1. Presented by National Association of Racing
  2. 地方競馬のオンライン情報誌ウェブハロン
  3. ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。

レーススケジュール・概要を開く

2019
ヤングジョッキーズシリーズ

本年12月27日(金)に大井競馬場、28日(土)にJRA中山競馬場で実施される『2019ヤングジョッキーズシリーズ ファイナルラウンド』への出場権をかけて、地方競馬およびJRAの若手ジョッキーが争う代表騎手選定競走が『2019ヤングジョッキーズシリーズ トライアルラウンド』です。このトライアルラウンドでの着順に応じて得た点数により、地方競馬およびJRAそれぞれの代表騎手が選ばれます。

NARサイト 特設サイトはこちら

Trial Round
トライアルラウンド
6.11(火) 金沢競馬場
6.18(火) 船橋競馬場
7.15(祝月) 高知競馬場
7.30(火) 佐賀競馬場
8.12(振月) 盛岡競馬場
8.21(水) 門別競馬場
9.25(水) 笠松競馬場
10.9(水) 浦和競馬場
10.16(水) 名古屋競馬場
11.6(水) 園田競馬場
11.19(火) 川崎競馬場
Final Round
ファイナルラウンド
12.27(金) 大井競馬場
12.28(土) JRA 中山競馬場
  • ヤングジョッキーズTR 盛岡

8.12 (振月) 盛岡競馬場

地元岩本騎手が初戦を逃げ切る
 第2戦も逃げ切りでJRA菅原騎手

第1戦

第2戦

リポート動画

東日本地区のトライアルラウンドは、6月の船橋に続いての第2ラウンド。地方では藤本現暉騎手(大井)と仲原大生騎手(大井)、JRAでは木幡巧也騎手、菊澤一樹騎手、大塚海渡騎手が船橋に続いての参戦となった。

第4レース後に行われた騎手紹介式では、ともに今年のシリーズ初参戦となる、地元の岩本怜騎手と、藤田菜七子騎手(JRA)がマイクを持って意気込みを話した。

その藤田騎手は、2日前にイギリスのシャーガーカップでの騎乗を終えて帰国したばかり。そしてトライアルラウンドのあとには、クラスターカップJpnⅢでコパノキッキングへの騎乗が控えている。その姿を追うために、盛岡競馬場には昨年の何倍もの報道陣が来場。注目を集めた藤田騎手だったが、第1戦は11着、第2戦は8着という結果だった。

一方で、今年デビューの新人騎手たちは初めての舞台に笑顔を見せていた。大木天翔騎手(大井)は同じ大井の2名と行動をともにして、リラックスできている様子。大塚騎手は盛岡競馬場への移動中に、ファンからの激励を受けていた。

第1戦はダート1200メートルが舞台。人気は割れていたが、好スタートを決めたのは、1番人気に推された岩本騎手と2番人気の藤田騎手。しかしすぐさま岩本騎手が先手を取り切った。そのあとの馬群はほとんど一団で、早めに失速した藤田騎手に代わって2番手につけた菊澤騎手も4コーナーで後退していった。そのペースは速い流れに映ったが、岩本騎手は3コーナーから独走態勢。そのまま3馬身差をつけて押し切った。

2着には前年のファイナルで優勝した櫻井光輔騎手(川崎)がインコースを回って流れ込み、3着には地元の塚本涼人騎手が入った。4着には菅原明良騎手(JRA)、6着には大木騎手と、今年デビューの騎手も上位に入った。

後検量を終えて写真撮影に向かう途中、勝った岩本騎手は「行き切りました。とてもうれしいです」と声を弾ませた。

続く第2戦はダート1600メートル。盛岡コースで6戦6連対という馬に騎乗する藤田騎手が1番人気に支持された。今年のトライアルラウンドは、予定されている騎乗機会が東日本地区では、地方騎手は4回または5回。JRA騎手は5回または6回。ファイナルラウンドに進むためには、大きい着順は避けたいところ。大塚騎手の騎乗馬が出走を取消しての11頭立ては、再び速い流れになった。

スタート直後に先手を主張したのは櫻井騎手と大木騎手だったが、2コーナー付近で菅原騎手が動いて先頭に立った。ペースを判断して仕掛けたように映ったが、菅原騎手によると「スタート直後からハミを取ってくれたので、気分よく行かせたほうがいいかなと思いまして」とのこと。いずれにしてもその判断は功を奏し、そのまま押し切って勝利した。

2着には中団から外を通って上昇してきた岩本騎手が入線。最後方からレースを進めた山田敬士騎手(JRA)が鋭い末脚を見せて3着に食い込んだ。

「最後の脚は気持ちよかったですが、3着は悔しいですね」と、山田騎手。4着に入った大木騎手は「ゴールの直前で外から1頭来ていたのは見えていて、『あーっ、差された』と思いました」と苦笑い。それでも5着の藤本騎手とはハナ差。4着と5着のポイント差は2だが、それが最終的に意味を持つことになる可能性はある。

それを気にしていたのが藤本騎手。すでに通算100勝を超えているため、ヤングジョッキーズシリーズに参加するのは今年が最後となる。「この馬にとっては厳しい展開になってしまいました。ポイントはどうですかね……」と心配顔。藤本騎手は船橋ラウンドで勝利を挙げているが、盛岡では9着と5着。現時点では東日本2位でも、今後のトライアルラウンドの結果に気をもむことになりそうだ。

その一方で笑顔を見せていたのが、勝利を挙げた岩本騎手と菅原騎手。この2人は「普段からよく連絡を取っています」という、同じ千葉県の出身。それだけにファイナルラウンドが行われる中山競馬場には、ぜひとも進みたいところだろう。

表彰式のあと、岩本騎手は「第1戦を勝った時点で通算99勝。第2戦で100勝を達成したかったんですが」と話した。しかしその直後、第11レースで通算100勝を達成。藤本騎手と同じく、今年がファイナルラウンドを目指す最後の機会になる。

  • 取材・文
  • 浅野靖典
  • 写真
  • 岡田友貴(いちかんぽ)

Comment

第1戦1着 岩本怜騎手(岩手)

第1戦は逃げることしか考えていませんでした。今日の馬場は逃げ先行が有利という感じがありましたし、4コーナーで後ろをちょっと見て、まだ余裕があると思いました。地元のアドバンテージを生かせましたし、以前からトライアルラウンドで勝つと宣言していたので、そのとおりになってよかったです(笑)。

第2戦1着 菅原明良騎手(JRA)

第2戦は馬の行く気に任せて気分よく走らせました。後続が迫ってきているのは分かっていましたが、こちらの手応えも最後までよかったので大丈夫かなと思いました。次の門別では1回だけ乗ったことがあるのですが、スタート直後に落馬してしまったんです。それを取り返せるように頑張りたいです。