1. Presented by National Association of Racing
  2. 地方競馬のオンライン情報誌ウェブハロン
  3. ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。

レーススケジュール・概要を開く

3歳秋のチャンピオンシップ2019

本シリーズは、各地の3歳主要重賞競走を戦った有力馬が10月に実施されるダービーグランプリへと集結し、地方競馬の3歳王者の座を競うもので、以下のカテゴリーに応じてボーナス賞金(馬主)が設けられています。また、本年から3歳馬の秋後半の古馬との対戦をより促すため、シリーズ全体の実施時期を前倒ししております。

今年から本シリーズに加わる8月1日の王冠賞を皮切りに3歳王者を目指す戦いがスタートします。

充実の秋、成長の秋、飛躍の秋など競走馬にとって大きな意味合いを持つ「3歳秋」を舞台に繰り広げられる熱戦にどうぞご期待ください。

NARサイト 特設サイトはこちら

レース名 実施日 競馬場 距離
王冠賞 8月1日(木) 門別 1,800m
黒潮盃 8月14日(水) 大井 1,800m
岐阜金賞 8月29日(木) 笠松 1,900m
黒潮菊花賞 9月1日(日) 高知 1,900m
ロータスクラウン賞 9月1日(日) 佐賀 2,000m
秋の鞍 9月3日(火) 名古屋 1,800m
戸塚記念 9月4日(水) 川崎 2,100m
園田オータムトロフィー 9月5日(木) 園田 1,700m
サラブレッド大賞典 9月8日(日) 金沢 2,000m
不来方賞 9月16日(祝月) 盛岡 2,000m
西日本ダービー 9月16日(祝月) 高知 1,900m
■ダービーグランプリ 10月6日(日) 盛岡 2,000m
  • 第48回
  • 戸塚記念

9.4 (水) 川崎 2,100m

早め先頭からライバルを振り切る
 東京ダービー馬が地元で貫禄勝ち

今年の南関東クラシック牡馬路線は、東京ダービー馬ヒカリオーソ、羽田盃馬ミューチャリー、無冠ながらも高いレベルで走り続けるウィンターフェルの3強が、上位に君臨してきた。

そんな3強がひと夏越して、いよいよ秋の始動。『3歳秋のチャンピオンシップ』の一戦として昨年から南関東S1に格上げされた戸塚記念に、ヒカリオーソとウィンターフェルが満を持して参戦。なお、ミューチャリーはセントライト記念GⅡ(JRA中山・9月16日)への参戦を表明している。

2頭への期待の表れから、ヒカリオーソが1番人気で単勝2.3倍、ウィンターフェルは2番人気で2.5倍。やはり、この2強が強かった。

トーセンボルガが何が何でもという形で先頭に立ち、1周目の3~4コーナーではすでに縦長の展開。好位の競馬も想定していたというヒカリオーソは、好スタートを決めると2番手から。その直後にウィンターフェルが続いた。

「無理に競るよりは行かせようと思ったので、あの位置は想定内です。これまでも気合のいい馬ですが、今日の前半はいつもより行きたがっていたので苦労しました」と、ヒカリオーソの山崎誠士騎手は振り返っていたが、1周目のホームストレッチではだいぶ落ち着きも取り戻したという。

レースが動いたのは3コーナー手前から。グリードパルフェが上がってくると、ヒカリオーソも譲らず、そのまま先頭へ。「ペースもそれほど速くなかったので、誰かしらは来るかなと思っていたので、来たら動かざるを得ないし、あそこからゴーサインを出しました。脚はまだ残っていたので、これなら大丈夫だろうという手応えはありました」(山崎騎手)

3~4コーナーではウィンターフェルが抜群の手応えで差を詰めてきた。しかし、最後の直線ではヒカリオーソをとらえられそうでとらえきれない。「キャリアは積んでいますが精神的にまだ幼いというか、なんで先頭に立ちたくないのかなぁ。馬に聞いてみないことにはわからないですが……」と、ウィンターフェルの森泰斗騎手。

そんなウィンターフェルを尻目にヒカリオーソはさらに二枚腰を発揮し、最後までその差を詰めさせず、1馬身差をつけての勝利。3着のグリードパルフェにはさらに5馬身差がついた。

「強かったですね。テンよし、中よし、終いもしっかりしているし、ちょっとハミ受けで気になるところはありますが、特に癖もなく乗りやすいので、オールマイティーな馬です。ただ、後ろから脚音が聞こえてきたので、ヒカリオーソのこの手応えでもまだついてくる馬がいるんだって思いました。ウィンターフェルも強い馬ですね」(山崎騎手)

ヒカリオーソの父は、地方競馬の希代なる名馬フリオーソ。息子は父のような大型馬ではないが、それでもひと夏越して馬体重を7キロ増やし、455キロ。より力強さも出てきたそうで、クラシックの時よりさらにパワーアップしたかのような強さを感じさせた。父譲りの真面目さと勝負根性も武器で、父のような長きに渡る活躍を期待したい。

  • 取材・文
  • 高橋華代子
  • 写真
  • 築田純(いちかんぽ)

Comment

山崎誠士 騎手

厩舎の皆さんが一生懸命仕上げてくれたので、少し間隔は空きましたが、それを感じさせないようなすごくいい仕上がりで、自信を持って乗りました。東京ダービー馬としてプレッシャーもあって緊張しました。ダービーもうれしかったですが、地元の重賞で勝つことができたこともすごくうれしいです。

岩本洋 調教師

応援してくださった皆さんのお陰で感謝しています。最終追い切りも非常に動きはよかったので、ダービー馬に恥じないようなレースができるように、仕上げはきっちりやりました。この後はダービーグランプリも目標にしていきたいですが、あくまでも馬の状態を見てからということになりますね。