JRAネット投票で買える
JBC
JBCクラシック

11月3日(祝水)金沢 右2100m 16:20発走JpnI

JBCクラシック

What is JBC レース概要

JBCクラシックは生産者が主導するダートチャンピオン決定戦として、2001年に創設された。第1回、地方競馬所属のマキバスナイパーが、レギュラーメンバーにクビ差で惜敗以降、いまだに地方馬はタイトル奪取を成しえていないが、今年こそは期待がかかる。

距離は2000mを中心に、開催場のコース形態に合わせて実施。これまで大井2000mで8回、川崎2100mで3回、盛岡2000m、名古屋1900mで各2回、園田1870m、船橋1800m、金沢2100m、浦和2000m、JRA京都1900mで各1回ずつ、主に11月初旬に行われてきた。秋から冬にかけての古馬中距離ダートGI/JpnI路線の重要な一戦。

創設から10年まで地方競馬では最高の1着賞金1億円。JBCレディスクラシックが行われるようになった11年からの1着8000万円も、国際GIの東京大賞典と並んで地方競馬最高賞金で争われる。

これまで3連覇を達成したのは2頭、2連覇は3頭。また、このレースを制し頂点へ昇りつめた馬は数知れず。今年もどんなドラマが待っているのか、その目で確かめたい。

(中村 勇好)

実施日
2021年11月3日(祝水)
競馬場
金沢競馬場
距離
ダート右回り 2100m
出走資格
サラブレッド系 3歳以上
1着賞金
8000万円
負担重量
定量(3歳55kg、4歳以上57kg、牝馬2kg減)

2020年 クリソベリル 
昨年の1・2着馬を完封

2019年 チュウワウィザード 
人気2頭の一騎打ちはハナ差で決着

2018年 ケイティブレイブ 
JpnI・3勝目でさらなる高みへ

What is JBC レース体系

レース体系

コース紹介

JBCクラシック(金沢・右2100m)

1周1200mの平坦コースで直線は236m。2コーナー奥ポケット地点からのスタートとなり、最初のコーナーまで距離はあるが長丁場とあって1500mのレースよりは位置取りが重要となり、先行争いが激しくなる傾向。

大外枠が当たった先行馬は、道中の距離ロスを考えると、何としてでも良いポジションが欲しいところ。ただ、ある程度ポジションが決まり、先行集団が落ち着いた1周目4コーナーからスタンド前で、後方から奇襲を仕掛けてくるジョッキーも多く見られ、ここでの攻防は見もの。そして勝負が決まる2周目2コーナー過ぎ、残り800m地点では悪くても好位に取りついていないと厳しいように思える。

過去を遡っても追い込んで勝利した馬は近年ではいない。今年1月に砂を入れ替えたことにより、先行馬有利、スピード決着の傾向が強まった馬場。ましてや、この時期の金沢は降雨が多く、道悪がほとんど。先行馬有利の傾向は更に強くなりそう。

9月22日に行われる白山大賞典(JpnIII)が同じ条件となっており、そのレース結果が参考になりそうだ。

(中村 勇好)

過去3年の競走成績

2020年 第20回

JBCクラシック

2020年
11月3日(火)

大井 右2000m

天候:曇 馬場:稍重

1着 クリソベリル 2:02.5 1人気
2着 オメガパフューム 2 1/2 2人気
3着 チュウワウィザード 2 3人気

2019年 第19回

JBCクラシック杯

2019年
11月4日(月)

浦和 左2000m

天候:晴 馬場:重

1着 チュウワウィザード 2:06.1 1人気
2着 オメガパフューム ハナ 2人気
3着 センチュリオン 4 6人気

2018年 第18回

JBCクラシック

2018年
11月4日(日)

京都 右1900m

天候:晴 馬場:良

1着 ケイティブレイブ 1:56.7 3人気
2着 オメガパフューム 3/4 2人気
3着 サンライズソア 1 1人気

アクセス

開催場所
金沢競馬場
(石川県金沢市八田町西1)
公共交通機関
JR、IRいしかわ鉄道「金沢駅」
無料バス:金沢港口(西口)バスターミナル1番乗り場乗車
車・タクシー
「小松空港」から約40分
北陸新幹線「金沢駅」から約20分
北陸自動車道「金沢東I.C.」から約6分
駐車場
約5000台(無料)