1. Presented by National Association of Racing
  2. 地方競馬のオンライン情報誌ウェブハロン
  3. ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。

レーススケジュールを開く

JBCレースハイライト一覧

JBC前哨戦
レース名 実施日 グレード 競馬場
レパードステークス 8/4(日) GⅢ JRA新潟
エルムステークス 8/11(祝日) GⅢ JRA札幌
クラスターカップ 8/12(振月) JpnⅢ 盛岡
サマーチャンピオン 8/14(水) JpnⅢ 佐賀
ブリーダーズゴールドカップ 8/15(木)★ JpnⅢ 門別
テレ玉杯オーバルスプリント 9/12(木) JpnⅢ 浦和
シリウスステークス 9/28(土) GⅢ JRA阪神
白山大賞典 10/1(火) JpnⅢ 金沢
JBC指定競走
レース名 実施日 グレード 競馬場
ビューチフルドリーマーカップ 8/25(日) 水沢
アフター5スター賞 8/28(水)★ 大井
青藍賞 9/8(日) 盛岡
東京記念 9/18(水)★ 大井
秋桜賞 9/19(木) 名古屋
珊瑚冠賞 9/22(日)★ 高知
姫山菊花賞 10/4(金) 園田
道営スプリント 10/8(火)★ 門別
Road to JBC
レース名 実施日 グレード 競馬場
日本テレビ盃 9/23(祝月) JpnⅡ 船橋
東京盃 10/2(水)★ JpnⅡ 大井
レディスプレリュード 10/3(木)★ JpnⅡ 大井
マイルチャンピオンシップ南部杯 10/14(祝月) JpnⅠ 盛岡
JBC
レース名 実施日 グレード 競馬場
JBCクラシック 11/4(祝月) JpnⅠ 浦和
JBCスプリント 11/4(祝月) JpnⅠ 浦和
JBCレディスクラシック 11/4(祝月) JpnⅠ 浦和

★マークはナイター開催です。

  • 第59回
  • 姫山菊花賞

10.4 (金) 園田 1,700m

外枠でも迷いない先行策
 人気馬を振り切り重賞5勝目

昨年はこのレースを勝ったタガノゴールドがJBCクラシックJpnⅠに出走し、地方馬最先着となる9着だった。今年の姫山菊花賞は連覇を狙う同馬のほか、浦和と笠松から1頭ずつが参戦しフルゲートとなる12頭立てで行われた。

単勝10倍以下は4頭で2.3~5.6倍と拮抗。というのも、各馬に多少の不安要素があり、1番人気のタガノゴールドは太め感はないもののプラス11キロ、続いて同じ3.9倍だが票数の差で2番人気がメイショウオオゼキで、3番人気はマイタイザン。前者は重賞をなかなか勝ちきれず、後者は重賞7勝と実績では抜けているものの5カ月の休み明け。そして4番人気はストーミーワンダー。1400~1600メートルで重賞4勝を挙げているため、1700メートルという距離が不安視された。しかし、結果的に見事にそれを跳ねのけることとなる。

好スタートから先手を奪ったのはマイタイザン。「休み明けでしたが、スタートはいつも通りでした」と杉浦健太騎手。そこにスーッと外から2番手を取りに行ったのはストーミーワンダー。騎乗予定だった佐藤友則騎手が前週に落馬負傷し、渡邊竜也騎手に手替わりしたが、ストーミーワンダーを管理し同騎手の師匠でもある笹野博司調教師は「2番手を取りに行った判断が冴えていましたね」と潔い騎乗を称えた。一方でメイショウオオゼキはスタートのタイミングが合わず1馬身以上出遅れてしまった。

すぐに隊列は決まったが、「もう少し楽ができればよかったです。ずっとストーミーワンダーにプレッシャーをかけられていました」(杉浦騎手)と、ペースは比較的流れた。中団を追走していたタガノゴールドが向正面半ばから馬群を縫いながら進出。その気配を察してストーミーワンダーもペースアップすると4コーナー手前で早くも先頭に立ち、タガノゴールドを3/4馬身差で振り切って勝利。2馬身半差の3着はエイシンミノアカで、田中学騎手は「いい感じにペースが流れて、今日は集中力も途切れずに走れました。前を捕らえられると思ったのですが」と話した。

ストーミーワンダーは今年に入って重賞5勝目。その充実ぶりは調教にも表れており、「昨年までは1400メートル戦でもかかっていましたが、最近は調教でもかからなくなって今なら1900メートルくらいまでもつかなと思い、このレースを選びました」と笹野調教師。渡邊騎手は飛山濃水杯とくろゆり賞で騎乗し勝利しているが、「調教は基本的に佐藤さん(騎手)がつけてくださっていました。今回は初めて自分で追い切りをつけたんですよ」とデビュー3年目で、また1つ新たな経験を積んだ。

姫山菊花賞はJBC指定競走で、昨年はここからJBCクラシックJpnⅠに出走したタガノゴールドだが、「湿った馬場が苦手とはいえ、ここで負けてしまうようでは……」(新子雅司調教師)と、次走は地方馬同士のレースになる見込み。そして、勝ったストーミーワンダーは「レース前はゴールド争覇(名古屋)から笠松グランプリ(笠松)を最終目標に、というプランを描いていました。また短距離路線にいくかもしれませんが、オーナーと相談したいと思います」と笹野調教師。今後の距離選択を含めて注目が集まる。

  • 取材・文
  • 大恵陽子
  • 写真
  • 桂伸也(いちかんぽ)

Comment

渡邊竜也 騎手

この距離の外枠はスタートで滑ると聞いたので、そこだけ気をつけていました。マイタイザンが逃げたら2番手に行きやすいと考えていて、その通りになったので「行っちゃえー!」と迷いなく行きました。(勝負どころは)もっとじっくり行きたかったですが、馬のリズムで仕掛け、最後まで伸びてくれました。

笹野博司 調教師

外枠は不利と聞いていましたが、逆に揉まれずスムーズに運べるはずだ、とレース前に騎手と話していました。位置取りは任せていましたが、度胸よく2番手に行った時点で勝てる確率はかなり上がったと感じました。地元では(渡邊)竜也と勝ったことがありましたが、他地区では初めてなので嬉しいです。