1. Presented by National Association of Racing
  2. 地方競馬のオンライン情報誌ウェブハロン
  3. ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。

レーススケジュール・概要を開く

ダービーシリーズ2019

各地のダービー競走をシリーズ化したダービーシリーズが本年も昨年同様8競走で5月26日(日)の九州ダービー栄城賞から6月19日(水)北海優駿(ダービー)まで行われます。

昨年は、西日本ダービーを大差で制したコーナスフロリダ他、ダービーシリーズで2勝を挙げたスーパージェット、3歳秋のチャンピオンシップで活躍したチャイヤプーンなど、多数の活躍馬を輩出しました。

3歳ダートクラシック路線の頂点であるジャパンダートダービー(JpnⅠ)(7/10大井)に向けて、全国の3歳馬たちが鎬を削る「ダービーシリーズ2019」にご期待ください。

NARサイト 特設サイトはこちら

レース名 実施日 競馬場 距離 地区
九州ダービー栄城賞 5.26(日) 佐賀 2,000m 九州
石川ダービー 6.4(火) 金沢 2,000m 石川
東京ダービー 6.5(水) 大井 2,000m 南関東
兵庫ダービー 6.6(木) 園田 1,870m 兵庫
東北優駿(岩手ダービー) 6.9(日) 水沢 2,000m 岩手
東海ダービー 6.11(火) 名古屋 1,900m 東海
高知優駿 6.16(日) 高知 1,900m 全国
北海優駿(ダービー) 6.19(水) 門別 2,000m 全国
  • 第3回
  • 石川ダービー

6.4 (火) 金沢 2,000m

ライバルを突き放し大差勝ち
 中島騎手はダービー初制覇

第3回を迎えた石川ダービー。1回目、2回目はいずれも北日本新聞杯の優勝馬が1番人気に推され、そして敗れている。今年の北日本新聞杯を勝ったのはスターキャデラックで、南関東から金沢に移籍して3連勝を決めていた。やはりダービーでも人気を集め、単勝1.5倍の支持を受けた。北日本新聞杯2着のニューホープが3.3倍で2番人気、同3着のロンギングルックが7.4倍で3番人気と、一冠目の上位3頭が人気の中心となった。

また、このレースは吉原寛人騎手と金田一昌調教師のコンビが連覇している。今年はスターキャデラック(加藤和義厩舎)に吉原騎手が騎乗。金田厩舎はライバルとして4頭を出走させ3連覇に挑んだ。

ゲートが開くと、内枠のチクリが予想どおり先手を取った。スターキャデラックが外から2番手につけ、それをマークするようにロンギングルックが続いた。前の集団と後ろの集団とが分かれるような隊列となり、ニューホープは最後方を追走していた。

2周目の向正面に入るとニューホープが進出を開始し、中団まで押し上げた。3コーナーでスターキャデラックが先頭に立つと、ロンギングルックも離されず、ニューホープは3番手まで上がってきた。この展開から、北日本新聞杯のような3頭の接戦になるのかと思いきや、そこからが衝撃的だった。

4コーナーでスターキャデラック・吉原騎手の腕が動き始めたのだが、それをロンギングルックが楽に交わしていったのだ。直線に入るとライバルたちとはまったく違う伸び脚でぐんぐんと突き放し、なんと2秒差をつけての大差勝ち。ゴール前では中島龍也騎手の左腕が大きく上がった。スターキャデラックは2着にふんばり、その1馬身半差の3着にニューホープが入った。そのあとの4着馬には4馬身差がついていることから、やはり北日本新聞杯上位組が強かったという結果にはなったが、ここまでの着差がつくとは、ライバル陣営も驚きを隠せない様子だった。

吉原騎手は「厩務員さんたちが上手く落ち着かせて出してくれたし、完璧なレースでした。でも、こんなに離されてしまっては何とも言いようがないですね」と仕方なしの表情だった。

圧勝劇を披露したロンギングルックと中島騎手が戻ってくると、3連覇達成の金田調教師が笑顔で迎え入れ、「よくやった!」と中島騎手の肩を強く抱いた。

ロンギングルックは金沢デビューの牝馬。2歳時には重賞でも常に上位の走りを見せ、金沢競馬平成30年度最優秀2歳馬に選ばれた。そして重賞初制覇がダービーとなった。「金沢生え抜き馬で勝ったことが一番嬉しいですね」と金田調教師は目を細めた。

また、嬉しさいっぱいの中島騎手は表彰式で「夢にまで見たダービージョッキーになることができて本当に嬉しいです!」とファンの声援にこたえた。今年でデビュー6年目。昨年は金沢リーディング2位の成績をあげるなど着実にステップアップしており、金沢競馬の未来を担う騎手の一人である。金田調教師も「本当に真面目で一生懸命な子。龍也にダービーを獲らせてあげたかった」と嬉しそうだった。

ロンギングルックの今後については、状態を見ながらではあるが、秋には西日本ダービーに挑戦したいとのことだ。金沢の名将が送り出すロンギングルックと、中島騎手の若きコンビの活躍をこれからも期待したい。

  • 取材・文
  • 秋田奈津子
  • 写真
  • 早川範雄(いちかんぽ)

Comment

中島龍也 騎手

直前の追いきりも良かったので自信を持って馬を信じて全力で乗りました。本当は直線を向くまでギリギリまで我慢しようと思っていましたが、手ごたえがあまりにも凄まじかったので4コーナーで出てしまいました。もっともっと上にいける馬なのでこれからもがんばりたいです。

金田一昌 調教師

絶対に3連覇したいと思っていました。前走は勝ちにいってしまって馬がかかってしまい、普通に乗れば勝てたと思います。今回は吉原騎手の後ろでレースを進め直線で勝負しようと作戦を立てました。タイムもオープン級ですし強くてびっくりしました。中間のインディバ治療も効果があったと思います。