1. Presented by National Association of Racing
  2. 地方競馬のオンライン情報誌ウェブハロン
  3. ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。

レーススケジュール・概要を開く

2019
ヤングジョッキーズシリーズ

本年12月27日(金)に大井競馬場、28日(土)にJRA中山競馬場で実施される『2019ヤングジョッキーズシリーズ ファイナルラウンド』への出場権をかけて、地方競馬およびJRAの若手ジョッキーが争う代表騎手選定競走が『2019ヤングジョッキーズシリーズ トライアルラウンド』です。このトライアルラウンドでの着順に応じて得た点数により、地方競馬およびJRAそれぞれの代表騎手が選ばれます。

NARサイト 特設サイトはこちら

Trial Round
トライアルラウンド
6.11(火) 金沢競馬場
6.18(火) 船橋競馬場
7.15(祝月) 高知競馬場
7.30(火) 佐賀競馬場
8.12(振月) 盛岡競馬場
8.21(水) 門別競馬場
9.25(水) 笠松競馬場
10.9(水) 浦和競馬場
10.16(水) 名古屋競馬場
11.6(水) 園田競馬場
11.19(火) 川崎競馬場
Final Round
ファイナルラウンド
12.27(金) 大井競馬場
12.28(土) JRA 中山競馬場
  • ヤングジョッキーズTR 佐賀

7.30 (火) 佐賀競馬場

地元の出水騎手が第2戦を快勝
 松木騎手が地方西日本トップに

第1戦

第2戦

リポート動画

ヤングジョッキーズシリーズ(YJS)も西日本では前半戦最後となる3戦目を迎えた。長谷部駿弥騎手(兵庫)、斎藤新騎手(JRA)、三津谷隼人騎手(JRA)が今回の佐賀ラウンドで今年のYJS初戦となり、これで落馬負傷中の東川慎騎手(笠松)を除き西日本は全騎手が登場。なお、坂井瑠星騎手(JRA)は落馬負傷のため亀田温心騎手(JRA)に変更となった。

「ここまでYJSでは同期が頑張っているので、一番遅いスタートですが、抜かす気持ちでいきます!」と今年デビューの斎藤騎手。先輩で5年目の三津谷騎手は今年からJRAで障害レースにも参戦し、「普段の調教で馬をつくることについてさらに考えるようになりました」と引き出しが増えていっている様子。若手たちはスポンジのように日々多くのことを吸収しているのだろう。

佐賀競馬場の馬場やレースについても吸収しようと、YJSを前に多くの騎手がエキストラ騎乗を行った。実際に乗った感覚はさまざまで、木村直輝騎手(高知)が「高知よりも内を空けて走るので難しいですね」と首を捻る一方、亀田温心騎手(JRA)は「砂はそこまで深いと思いませんでした」、團野大成騎手(JRA)は「動き出しが速くて…」と地方競馬の流れへの対応を鍵に挙げた。

第1戦は前走2着の森裕太朗騎手(JRA)と近走安定した成績の出水拓人騎手(佐賀)が人気を分け合った。

スタートからダッシュを利かせたのは木本直騎手(兵庫)。その外に三津谷騎手が馬体を併せ、3番手集団は内から亀田騎手、森騎手、松木騎手、妹尾騎手と先団6頭がほぼひとかたまりになった。「走るところが分からなくて、すごく大外を周ってしまいました」と最初のコーナーで木本騎手が内の深い佐賀コースにとまどう中、森騎手が「逃げ馬の内に行って、いいポジションが取れました」と向正面では先頭に並びかけた。それと共に動いていったのは直後の松木騎手。冷静に馬群をさばきながら追随すると、測ったようにゴール寸前でハナだけ差し切った。2着には森騎手。3/4馬身差で木村騎手が3着に粘り、1馬身差で終始インコースを通った亀田騎手、3/4馬身差の5着は「出遅れて後方からになってしまった」出水騎手が追い上げた。

松木騎手は戦前、「騎乗馬は2頭ともちょっと考えて乗らないといけないですよね」とひと工夫をしたいようだった。「勝ちきるのはどうかな?と感じたので、あとは展開が向いてくれればと思っていました」というのがハマったのだろう。今年2月に高知から兵庫に移籍(騎乗は5月から)し「園田で勉強させてもらっているのが出ているのかなと思います」。高知で築いた土台からさらにパワーアップしている。

第2戦は現級勝ちのある出水騎手、1つ下のC2クラスを勝ち上がってきた長谷部騎手と妹尾将充騎手(高知)が人気の中心。

好スタートから先手を奪ったのは長谷部騎手。3番手外に出水騎手、その後ろに「相手は出水くん」と松木騎手、直後に妹尾騎手が続いて隊列は縦長になった。向正面で松木騎手がじわじわと進出する一方、出水騎手は3コーナー手前で先頭に躍り出ると直線では後続を引き離した。「出馬登録を見た時からこの馬に乗りたいと思っていたんです」という実績馬トウカイパイロで4馬身差をつけ勝利し、ホッとした表情で笑った。2着は松木騎手で、1馬身半差で3着に4コーナーで大外を回った妹尾騎手、3馬身開いて長谷部騎手、クビ差5着は亀田騎手だった。

西日本地区はトライアルの6ラウンド中3ラウンドを終え、地方西日本暫定1位は76ポイントの松木騎手。2着、7着、1着、2着と騎乗馬が抽選でありながら驚異の安定ぶりで、昨年のYJSファイナル3位の雪辱を果たすべく邁進中。2位は3戦しか消化していないもののすべて2着の石堂響騎手(兵庫)、3位に木村騎手と続いている。

JRA西日本暫定1位は2勝を挙げた岩田望来騎手で、2位は西村淳也騎手。佐賀ラウンド出場組では森騎手が今回、2着の高ポイントを獲得したことで3位に浮上した。

少しずつファイナル進出争いが見えてきたが、まだ前半戦を終えたばかり。残りレース数は騎手によって異なるが、ファイナルラウンド進出は『着順上位4レースのポイント合計順』となるため、残りレース数が多い騎手にはまだまだ挽回のチャンスがある。

  • 取材・文
  • 大恵陽子
  • 写真
  • 早川範雄(いちかんぽ)

Comment

第1戦1着 松木大地騎手(兵庫)

2走前が逃げて着外だったので、2列目で運びました。道中は本命馬と一緒に徐々に内へと入っていきました。馬群の中でも馬が頑張ってくれましたし、厩舎の方が仕上げてくださっていました。金沢ラウンドでは勝てたレースを落としてしまいましたが、なんとかこれで地元の園田ラウンドに帰れます。

第2戦1着 出水拓人騎手(佐賀)

昨年は怪我で地元ラウンドに出場できなかったので、今年は勝ちたいと思っていました。自分としては珍しく落ち着いて乗ることができましたし、いい馬が当たりました。初詣でおみくじが大吉だったのが良かったのかも(笑)。残る園田ラウンドは昨年勝っていて自信につながっているので、頑張ります。