データ分析 Data Analysis

手に汗握る真夏のハンデ重賞

佐賀1400mはコーナー4つの小回りコースと短い直線の対応がポイントとなる。2012年から9年連続で勝ち馬はサマーチャンピオンを重賞初勝利としており、重賞未勝利馬の挑戦にも注目しておきたい。ここでは過去10年のデータから傾向を分析していく。

JRA馬が優勢だが地方馬も健闘

10回中9回でJRA馬が勝利し、うち1~3着独占が5回。地方馬は18年にエイシンバランサー(兵庫)が勝利するなど、3着内に計6頭と健闘しているが、ここ2年はともに5着が最高となっている。なお、地方馬の3着内は兵庫3頭、愛知、笠松、高知が各1頭で、佐賀の馬券圏内はない。[表1]

[表1]所属別成績(過去10年)

所属 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 3着内率
JRA 9 7 8 19 20.9% 37.2% 55.8%
兵庫 1 1 1 3 16.7% 33.3% 50.0%
東海地区 0 2 0 11 0.0% 15.4% 15.4%
高知 0 0 1 7 0.0% 0.0% 12.5%
佐賀 0 0 0 41 0.0% 0.0% 0.0%

1番人気が安定

1番人気は3勝に留まっているが、2着2回、3着3回で3着内率は80%と、安定した成績を残している。2番人気は4着以下6回と人気を裏切るケースが多いが、3番人気は3着内率80%、4番人気は同60%と健闘しており、4番人気以内での決着が6回ある。なお5番人気以下の3着内4回はいずれも地方馬となっている。[表2]

[表2]単勝人気別成績(過去10年)

単勝人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 3着内率
1番人気 3 2 3 2 30.0% 50.0% 80.0%
2番人気 2 1 1 6 20.0% 30.0% 40.0%
3番人気 2 3 3 2 20.0% 50.0% 80.0%
4番人気 2 2 2 4 20.0% 40.0% 60.0%
5番人気 1 2 0 7 10.0% 30.0% 30.0%
6番人気以下 0 0 1 60 0.0% 0.0% 1.6%

4~6歳が優勢

5歳と6歳がともに4勝、2着2回と好成績を挙げており、4歳が1勝、2着3回と、1、2着は4~6歳に集中する傾向。3歳は6頭と出走数自体が少なく、2着1回のみだが、今年は施行時期が例年より半月ほど遅いため、3歳馬の出番もあるかもしれない。[表3]

[表3]年齢別成績(過去10年)

年齢 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 3着内率
3歳 0 1 0 5 0.0% 16.7% 16.7%
4歳 1 3 1 2 14.3% 57.1% 71.4%
5歳 4 2 4 13 17.4% 26.1% 43.5%
6歳 4 2 2 19 14.8% 22.2% 29.6%
7歳 0 1 2 18 0.0% 4.8% 14.3%
8歳以上 1 1 1 24 3.7% 7.4% 11.1%

外枠が好成績

6番より外が7勝、あとの3勝も4番2勝、5番1勝で、3番より内は勝っていない。また、10~12番は16年を除く9回で馬券に絡んでいる一方、1番は3着以内がなし。内の砂が深い影響か、内枠不利、外枠有利の傾向が顕著となっている。[表4]

[表4]3着以内馬の馬番(過去10年)

11年 12年 13年 14年 15年 16年 17年 18年 19 年 20年
頭数 11頭 11頭 11頭 11頭 12頭 12頭 11頭 10頭 11頭 11頭
1着 11 6 9 4 8 4 9 10 10 5
2着 2 11 10 2 10 6 3 3 2 12
3着 3 4 3 10 5 7 10 8 9 7

注記:13年は6番出走取消。18年は5番出走取消。20年は10番競走除外。

重賞未勝利馬にも注目

JRA馬では7月のプロキオンステークスGIIIを使われてきた馬が好成績を残すケースが多いが、直近で3勝クラス(準オープン)やオープン特別戦を勝ったばかりという馬も通用している。12年以降、JRAの勝ち馬は、ここが重賞初制覇となっているが、裏を返せば実績のあるトップハンデ馬が不振で、勝ったのは11年のスーニ(58.5kg・JRA)のみ。

勝つのはこういう馬!

『直近のレースで勝利を挙げていたJRA馬で、重賞実績よりも近走の好調度を重視』したい。地方馬もダートグレード競走で上位実績があれば通用する余地も。今年は施行時期の移動や、プロキオンステークスGIIIが阪神または中京1400mから小倉1700mとなり、傾向が変わる可能性もある。

(上妻 輝行)

過去20年の所属別成績

  • 1着

  • 2着

  • 3着

注記

当ページの情報は、特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。