ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。
font
標準

特集

スーパースプリントシリーズ 2018

SUPER SPRINT SERIES 2018

 今年で8年目を迎える、競走距離1000メートル以下のレースのみで構成されるシリーズ競走、『スーパースプリントシリーズ(略称:SSS)』。トライアル5戦、ファイナルの習志野きらっとスプリントという構図は変わりませんが、今年は金沢の日本海スプリントがトライアルの対象レースとなっております。
 SSSは、超短距離戦で能力を発揮する異才の発掘と、各地方競馬場で実施可能な最短距離を極力活かすためワンターン(コーナー通過が3〜4コーナーのみ)のスプリント戦によるシリーズとして2011年に創設されたもので、各地区の超スピードホースが、トライアル、そしてファイナルで極限の速さを競い、初夏の地方競馬を大いに盛り上げます。

 創設からラブミーチャンが三連覇ののち、8歳のナイキマドリードや3歳のルックスザットキルがファイナルを制しているこのシリーズ。昨年は4歳のスアデラがファイナルを制しました。今年は古豪が意地をみせるのか、それとも新星が誕生するのか。

 激戦必至の究極のスプリント戦をぜひお見逃しなく!

※下の“タブ”をクリックするとご覧になりたいレースの記事に切り替わります。

6.12(火)
川崎スパーキング
スプリント
園田FCスプリント
6/21(木)園田競馬場 820mエイシンテキサスカイロス

粘り腰と差し脚どちらも譲らず 兵庫で18年ぶりの重賞1着同着

 スーパースプリントシリーズ第3戦・園田FCスプリント。3日前に大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震の影響で、園田競馬場もガラス1枚にヒビが入ったり、記者席のテレビが倒れるなどしたが、競馬場全体として大きな被害はなく通常通り開催された。
 馬場状態は前日の大雨で不良。逃げ切りが決まる一方、補充された砂が天候の回復とともに乾き始め、直線は馬場の真ん中も伸びるようになっていた。実際、第7レースでは後方から人気薄の馬が追い込むと、2、3着にも伏兵が入り、3連単1053万円という兵庫県競馬史上最高払戻額も出て、何やら波乱を予感させた。
 ワンターン820メートルは先手を奪ったもの勝ちということはファンも熟知しているようで、人気の中心はダッシュが速いナチュラリーとサンライズトークが単勝3倍台。続く3番人気5.9倍に支持されたカイロスの佐原秀泰騎手は「もちろんハナに行きたいですが、内枠なので少しでも遅れれば差しに切り替える“プランB”もあります。南関東時代にそういう競馬をしていますし、昨年のマルトクスパートのように差し切り勝ちも可能だと思うので」と話した。
 好スタートから出ムチで気合いを入れてハナに立ったのは、佐賀から遠征のエイシンテキサス。JRA時代には1000メートル戦で2勝するスピードを持っている。カイロスは「見た目には分からないけど、乗っている感覚として1歩目がわずかにつんのめった」(佐原騎手)と、3番手内に位置取った。ナチュラリーやサンライズトークは先頭集団を見る位置から3コーナーを迎えた。直線で逃げ粘るエイシンテキサス目がけて外から差してきたのはカイロス。勢いよく迫り、2頭がピッタリ並んだところがゴールだった。
 スローモーションを見てもどちらが勝っているかまったく分からなかったが、先に引き揚げてきたエイシンテキサスが迷わず2着の枠場に入った。エイシンテキサスの竹吉徹騎手はガックリ肩を落とし、「直線は追って伸びず、どこまで粘れるか……といういつも通りの感じでした。だから交わされているな、と思いました」と話した。一方、カイロスの那俄性哲也調教師に「勝ってるぞ!」と聞いた佐原騎手からは「やったぁ!」とガッツポーズが飛び出した。「“プランB”がハマりましたね」と喜んだ。
 騎手たちが泥を拭い、顔を洗って互いの健闘を称え合っていた頃、検量室から「同着」という声が聞こえてきた。カイロスの佐原騎手は「え……」と表情を曇らせ、エイシンテキサスの竹吉騎手は「勝っているんですか!?」と控えめに笑顔を見せた。それもそのはず、竹吉騎手は地元・佐賀の昨シーズンまでのS2重賞以外を制したのがこれが初めて。それが同着という珍しい記録となった。
 兵庫県競馬史上3回目、約18年ぶりとなる重賞での1着同着。すでに引き揚げていたエイシンテキサスを呼び戻し、口取り撮影も表彰式もそれぞれ2回おこなわれた。カイロス陣営の表彰式を傍らで眺めながらエイシンテキサスの東眞市調教師は「ゴールの瞬間は負けたと思いましたが、嬉しいですね」と笑った。カイロスの那俄性調教師も「同着ですが、勝っているんで最高ですね」と話した。ともに8歳馬で、いくつかの競馬場を渡り歩きながら手にした勝利。表彰式の最後には2人の騎手が肩を組んで喜びを分かち合った。
取材・文:大恵陽子
写真:桂伸也(いちかんぽ)

コメント

佐原秀泰騎手
(カイロス)

スタートでちょっとダッシュがつきませんでしたが、直線では手応えがあってグングン詰め寄ってくれました。体勢は有利かなと思ったので悔しさはありますが、同着で勝ってはいるので嬉しいです。福山ダービー馬で、「福山」という名前を忘れさせない思い出を作ってくれてありがたいです。

那俄性哲也調教師
(カイロス)

南関東時代にも差す競馬をしていましたが、昨年から調子が万全とは言えず冬場は毛ヅヤも落ちていましたが、よくがんばってくれました。短距離戦で何とか活路を見出せないかと思っていました。今日は歩様もスムーズでしたね。今後は年齢のこともあるのでゆっくり休ませて、いい状態の時に使いたいです。

竹吉徹騎手
(エイシンテキサス)

スタートはいつも通り出てくれました。逃げることは決めていませんでしたが、少し仕掛けたらハナに行けそうだったのでそのまま行きました。直線ではいつも追ってからが案外で、ゴールの瞬間は交わされているな、と思い2着の枠場に入ったのですが、馬が本当によく粘ってくれました。嬉しいです。

東眞市調教師
(エイシンテキサス)

地元で900メートル戦を勝ちましたが、さらに距離が短くなるので「どうだろうか?」と思っていました。でも、いいスピードを持っていますからね。今日は馬場にも恵まれたでしょうが、ゴールの瞬間は負けたと思っていたので嬉しいです。今後のことはオーナーと相談します。