データ分析 Data Analysis

GW最終日を飾る、船橋名物のマイル重賞

例年、JRA・地方競馬からトップホースが集結。過去32回の優勝馬を見ると、エスポワールシチー、ホッコータルマエ、コパノリッキーといったダートの名馬が名を連ねている。地方馬ではアブクマポーロ、アジュディミツオー、フリオーソと、地元船橋所属馬が勝利を収めているが、ダートグレード競走にしては珍しく過去10年で1番人気馬が未勝利だ。

内枠に入った馬が好走

馬番別で見ると、1~7番枠の70頭中、3着内に入った馬は24頭で3着内率は34.2%。一方、8番枠より外は37頭の出走で3着内は6頭、3着内率16.2%と、内目の枠に入った馬が好成績を収めている。[表1]

[表1]3着以内の馬番(過去10年)

11年 12年 13年 14年 15年 16年 17年 18年 19年 20年
頭数 13頭 13頭 11頭 8頭 10頭 12頭 10頭 12頭 11頭 7頭
1着 11 7 7 5 7 1 1 7 10 1
2着 12 6 1 2 3 6 2 3 6 4
3着 10 4 9 7 6 4 3 11 7 6

1番人気馬は勝っていない

1番人気馬は0勝、2着3回、3着4回と、ダートグレードにしては珍しく近10年では未勝利だ。ただし3着内率では70%と軽視はできない。勝率60%の2番人気馬にも注目。また、10回中7回で5番人気以下の馬が馬券に絡んでいて、とくに近6年は毎年馬券に絡んでいる。[表2]

[表2]単勝人気別成績(過去10年)

単勝人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 3着内率
1番人気 0 3 4 3 0.0% 30.0% 70.0%
2番人気 6 0 1 3 60.0% 60.0% 70.0%
3番人気 2 1 2 5 20.0% 30.0% 50.0%
4番人気 1 1 0 8 10.0% 20.0% 20.0%
5番人気 0 3 2 5 0.0% 30.0% 50.0%
6番人気以下 1 2 1 53 1.8% 5.3% 7.0%

勝率では4歳馬がトップ

4歳馬は出走頭数こそ11頭と少ないが、うち3頭が勝っており勝率27.3%。昨年逃げ切り勝ちを収めたのも4歳馬ワイドファラオだった。一方で2015年に9歳で勝っているワンダーアキュートを筆頭に、8歳以上の馬が6頭3着内に入っている。年齢を重ねた実績馬と、ダートグレードでまだ底を見せていない馬、それぞれにチャンスがある。[表3]

[表3]年齢別成績(過去10年)

年齢 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 3着内率
4歳 3 0 1 7 27.3% 27.3% 36.4%
5歳 1 3 2 11 5.9% 23.5% 35.3%
6歳 2 2 4 18 7.7% 15.4% 30.8%
7歳 3 2 1 17 13.0% 21.7% 26.1%
8歳以上 1 3 2 24 3.3% 13.3% 20.0%

JRA馬が圧倒

JRA馬が9勝、2着8回、3着9回と他を圧倒。地方馬では大井・船橋から各2頭が馬券に絡んでいる。とくに地元船橋所属馬は、11年1着、12年2着と2年連続連対を果たしたフリオーソの活躍もあり連対率10.5%とJRAに次ぐ成績を残している。[表4]

[表4]所属別成績(過去10年)

所属 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 3着内率
JRA 9 8 9 28 16.7% 31.5% 48.1%
大井 0 1 1 9 0.0% 9.1% 18.2%
川崎 0 0 0 2 0.0% 0.0% 0.0%
船橋 1 1 0 17 5.3% 10.5% 10.5%
浦和 0 0 0 3 0.0% 0.0% 0.0%
地方他地区 0 0 0 18 0.0% 0.0% 0.0%

フェブラリーステークス組が好成績

前走フェブラリーステークス組は31頭が出走して9勝、2着4回、3着7回で、3着内馬30頭中20頭を占めている。3着内率64.5%と驚異的な率で馬券に絡んでおり、14年以降の近7回では毎年必ず2頭以上が馬券に絡んでいる。さらに、17年5番人気2着のインカンテーションは2走前がフェブラリーステークスだった。同年のフェブラリーステークス出走馬が主力と言える。

武豊騎手は3着内率85.7%

騎乗機会7回で、2勝、2着2回、3着2回、4着以下は1度だけという成績を誇る武豊騎手。3着内率で見るとなんと85.7%、複勝回収率も105.7%だ。7回の騎乗機会のうち同じ騎乗馬は、16年、17年に連覇を達成したコパノリッキーの2回のみで、残りの5回は異なる馬に騎乗しての成績である。

勝つのはこういう馬!

『4歳のJRA馬』が出走する際は要注意。1番人気馬は1着にこだわらず連軸候補として考えたい。かしわ記念と好相性の武豊騎手も、騎乗があれば注目だ。前走フェブラリーステークス組が9勝と好成績だが、連勝でかしわ記念を制した馬は14年のコパノリッキー1頭のみ。ほか8頭は『フェブラリーステークスでは2~14着に負けて、かしわ記念で巻き返し』ていた。前走負けて人気を落としている馬が狙い目。

(栗田 勇人)

過去20年の所属別成績

  • 1着

  • 2着

  • 3着

注記

当ページの情報は、特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。