1. Presented by National Association of Racing
  2. 地方競馬のオンライン情報誌ウェブハロン
  3. ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。

レーススケジュールを開く

JBCレースハイライト一覧

JBC前哨戦
レース名 実施日 グレード 競馬場
レパードステークス 8/4(日) GⅢ JRA新潟
エルムステークス 8/11(祝日) GⅢ JRA札幌
クラスターカップ 8/12(振月) JpnⅢ 盛岡
サマーチャンピオン 8/14(水) JpnⅢ 佐賀
ブリーダーズゴールドカップ 8/15(木)★ JpnⅢ 門別
テレ玉杯オーバルスプリント 9/12(木) JpnⅢ 浦和
シリウスステークス 9/28(土) GⅢ JRA阪神
白山大賞典 10/1(火) JpnⅢ 金沢
JBC指定競走
レース名 実施日 グレード 競馬場
ビューチフルドリーマーカップ 8/25(日) 水沢
アフター5スター賞 8/28(水)★ 大井
青藍賞 9/8(日) 盛岡
東京記念 9/18(水)★ 大井
秋桜賞 9/19(木) 名古屋
珊瑚冠賞 9/22(日)★ 高知
姫山菊花賞 10/4(金) 園田
道営スプリント 10/8(火)★ 門別
Road to JBC
レース名 実施日 グレード 競馬場
日本テレビ盃 9/23(祝月) JpnⅡ 船橋
東京盃 10/2(水)★ JpnⅡ 大井
レディスプレリュード 10/3(木)★ JpnⅡ 大井
マイルチャンピオンシップ南部杯 10/14(祝月) JpnⅠ 盛岡
JBC
レース名 実施日 グレード 競馬場
JBCクラシック 11/4(祝月) JpnⅠ 浦和
JBCスプリント 11/4(祝月) JpnⅠ 浦和
JBCレディスクラシック 11/4(祝月) JpnⅠ 浦和

★マークはナイター開催です。

  • 第39回
  • 白山大賞典 JpnⅢ

10.1 (火) 金沢 2,100m

直線抜け出し連覇達成
 メンバー次第でJBCも

最高気温30度、晴、良馬場で実施されたこの日の金沢競馬は、第1レースから各騎手がインコースを大きく空けるレースが続いていた。

「先週、砂を補充してから、さらに内が使えなくなりました。ここなら大丈夫だろうと馬場の真ん中を通って先頭に立ったら、外ラチ沿いの馬に差し切られましたし」と、畑中信司騎手は苦笑い。柴田勇真騎手は「コースロスを少なくしようと考えて乗るよりも、思い切り外を回るほうがいいのかもしれません」と、馬場の傾向を掴みかねている様子だった。

はたしてその馬場に、金沢所属以外の騎手はすぐに対応できるものなのか。笠松のキタノイットウセイが出走取消で9頭立てになった今年の白山大賞典JpnⅢは、このレース連覇を狙うグリムが2.1倍で単勝1番人気。デルマルーヴルが2.8倍の2番人気で、5番人気までがJRAからの遠征馬。6番人気は佐賀のグレイトパールだったが、112.1倍だった。

出走馬のなかで、近走で逃げていたのはリアンヴェリテだけ。ゲートが開くとそのリアンヴェリテが先手を取ったが、直後にノーヴァレンダが陣取った。それは逃げ馬にとって厳しいかたち。そのプレッシャーを振り払うかのように、リアンヴェリテの福永祐一騎手は、馬場の中央付近を通る作戦に出た。その距離ロスは相当なもので、3番手を進んだグリムもその影響を受けていた。

それでもノーヴァレンダはリアンヴェリテを右斜め前に見る位置をキープ。その展開では、リアンヴェリテが2周目3コーナーあたりで失速したのは仕方ないところだろう。代わってノーヴァレンダが先頭に立つと、グリムも続き、その後ろからは、大外を回ってデルマルーヴル、インコースを通ってテルペリオンが上昇してきた。

残り200メートル地点では4頭が横に広がり、そのなかからグリムが先頭に。そしてそのまま押し切った。デルマルーヴルは猛然と差を詰めてきたが、クビ差だけ届かず。これで3戦連続での2着となった。

「デルマルーヴルがくるのは分かっていたので、その前に動いていきました」と、グリムの濱中俊騎手はホッとしたという表情。デルマルーヴルの吉原寛人騎手は「1コーナーで前の馬がかなり外を回ったのが厳しかったです。でもグリムはしぶといですね」と話した。

先行したノーヴァレンダは3/4馬身差で3着。そして5着には、地元から唯一の出走となったティモシーブルーが食い込んだ。「JRAのペースにはなかなかついていけないですが、この内容なら北國王冠や中日杯が楽しみになります」と、畑中騎手は笑顔を見せた。

佐賀のグレイトパールは、そこからアタマ差での6着。川田孝好調教師は「状態は帝王賞のときよりも上という感じでしたが、ジョッキー(鮫島克也騎手)は道中の反応がいまひとつだったと言っていました」と振り返った。グレイトパールはこのあと、九州大賞典、中島記念、そして佐賀記念JpnⅢに進む予定とのこと。実力馬が復活するのか、楽しみだ。


  • 地方馬最先着は5着の
    ティモシーブルー(金沢)

  • 地方競馬全国協会理事長賞の
    副賞として畜産品が贈呈された
  • 取材・文
  • 浅野靖典
  • 写真
  • 早川範雄(いちかんぽ)

Comment

濱中俊 騎手

外枠だったので、前に行く馬を見ながら進められればと考えていましたが、そのとおりのレースができました。デルマルーヴルとは4キロの斤量差がありましたが、並ばれそうになるとしぶといですね。最後までよくしのいでくれました。まだ体にゆるいところがありますし、これからも強くなっていくと思います。

野中賢二 調教師

昨年と馬場の様子がかなり違うので、レース前に騎手としっかり打ち合わせして臨みました。でも道中はかなり外を回らされましたね(苦笑)。それでも地方の馬場では安定していますし、3番手を取った時点でいい勝負になると思いました。次は出走メンバーによっては、JBCを考えてもいいのかなと思います。