1. Presented by National Association of Racing
  2. 地方競馬のオンライン情報誌ウェブハロン
  3. ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。

レーススケジュール・概要を開く

ダービーシリーズ2019

各地のダービー競走をシリーズ化したダービーシリーズが本年も昨年同様8競走で5月26日(日)の九州ダービー栄城賞から6月19日(水)北海優駿(ダービー)まで行われます。

昨年は、西日本ダービーを大差で制したコーナスフロリダ他、ダービーシリーズで2勝を挙げたスーパージェット、3歳秋のチャンピオンシップで活躍したチャイヤプーンなど、多数の活躍馬を輩出しました。

3歳ダートクラシック路線の頂点であるジャパンダートダービー(JpnⅠ)(7/10大井)に向けて、全国の3歳馬たちが鎬を削る「ダービーシリーズ2019」にご期待ください。

NARサイト 特設サイトはこちら

レース名 実施日 競馬場 距離 地区
九州ダービー栄城賞 5.26(日) 佐賀 2,000m 九州
石川ダービー 6.4(火) 金沢 2,000m 石川
東京ダービー 6.5(水) 大井 2,000m 南関東
兵庫ダービー 6.6(木) 園田 1,870m 兵庫
東北優駿(岩手ダービー) 6.9(日) 水沢 2,000m 岩手
東海ダービー 6.11(火) 名古屋 1,900m 東海
高知優駿 6.16(日) 高知 1,900m 全国
北海優駿(ダービー) 6.19(水) 門別 2,000m 全国
  • 第61回
  • 九州ダービー栄城賞

5.26 (日) 佐賀 2,000m

5馬身差圧勝で二冠達成
 目指すは全国への飛躍

佐賀の2、3歳重賞路線は昨年度に大幅な変更が行われ、3歳三冠が佐賀皐月賞、九州ダービー栄城賞、ロータスクラウン賞と改められた。また、2歳戦では九州ジュニアチャンピオンが短距離戦となる一方、中距離のカペラ賞が重賞に昇格し、続く3歳2月の飛燕賞も短距離戦へ変更。しかし、昨年の3歳が影響を受けたのは三冠変更のみだったので、現3歳がデビュー当初からこの新重賞路線を進む最初の世代となった。

2歳戦では、門別デビューのニュールックがカペラ賞で、佐賀デビュー馬限定の九州ジュニアチャンピオン上位馬を圧倒。同馬はその後休養したが、その間に同じく門別デビューのスーパージンガが台頭し、3歳2戦目の花吹雪賞(1月20日)で重賞初制覇と、門別からの転入両馬がこの世代をリード。2強の初対戦となった飛燕賞(2月17日)ではニュールックがスーパージンガを3馬身差で降したが、佐賀皐月賞(4月21日)ではスーパージンガがスターオブジーンに4馬身差をつけて勝利。ニュールックは若草賞(名古屋)遠征から回復途上で6着に敗れた。

九州ダービー栄城賞には佐賀皐月賞の上位馬が揃って出走し、新興勢力もこれといって現れなかったためスーパージンガ1強ムード。単勝1.2倍の圧倒的1番人気に推されることとなった。

ニュールックが逃げを打ち、スーパージンガは先行馬群の外め。スターオブジーンが前からやや離れた中団。人気どころは佐賀皐月賞と同じような位置取りに構え、向正面でスーパージンガが前へ進出。4コーナーで先頭に立つと直線で後続を大きく突き放すという、佐賀皐月賞の再現といえる圧勝劇で、3歳二冠目を楽々と奪取。

一方、スーパージンガから5馬身離れた2着争いは混戦となった。2着のムーンパスノキセキから5着ニュールックまで、掲示板内はこれまでの3歳重賞での上位実績馬が占めており、現状の3歳世代の力関係がそのまま結果に表れたと言えそうだ。

スーパージンガは門別から11月に佐賀へ転入し、ここまで9戦して8勝、2着1回となり、九州ダービー栄城賞で重賞4勝目。その重賞4勝での2着との着差は合計20馬身と、佐賀3歳では敵なしの存在となった。管理する渡辺博文調教師は、福山で1986年に騎手デビューし、福山の廃止に伴い2013年4月に佐賀へ移籍。昨年8月に調教師に転身し、調教で初めて跨ったときに「自分が騎手として乗りたいくらい」の衝撃を受けたというのがスーパージンガだったという。同馬で厩舎の初勝利、初重賞制覇、自身の初ダービー制覇(騎手時代も『ダービー』は勝っていないとのこと)とともに歩んでいる。

今後は『ダービーシリーズ』2勝目を目指す高知優駿(6月16日)か、総合優勝の可能性がある『グランダム・ジャパン3歳シーズン』の最終戦・関東オークスJpnⅡ(6月12日・川崎)へ挑戦のプランがあり、全国の舞台での活躍を期待したいところだ。

  • 取材・文
  • 上妻輝行
  • 写真
  • 国分智(いちかんぽ)

Comment

真島正徳 騎手

飛燕賞では内で揉まれて負けてしまい、それだけはしたくなかった。今回は2枠なので外へ行きたかったが、ベストの位置が取れて、2コーナーで外へ持ち出した後は不安なく行けました。今日は位置取りだけが問題でした。

渡辺博文 調教師

理想的な仕上がりとなり、最高のパフォーマンスを見せることができました。ロータスクラウン賞も視野に入れていますが、これからは遠征に力を入れていきたい。高知優駿や関東オークスを考えていますが、初輸送なので近い方がいいかなと思っています。