地方競馬情報サイト

地方競馬のあらまし

地方競馬の馬主になるには

競馬ファンの皆様であれば、いつかは馬主になりたい!という夢を持っているのではないでしょうか?
自分の愛馬がパドックでファンの前にお披露目され、いざレースとなれば大歓声を受けてコースを疾走する─。
他の競技やスポーツでは決して味わうことのできないドキドキや感動を味わってみませんか?

馬主登録の概要

1.馬主登録の経済的要件
以下の要件を満たしたうえで、競走馬を所有し継続的に預託することが可能であると総合的に認められるかどうかが審査のポイントとなります。
(1)個人
 原則として、直近年における所得金額が500万円以上であること。
 (収入ではなく所得となります)
(2)法人
 ① 払込済資本金又は履行済出資の総額が300万円以上であること。
 ② 直近2か年の決算が連続して赤字となっていないこと。
 ③ 直近の決算において債務超過となっていないこと。
 ④ 法人の代表者の年間の所得金額が、(1)個人の経済的要件を満たしていること。
(3)組合
 ① 組合名義(代表者氏名を併記したもの)で300万円以上の定期預金があること。
 ② 原則として、組合員各々の直近年における所得金額が300万円以上であること。(収入ではなく所得となります)

 注:一時的に得たものと認められる所得(不動産や株式の売却益、競走用馬ファンドの配当金や中央競馬の賞金など)は算入しませんのでご注意ください。

2.馬主登録までの流れ

申請してから登録されるまでの標準の処理期間は、概ね5か月となっています。馬主登録後に登録料として1万円が必要です。

※詳細はhttp://www.keiba.go.jp/association/owner_faq.htmlをご覧ください。