1. Presented by National Association of Racing
  2. 地方競馬のオンライン情報誌ウェブハロン
  3. ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。

レーススケジュール・概要を開く

ダービーシリーズ2019

各地のダービー競走をシリーズ化したダービーシリーズが本年も昨年同様8競走で5月26日(日)の九州ダービー栄城賞から6月19日(水)北海優駿(ダービー)まで行われます。

昨年は、西日本ダービーを大差で制したコーナスフロリダ他、ダービーシリーズで2勝を挙げたスーパージェット、3歳秋のチャンピオンシップで活躍したチャイヤプーンなど、多数の活躍馬を輩出しました。

3歳ダートクラシック路線の頂点であるジャパンダートダービー(JpnⅠ)(7/10大井)に向けて、全国の3歳馬たちが鎬を削る「ダービーシリーズ2019」にご期待ください。

NARサイト 特設サイトはこちら

レース名 実施日 競馬場 距離 地区
九州ダービー栄城賞 5.26(日) 佐賀 2,000m 九州
石川ダービー 6.4(火) 金沢 2,000m 石川
東京ダービー 6.5(水) 大井 2,000m 南関東
兵庫ダービー 6.6(木) 園田 1,870m 兵庫
東北優駿(岩手ダービー) 6.9(日) 水沢 2,000m 岩手
東海ダービー 6.11(火) 名古屋 1,900m 東海
高知優駿 6.16(日) 高知 1,900m 全国
北海優駿(ダービー) 6.19(水) 門別 2,000m 全国
  • 第27回
  • 東北優駿(岩手ダービー)

6.9 (日) 水沢 2,000m

馬場も味方に完璧な逃げ切り
 復活の東北優駿に名を刻む

岩手ダービーは昨年までダイヤモンドカップがその役割を担っていたが、今年は“東北優駿”競走が復活し、そこに“岩手ダービー”のサブタイトルがついた。ダイヤモンドカップは8月へ、不来方賞も9月へと移動して、この3つが岩手競馬の3歳三冠レースを構成する。これらにプラス、ダービーグランプリが3歳の主要路線となった。

昨年度の岩手競馬は、禁止薬物陽性馬が複数出たことにより、14日間の競馬開催が取り止め。その間に予定されていた南部駒賞と金杯が実施できなかったため、2歳最優秀馬の選定が“該当馬なし”となる事態となった。それでも、ビギナーズカップを勝ったグレートアラカー、寒菊賞を勝ったパンプキンズが引き続き春からの3歳路線をリード。タイトルを分け合って岩手ダービー当日を迎えた。

名称は変わったが、岩手ダービーがダート2000メートルというレギュレーションは従来通り。スプリングカップ2着、やまびこ賞優勝というステップを経て1番人気となったのはグレートアラカー。1900メートルのやまびこ賞を7馬身差で圧勝しており、単勝1倍台となるのも当然と思えた。デビュー2戦目から6連勝中の牝馬エムワンピーコが2番人気。スプリングカップの勝ち馬パンプキンズが3番人気となり、この3頭で全体の9割近い支持を集めた。

迷いのない先行策に出たのはパンプキンズ。やまびこ賞ではグレートアラカーのマークを受けて、早めに並びかけられる苦しい展開となったが、「速いとは思っていたが……」と、菅原俊吏騎手はそれでもペースを緩めることなく、快調に飛ばす。2周目3コーナーではグレートアラカーが半馬身差にまで迫り、エムワンピーコもその後方へ続いていたが、パンプキンズにはまだ余力があった。4コーナーを回るあたりではむしろ後続を突き放し、陣営が目論んでいた“並ばれないかたち”のままゴールへ飛び込んだ。雨上がりで、稍重の馬場は時計の出やすい状態ではあったが、最後の600メートルはやまびこ賞の40秒2に対し、この日は38秒5秒で走りきる完璧な逃走劇であった。

パンプキンズは5勝目が岩手ダービーのタイトルとなったが、デビューからここまで1度も連勝がない。逃げ馬らしい大きな着順も挟んでいるが、そのあとにズルズルと崩れていくのではなく、敗戦を糧として巻き返してくる反発力を見せる。グレートアラカーとの対戦成績も今回で2勝3敗だが、2000メートルを克服したことは大きい。開催取り止めのレースもあったが、2歳時からのダート重賞をここまで完走しており、この中間も「距離を保たせたかったので、いつもより乗り込んだが、それを乗り越えた。馬も傷まない」(伊藤和忍調教師)という丈夫さは何よりも強調できるところだろう。

東北優駿といえば、1978年から2003年まで山形、新潟、岩手で持ち回り開催された三県交流のレースがすぐに思い出される。復活した東北優駿は岩手ダービーであり、その内容は異なるものであるが、回数は従来のものを引き継ぎ第27回とされた。正直違和感がなくもないが、改めて過去の勝ち馬を見れば、あるいは敗れた馬を見れば、かつて存在した上山競馬、新潟県競馬にも思いを馳せることができる。今年から再び回数を伸ばし始めたこのレースは、これからも東北の名馬の名を刻むこととなる。

  • 取材・文
  • 深田桂一
  • 写真
  • 佐藤到(いちかんぽ)

Comment

菅原俊吏 騎手

前走はグレートアラカーに(早めに)並ばれたので、並ばれないかたちにしようと思っていました。乗っていてもペースは速いと思いましたが、調教師にも自分のレースをしろと言われていた。確実に力をつけているし、スピードは岩手のどの馬にも負けないので、先行にこだわっていきたい。

伊藤和忍 調教師

前走が完敗だったので、勝負どころから早めに行こうと指示していましたし、ジョッキーが上手かった。距離を保たせたかったので、中間はいつもより乗り込んだし、それを乗り越えた。逆転は正直難しいと思っていましたが、時計の速い馬場状態も良かったのでしょう。今後は遠征も視野に入れて検討します。