し新三冠に名乗り

 佐賀競馬は4月の新年度より2歳、3歳、古馬それぞれのカテゴリーで重賞路線の再編が行われたが、ル・プランタン賞は条件や賞金に変更はなく、グランダム・ジャパン(GDJ)3歳シーズンの3戦目という位置付けも例年通りだ。
 出走馬10頭のうち、GDJ3歳シーズン初戦の若草賞(名古屋)からは勝ち馬レコパンハロウィー、3着ミネオラチャンの兵庫勢2頭と、佐賀から遠征し5着のエリザベスセーラが出走。他地区からは若草賞組の2頭の他、昨年のGDJ2歳シーズンで園田、金沢、笠松での計3戦に出走したアクアレジーナ(大井)、ここまでJRAへ5回挑戦しているスリルトサスペンス(笠松)と、遠征経験が豊富な2頭が参戦してきた。一方の佐賀勢は1月の花吹雪賞から勝ち馬のローザーブルーら上位4頭が出走。重賞(旧佐賀S1重賞)勝ち馬は1頭のみだが、好メンバーの揃う一戦となった。
 好スタートを切ったローザーブルーがハナを奪い、マイメンが2番手。スタート直後は最後方だったアクアレジーナが3番手まで押し上げてきたが、隊列はすんなりと収まって、1周目ゴール前では6頭が先行馬群を形成。以下4頭が縦に連なって追走し、単勝1番人気に推されたレコパンハロウィーはしんがり10番手に控えた。
 マイメンが2コーナー過ぎでローザーブルーに並びかけて行き、向正面で先頭を奪う一方、レコパンハロウィーは9番手からも大きく離れた最後方となったが、3コーナー手前からスパートを開始。直線に入ってマイメンとローザーブルーの争いからマイメンが1馬身抜け出したところに3番手のアクアレジーナ、大外から猛追してきたレコパンハロウィーが迫ってくるも、マイメンがアクアレジーナを3/4馬身抑えての勝利。レコパンハロウィーは若草賞の再現ならず3着までだった。
 勝ち馬のマイメンは、昨年5月のデビュー戦から1月の花吹雪賞までは土井道隆厩舎(佐賀)に所属し、2月に東眞市厩舎へ転厩。その後の2戦はJRA小倉へ参戦し、転厩後の佐賀初出走で重賞初制覇を達成した。土井厩舎所属時からカイ食いが細く、馬体重がなかなか増えないのが課題だった。今回も遠征帰りの地元戦ながら馬体は3キロ減らしてきたが、「小倉遠征の効果もあり、力を付けてきている」(東調教師)とのこと。今後はGDJ路線には向かわず、今年度から従来の飛燕賞に替り、新たな佐賀3歳三冠の一冠目となる佐賀皐月賞(4月22日)から、二冠目の九州ダービー栄城賞(5月27日)が次の目標となる。
 GDJ3歳シーズンのポイント争いは、今回3着で7ポイントを獲得し、計17ポイントとしたレコパンハロウィーが単独トップに立ち、同2着で9ポイント獲得したアクアレジーナは4位タイへ浮上と、2頭が他地区遠征でのポイントを積み上げた。3歳シーズンはまだ5戦を残しており、タイトル争いはまだまだ予断を許さないところだ。

取材・文:上妻輝行
写真:桂伸也(いちかんぽ)

コメント

山口勲騎手

番手を狙っていたというわけではありませんでしたが、スタートから流れに乗っていけました。距離は短い方がいいような気がしますが、後ろからの競馬も出来ますし、(栄城賞の)2000メートルでも考えて乗ってやればいけると思います。

東眞市調教師

体がもうちょっと出来上がってくれればまだいけると思いますが、今回は調教も攻めましたし、まだカイ食いが細いですね。この馬体では輸送は厳しいですし、日程も詰まっていますので、地元に専念して佐賀皐月賞から栄城賞を考えています。