JRAネット投票で買える
JBC
JBCスプリント

11月3日(祝水)金沢 右1400m 15:00発走JpnI

JBCスプリント

What is JBC レース概要

JBCスプリントはダートスプリント王決定戦として、クラシックとともに2001年に創設された。開催場は持ち回りで、コース形態に合わせて距離を変更。大井では1200mで7回、1190mで1回の計8回、川崎では1400m2回、1600m(JBCマイルとして実施)1回で計3回、盛岡1200m、名古屋1400mで各2回、船橋1000m、JRA京都1200m、園田、金沢、浦和の各1400mで1回ずつ実施されている。

コース設定によって求められる要素が異なり、スピードに加えてパワーや器用さも問われるのが特徴。ダートでは唯一のスプリントGI/JpnIであり、ここでの勝者が名実ともにダートの短距離王となることは間違いないが、これまで2勝したのはスーニただ1頭で毎年、勝ち馬が違う入れ替わりの激しいレース。ここ2年は地方所属馬が勝利しており、各馬にチャンスがあると思われる。今年もまた新たなヒーローの誕生が見られそうだ。

(中村 勇好)

実施日
2021年11月3日(祝水)
競馬場
金沢競馬場
距離
ダート右回り 1400m
出走資格
サラブレッド系 3歳以上
1着賞金
6000万円
負担重量
定量(3歳56kg、4歳以上57kg、牝馬2kg減)

2020年 サブノジュニア 
地元の生え抜きが殊勲の勝利

2019年 ブルドッグボス 
地方馬として3頭目のJBC勝利

2018年 グレイスフルリープ 
8歳にして掴んだビッグタイトル

What is JBC レース体系

レース体系

コース紹介

JBCスプリント(金沢・右1400m)

ゴール板手前200m地点からの発走。スプリント戦だがコーナーは4回廻る。スタート地点から最初のコーナーまでは300m程と短く、先行争いは激しくなる傾向。

2019年の馬場改修工事以降は内ラチから4~5頭分空けて走ることが多くなった金沢のコース。内で包まれて砂の深い所を通らされる不利や、大外を廻って距離のロスも生じることもあり、是が非でもベストポジションを確保する必要がある。それにはテンのスピードも必要となってくるが、コースを熟知していることも重要で、ジョッキーの手腕が問われる距離になりそう。

ハイペースになりやすいが、有利な脚質があるワケではなく、ゴールの瞬間まで勝ち馬が分からない、激しい競り合いを見られるのも、この距離の醍醐味だ。

(中村 勇好)

過去3年の競走成績

2020年 第20回

JBCスプリント

2020年
11月3日(火)

大井 右1200m

天候:曇 馬場:稍重

1着 サブノジュニア 1:10.7 8人気
2着 マテラスカイ 1 3/4 7人気
3着 ブルドッグボス 3/4 3人気

2019年 第19回

JBCスプリント杯

2019年
11月4日(月)

浦和 左1400m

天候:晴 馬場:重

1着 ブルドッグボス 1:24.9 6人気
2着 コパノキッキング クビ 2人気
3着 トロヴァオ 3 11人気

2018年 第18回

JBCスプリント

2018年
11月4日(日)

京都 右1200m

天候:曇 馬場:良

1着 グレイスフルリープ 1:10.4 4人気
2着 マテラスカイ クビ 1人気
3着 キタサンミカヅキ 2 1/2 5人気

アクセス

開催場所
金沢競馬場
(石川県金沢市八田町西1)
公共交通機関
JR、IRいしかわ鉄道「金沢駅」
無料バス:金沢港口(西口)バスターミナル1番乗り場乗車
車・タクシー
「小松空港」から約40分
北陸新幹線「金沢駅」から約20分
北陸自動車道「金沢東I.C.」から約6分
駐車場
約5000台(無料)