ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。
font
標準

特集

JBC前哨戦

実施日レース名格/シリーズ競馬場距離
8/5(日)レパードステークスGⅢ/JRAJRA新潟1,800m
8/12(日)エルムステークスGⅢ/JRAJRA札幌1,700m
8/14(火)サマーチャンピオンJpnⅢ佐賀1,400m
8/15(水)クラスターカップJpnⅢ盛岡1,200m
8/16(木)ブリーダーズゴールドカップJpnⅢ/GDJ(古馬)門別2,000m
8/26(日)ビューチフルドリーマーカップGDJ(古馬)水沢1,900m
8/29(水)アフター5スター賞大井1,200m
9/9(日)青藍賞水沢1,600m
9/11(火)秋桜賞GDJ(古馬)名古屋1,400m
9/17(祝月)珊瑚冠賞高知1,900m
9/19(水)東京記念大井2,400m
9/20(木)オータムカップ笠松1,900m
9/28(金)姫山菊花賞園田1,700m
9/29(土)シリウスステークスGⅢ/JRAJRA阪神2,000m
10/2(火)白山大賞典JpnⅢ金沢2,100m
10/4(木)道営スプリント門別1,200m

第38回 白山大賞典 JpnⅢ

10/2(火) 金沢競馬場 2,100m グリム

思い通りのレース運びで逃げ切る 初めての古馬相手に5馬身差圧勝

 台風の影響で日曜日のJRA阪神開催が中止。翌日の代替開催が発表されたため、システムの関係上、火曜日の金沢競馬のJRA-IPATでの発売が一旦は中止と発表された。しかし、その阪神開催がさらにこの金沢開催と同日に延期されたため、改めてIPAT発売が実施されることとなった。その結果、今年の白山大賞典JpnⅢの売得額は3億7552万9500円と、従来のレコードを8500万円以上も上回る盛況となった。
 この売上は今年のメンバー構成にもあったことだろう。マーキュリーカップJpnⅢを2連覇し実績上位のミツバや、マーチステークスGⅢの勝ち馬センチュリオン、3歳のグリムやドンフォルティスなどJRAからの5頭はすべて重賞ウイナー。地方からも昨年のこのレースの2着馬、名古屋のカツゲキキトキト、トライアルのイヌワシ賞を勝った北海道のモズオトコマエや、今年ダートグレード2勝を挙げている兵庫・新子雅司厩舎の期待馬タガノヴェリテと多彩な面々が集結した。
 ゲートが開くとマイネルバサラが抜群のスタートを切ったが、大外枠からグリムが先手を主張。マイネルバサラは2番手に控え、ドンフォルティスが積極的に3番手、その内にカツゲキキトキトがつけ、センチュリオンやミツバはその後ろでレースを進めた。
 2周目向正面では、逃げているグリムをマイネルバサラがぴったりマークする様子が。しかしグリムの内田博幸騎手によると「初コースで戸惑っている部分があったので、逆に外からきてくれて助かった」とのこと。その2頭が後続との差を広げたが、3~4コーナーでもグリムの手応えは抜群だった。直線では独壇場となり、後続を5馬身突き放して優勝。しかも従来のコースレコードを1秒1上回る圧勝劇だった。
 2着は末脚を伸ばしたセンチュリオン、その1馬身半差の3着にはカツゲキキトキトが粘った。1番人気のミツバは最下位。松山弘平騎手は「途中から手応えがなくなってしまった。馬場も合わなかったのかもしれません」とコメントを残した。
 騎手たちも口を揃えていたが、とにかく今の金沢の馬場は、ラチ沿いを通ってレースを運べるかが大きなポイント。「外をまわるのはしんどいコース。距離の不安もありましたし、少しでも距離ロスなく内のいいコースを走らせようと内田騎手と話していました。作戦通りになりました」とグリムを管理する野中賢二調教師。それにしても、レコードを大きく更新し、古馬を一蹴したこの勝ちっぷりは衝撃的だった。「早めに来られても抜かせようとしない勝負強さがある馬。いつもこちらが思ったより強い勝ち方をしてくれます」と野中調教師は微笑んだ。この後は11月23日の浦和記念JpnⅡを予定していたそうだが、この内容からもJBCクラシックJpnⅠを選択する可能性もあるとのことだ。
 先週末のシリウスステークスGⅢでは3歳のオメガパフュームが優勝したばかり。グリムは青竜ステークスでそのオメガパフュームを破っている。今年の3歳世代のレベルの高さを改めて実感するところだ。
 地方馬最先着は3着のカツゲキキトキト。前走から中12日というスケジュールにも関わらずさすがの力を示した。「好位の内ラチ沿いを走れて理想的な展開でした。本当に偉い馬です」と大畑雅章騎手。JBCクラシックJpnⅠでは地方代表としてその実力を発揮してほしい。

地方競馬全国協会理事長賞の副賞として畜産品が贈呈された

地方馬最先着は3着のカツゲキキトキト(愛知)
取材・文:秋田奈津子
写真:早川範雄(いちかんぽ)

コメント

内田博幸騎手

枠順、馬場、斤量、すべてがうまくいきました。53キロでしたしリズムよく運べば十分やれると思っていました。距離の不安もあったけど問題なかったです。ある程度仕掛けてもすぐに息が入って乗りやすい馬。まだ3歳ですから覚えなければいけないことは多いですよ。初めて金沢で重賞を勝てて嬉しいです。

野中賢二調教師

ここを目標に予定通りに調整できて今日の状態も良かったです。パドックで少しテンションが高かったのですが安心感を与えてあげたらすぐに落ち着きました。納得すればおとなしい馬なので。この馬の長所を分かっている内田騎手が道中もうまく緩めず油断しないで思っていた通りに乗ってくれました。