ウェブハロン

ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。

レーススケジュール・概要を開く

2020
ヤングジョッキーズシリーズ

今年4年目を迎える『2020ヤングジョッキーズシリーズ(2020YJS)』は、初めてファイナルラウンドを園田競馬場とJRA阪神競馬場で行います。新型コロナウイルスの感染防止の観点から、当初予定していたトライアルラウンド川崎と金沢が取りやめとなりましたが、12月24日(木)の園田競馬場、12月26日(土)のJRA阪神競馬場のファイナルラウンド出場に向けて、7月21日(火)の盛岡競馬場から各地の地方競馬場を舞台にトライアルラウンドが実施されます。皆さまのご声援をよろしくお願いいたします。

NARサイト 特設サイトはこちら

Trial Round
トライアルラウンド
5.12(火) 川崎競馬場
6.9(火) 金沢競馬場
7.21(火) 盛岡競馬場
8.13(木) 園田競馬場
8.20(木) 門別競馬場
9.8(火) 佐賀競馬場
9.22(祝・火) 高知競馬場
9.29(火) 船橋競馬場
10.14(水) 名古屋競馬場
10.21(水) 浦和競馬場
11.4(水) 笠松競馬場
11.5(木) 大井競馬場
Final Round
ファイナルラウンド
12.24(木) 園田競馬場
12.26(土) JRA 阪神競馬場
  • ヤングジョッキーズシリーズ TR 盛岡

7.21 (火) 盛岡競馬場

2戦とも原騎手が差し切る
 両親の前で最高の滑り出し

第1戦

第2戦

リポート動画

今年のヤングジョッキーズシリーズのトライアルラウンドは、東日本の川崎と西日本の金沢が取り止め。当初の予定より約2カ月遅れて、7月21日の盛岡競馬場からスタートすることになった。

そして盛岡競馬場には、7月12日から観客の入場が再開。しかしこれが時節柄ということなのか、午前10時前後に盛岡駅前を発車した無料送迎バスには多くの空席があった。この日はマーキュリーカップJpnIIIも行われたが、4連休を間近に控えた平日。祝日だった昨年に比べると、場内の人影は相当に少なかった。

競馬場の入口には検温装置があり、各自が手指を消毒してから入場。パドックには大量のパイロンが置かれていて、ファンは最前列には行けない仕組みになっていた。恒例の出場騎手紹介式が行われなかったのも仕方ないことだろう。

その代わり、出場騎手が騎乗前に整列したときには、たくさんのカメラが向けられた。盛岡競馬場で戦う地方騎手は、地元岩手の塚本涼人騎手と関本玲花騎手、浦和の福原杏騎手と中島良美騎手、大井の吉井章騎手と大木天翔騎手。さらに落馬負傷で休養中の中越琉世騎手に代わって、川崎の古岡勇樹騎手、池谷匠翔騎手(佐賀で期間限定騎乗中)が加わった。

JRA騎手は5名で、そのうち3名が今年デビュー。そういった顔ぶれでのレースだけに、第1戦は人気が割れた。

盛岡競馬場は2日前に、レースが2つ取り止めになるほどの集中豪雨に見舞われた。この日も第1戦がスタートする40分ほど前に、大粒の雨が降ってきた。

それでも幸いなことに、雨雲は20分程度で過ぎ去った。代わりにやってきたのは初夏の太陽。パドックの路面はあっという間に乾き、第1戦に出走する数頭の体には汗が浮かび上がっていた。

第1戦はダート1200メートルで、前走で逃げまたは先行していた馬が多いメンバー構成。それで盛岡コースが初めてという騎手が過半数を占めるのならば、ハイペースになるのは当然だろう。

好スタートを決めた池谷騎手、秋山稔樹騎手、吉井騎手が先頭を争い、岩手で逃げて5戦4勝という馬に騎乗した関本騎手が5番手を追走する流れは、遠くから見ても速いと感じるものだった。

その流れにうまく乗れたのが、中団より後ろにいた騎手たちだった。4コーナーで外を回った原優介騎手が一気に伸びて勝利をつかみ、同じ位置にいた小林脩斗騎手は最内の狭い場所から伸びてきたが、3/4馬身差で2着。最後方にいた菅原明良騎手が3着に食い込んだ。

1着の原騎手が単勝11番人気で、2着の小林脩斗騎手は最低の12番人気。5着に入った福原騎手が「馬の脚質を考えて早めに動いたんですが、ヤングジョッキーズ的なペースで粘れませんでした」と話したように、この先も“ゴール手前で様相一変”というレースが多くなるのかもしれない。

さっそくそれは第2戦でも見られることになった。ゲートが開くと4頭が並んで先頭に立ち、前走で唯一逃げていた馬に騎乗した中島騎手は6番手。前半の800メートルが48秒0と、C1級にしては速い流れになった。

そして4コーナーでは5頭が横に大きく広がる形。そのいちばん外を回った原騎手が、全速ターンの勢いのまま押し切った。2着に入ったのは直線一旦は抜け出しかけた小林脩斗騎手。後方から直線で伸びてきた地元の塚本騎手は3着。第2戦は単勝3→2→1番人気の順で決まったが、その内容は若手騎手らしいという印象を受けた。

そのゴール付近で、ひときわ大きな声を上げている人がいた。話を聞くと原騎手のご両親で「こういう時期だから目立たないようにしようと思っていたんですが」と、お母さんは涙目。そのことを原騎手に伝えると「本当ですか、恥ずかしい……」と苦笑いしながらも、うれしそうな表情を見せた。

今年デビューのJRAの騎手は、3月1日が初騎乗。だから今回が観客の前でレースをする初めての機会だ。原騎手のお父さんも「デビューの日は競馬場で見せてもらえたんですが、観客席で近くから見るのは初めて」とのこと。「東京から来た甲斐がありました」という言葉どおり、最高の1日になった。

2戦とも2着になった小林脩斗騎手は「エンジンがかかるのがゆっくりでしたが、よく頑張ってくれました」(第1戦)、「直線で進路が開いたのですが、外から来られて」(第2戦)という内容。それでも2戦ともインコースを突いた騎乗には光るものがあった。

一方、地元の2名は善戦まで。塚本騎手は「第2戦は原騎手が一気に上がっていくのが見えたので自分も動きました。それなりに地の利をいかせたとは思うんですが」と残念そう。6着と4着だった関本騎手は「(断然人気だった)第1戦で前に行けなかったのが……」と、心残りがあるようだった。それでも「次の浦和に向けて、しっかりと予習したいです」と、さらなる前進を誓っていた。

  • 取材・文
  • 浅野靖典
  • 写真
  • 早川範雄(いちかんぽ)

Comment

第1戦1着 原優介騎手(JRA)

返し馬のときから雰囲気がよくて、自信を持ってゲート裏まで行きました。最後は鋭く伸びてくれましたし、スタンドからの声も聞こえました。その後押しもあったのかなと思います。初めてお客さんの前で乗りましたが、パドックなどでもその点はあまり気にならなかったです。

第2戦1着 原優介騎手(JRA)

レース前に調教師さんに相談して、外枠だったのでそれをいかして、馬に精神的なロスをさせないように乗ろうと考えました。道中は流れに乗れましたし、馬が実力を発揮してくれたおかげで勝てましたね。今回は2勝させていただきましたが、このあともまた勝てるように、いい仕事をしていきたいと思います。