1. Presented by National Association of Racing
  2. 地方競馬のオンライン情報誌ウェブハロン
  3. ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。

レーススケジュール・概要を開く

グランダム・ジャパン2019

地方競馬では、牝馬競走の振興と牝馬の入厩促進を図るため、今年で10年目となる 世代別牝馬重賞シリーズ 「GRANDAME-JAPAN2019(グランダム・ジャパン2019)」を実施します。

全国各地で行われる牝馬重賞を世代別に体系づけ、競走成績によりポイントを付与。2歳、3歳、古馬の世代別ポイント獲得上位馬に対し、協賛各団体から日本軽種馬協会を通じボーナス賞金が授与されます。地方競馬の優れた牝馬の活躍の舞台を広げるとともに、交流を促進して魅力ある牝馬競走の実施を目指します。

NARサイト 特設サイトはこちら

2歳シーズン レーススケジュール

レース名 実施日 競馬場 距離 地区
園田プリンセスカップ 9.26(木) 園田 1,400m 北陸・東海・近畿
エーデルワイス賞 JpnⅢ 10.10(木) 門別 1,200m 北海道
ラブミーチャン記念 11.7(木) 笠松 1,600m 北陸・東海・近畿
金沢シンデレラカップ 11.12(火) 金沢 1,500m 北陸・東海・近畿
ローレル賞 11.19(火) 川崎 1,600m 南関東
プリンセスカップ 11.25(月) 水沢 1,400m 東北
東京2歳優駿牝馬 12.31(火) 大井 1,600m 南関東
  • 第6回
  • ラブミーチャン記念

11.7 (木) 笠松 1,600m

1番人気に応え逃げ切る
 ポイント暫定1位に浮上

この重賞はプリンセス特別という名称だった時期も含めて、グランダム・ジャパンがスタートした2010年からポイント加算の対象。それ以降の9年では、笠松が5勝で、北海道が3勝、金沢が1勝となっている。ただ、今年も金沢シンデレラカップと日程が接近しているために遠征馬が分散。出走馬は、北海道2頭、笠松が8頭という内訳になった。

とはいえ、そのうち笠松でデビューした馬は3頭だけで、あとの7頭は門別でデビュー。そうなると門別競馬場でJRA認定戦を制した実績がある3頭に人気が集まるのは必然で、前走の園田プリンセスカップで2着に入ったテーオーブルベリーが1.5倍の支持。笠松所属でも門別でデビュー勝ちしていたニュータウンガールが3.2倍、北海道のもう1頭キタカラキタムスメが7.4倍でレースを迎えた。

今年の出走馬はすべて、距離経験が1400メートルまで。前走で逃げていたのはニュータウンガールだけだったが、その馬よりも内枠からスタートしたテーオーブルベリーも先手を主張して、最初の4コーナーでコーナーワークを利して先頭に立った。

2番手には逃げ切りで2勝を挙げているボルドープリュネがつけ、ニュータウンガールは競らずに3番手を選択。ホームストレッチで10頭の隊列は縦に長くなった。

2コーナーではペースが緩んだように見えたが、向正面に入ったところでテーオーブルベリーの川原正一騎手は後続との差を広げにかかった。川原騎手は兵庫所属でも、もともとは笠松のリーディングジョッキー。「今日の園田で乗ることになっていた馬もいましたが、田中淳司先生からの依頼だし、笠松に行っていいですよということになって」という経緯があったとのこと。4コーナーでは追い上げてきたニュータウンガールに半馬身差まで迫られたが、陣営の期待に応えて最後まで先頭を守り切った。

一方のニュータウンガールは力尽きたというかたちで3馬身差の2着。「初めての1600メートルで、最後に苦しくなってしまいました。1回でも経験があれば、もうすこし違ったと思うんですが」と向山牧騎手は話しながらも、表情としては完敗といった様子だった。3着には9番手からレースを進めたワイエスキャンサーが食い込んできたが、2着との差は5馬身。キタカラキタムスメは4着で、大畑雅章騎手は「いい位置を取れましたが、早いうちに手応えがなくなってしまいました」と振り返った。

勝利をおさめたテーオーブルベリーは、グランダム・ジャパンのポイント数を24に増やし、現時点で1位に浮上。2位は同じ厩舎のコーラルツッキーで20ポイントとなっている。

そのコーラルツッキーは11月19日のローレル賞(川崎)に登録。3位に15ポイントで並んでいるアザワクとスティローザも登録している。それでもテーオーブルベリーが2歳クイーンの座に就くチャンスは十分。笠松遠征を任された佐藤貴宏厩務員によると「このあとは北海道に連れて帰って、次以降を考えることになると思います」とのことだ。

  • 取材・文
  • 浅野靖典
  • 写真
  • 宮原政典(いちかんぽ)

Comment

川原正一 騎手

勝ててうれしいですし、ホッとしました。内枠でしたから、スタートが決まったら先手を取ろうと考えていました。初コースだったからか道中はいろいろと物見をしていて、ゴール前でもフワフワしていましたね。まだ幼いところがある馬ですから、そのあたりが成長してくればトップクラスになれると思います。

佐藤貴宏 厩務員

2回目の長距離輸送でしたが、今回も一緒に馬運車に乗る馬がいたので、安心して輸送することができました。前の日の昼過ぎに到着してからはおとなしかったのですが、今日は装鞍所でもパドックでもテンションが高かったですね。でもこれはいつものことなので、それほど心配はしていませんでした。