ウェブハロン

ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。

レーススケジュール・概要を開く

2020
ヤングジョッキーズシリーズ

今年4年目を迎える『2020ヤングジョッキーズシリーズ(2020YJS)』は、初めてファイナルラウンドを園田競馬場とJRA阪神競馬場で行います。新型コロナウイルスの感染防止の観点から、当初予定していたトライアルラウンド川崎と金沢が取りやめとなりましたが、12月24日(木)の園田競馬場、12月26日(土)のJRA阪神競馬場のファイナルラウンド出場に向けて、7月21日(火)の盛岡競馬場から各地の地方競馬場を舞台にトライアルラウンドが実施されます。皆さまのご声援をよろしくお願いいたします。

NARサイト 特設サイトはこちら

Trial Round
トライアルラウンド
5.12(火) 川崎競馬場
6.9(火) 金沢競馬場
7.21(火) 盛岡競馬場
8.13(木) 園田競馬場
8.20(木) 門別競馬場
9.8(火) 佐賀競馬場
9.22(祝・火) 高知競馬場
9.29(火) 船橋競馬場
10.14(水) 名古屋競馬場
10.21(水) 浦和競馬場
11.4(水) 笠松競馬場
11.5(木) 大井競馬場
Final Round
ファイナルラウンド
12.24(木) 園田競馬場
12.26(土) JRA 阪神競馬場
  • ヤングジョッキーズシリーズ TR 佐賀

9.8 (火) 佐賀競馬場

塚本騎手が3年ぶりのYJS勝利
 地元金山騎手は初出場での勝ち星

第1戦

第2戦

リポート動画

台風一過で、爽やかな風が吹いた佐賀競馬場。非常に大きな勢力の台風10号が前日、九州に最接近したが、幸いにも佐賀競馬場に大きな被害はなく、ヤングジョッキーズシリーズ(YJS)の出場騎手たちも無事、到着できた。

トライアルラウンド佐賀ではYJS初出場のルーキーが4名。昨年10月デビューの金山昇馬騎手(佐賀)と、今年4月デビューの魚住謙心騎手(金沢)、深澤杏花騎手(笠松)、細川智史騎手(愛知)。このうち、深澤騎手は同じ東海地区の細川騎手や職員と共に佐賀入り。新幹線移動を伴う他地区への遠征自体も初めての経験だ。

一方、2年目を迎え飛躍を遂げたのは亀田温心騎手(JRA)と團野大成騎手(JRA)で、先週で終了したJRA北海道シリーズでともに17勝を挙げた。それに対し團野騎手は「函館に比べると、札幌では勝てませんでした」と苦い表情を見せたが、先輩騎手に交じって存在感は示した。

第1戦は陣営が「揉まれずに競馬をしてほしい」とコメントした馬たちが内枠に揃ったこともあり、先行する馬が多くなることが予想された。単勝は塚本雄大騎手(高知)が1番人気で2.4倍。続いて服部寿希騎手(JRA)3.5倍、亀田騎手4.8倍までが10倍以下となった。

ゲートが開くと、戦前の予想通り先行争いに5頭が固まった。その中から川又賢治騎手(JRA)がハナに立ち、先頭から最後方まで各馬1馬身ほどの差で1コーナーを回った。向正面半ばで亀田騎手がムチを入れて進出を開始すると、最後方にいた出水拓人騎手(佐賀)も追随。そして、彼らが来た気配を察して動いたのが4~5番手にいた塚本騎手とマイネルポーションで、直線で後続を突き放し4馬身差で勝利した。

「今年こそはファイナルに行きたい思いで臨んで、TR1戦目で結果を出せてよかったです」と笑った塚本騎手。YJSが創設された2017年から出場しており、勝利はその年のTR金沢第2戦以来だった。

もう1人、笑顔だったのは2着の出水騎手。「4~5番手につける予定が、スタート後に挟まれてズルズルと最後方からになって、『もう終わった。ファイナルに行けん……』って思っていました」と、一度は諦めたところから高ポイントをゲットした。さらに4馬身差の3着に亀田騎手、4着に細川騎手、5着魚住騎手。細川騎手は「ゲートはタイミングが合いませんでしたが、向正面から行きたがっていたので、馬に任せて行かせた結果です」と淡々と振り返り、対照的に同期の魚住騎手は「初めてのYJSで少し緊張していましたが、いざゲートを出て走ると、すごく楽しかったです!」と目を輝かせた。

第2戦はやや混戦模様。単勝は齋藤新騎手(JRA)が1番人気で2.7倍、金山騎手4.9倍、細川騎手6.1倍、石堂響騎手(兵庫)7.7倍、團野騎手8.4倍までが10倍以下だった。

好スタートからハナを奪ったのは1番人気の齋藤騎手。しかし、他馬が競りかけ、2コーナーを回ったところで團野騎手が先頭に代わり、外に亀田騎手、内に齋藤騎手となった。激しい先行争いが影響したのか、向正面半ばで齋藤騎手と團野騎手は後退。代わって内からスルスルと馬群を縫って先頭に立ったのは金山騎手とシゲルオリオンザで、直線もリードを広げて大差で勝利。引き揚げてくると笑顔満開で、厩舎スタッフに「ありがとうございます!」と元気よくお礼を言った。「レース前に厩舎スタッフからアドバイスをもらっていました。本当に嬉しいです」とのことで、それらが上手くいったのだろう。

2着は細川騎手で、「内が重たいのは分かっていましたが、みんな外に出してくると思って、逆に内を攻めました」という作戦。2馬身半差の3着に石堂騎手、4着出水騎手。5着深澤騎手は「馬場が深くて、押してもなかなか進んでいかなくて」と、普段乗っている笠松の軽い馬場との違いに苦戦したようだった。

レースを終えて多くの騎手が帰り支度をしているところ、石堂騎手がそわそわしていた。「何位くらいですか?4位?3位?」と、とにかく得点が気になるようで、「他の騎手の結果次第では、ファイナルに行けない可能性もありそうですから……」と自己分析。同期の出水騎手はその様子を見ながら「石堂と、毎日一生懸命仕事に取り組んでいる後輩の金山と僕がファイナルに行けたら嬉しいです」と話した。

西日本のTRはまだ2回しか行われておらず、4戦を消化したのは地方所属では石堂騎手と出水騎手のみ。ここからどんどん順位に変化が見られるだろう。次回のYJSは9月22日、高知競馬場で行われる。引き続き、熱い戦いに注目だ。

  • 取材・文
  • 大恵陽子
  • 写真
  • 桂伸也(いちかんぽ)

Comment

第1戦1着 塚本雄大騎手(高知)

印がついている馬で、落ち着いて乗れたら勝てるかなと思っていました。内枠や人気馬に先行馬が多く、中団の亀田騎手が仕掛けてきたら僕も行こうと考えていました。勝負所で手応えが結構あったので、勝てるなと思いました。YJSはこれまで1勝しかしていなかったのですごく嬉しいです。

第2戦1着 金山昇馬騎手(佐賀)

向正面で気合いを一発入れたら馬がやる気を出してフォームが変わって、グイグイ行ってくれました。僕はそれに任せて、いいコースを選びました。普段は3キロ減に甘えて馬場が深い内を走ってしまいますが、前の馬が外めを走っていたことと、この手応えならいけると思って内を選びました。