注目馬情報 Attention

カフェファラオ

牡4 JRA 堀宣行厩舎 通算7戦5勝

父:American Pharoah
母:Mary's Follies
母の父:More Than Ready

CHECK!

北米三冠馬アメリカンフェイローの初年度産駒としても注目され、デビューから圧倒的な強さでユニコーンSまでダート3連勝。しかし断然人気に支持されたジャパンダートダービーではまさかの7着。1コーナーを逆手前で回ったことや、初めて砂をかぶったことなどが敗因として挙げられた。それでも、古馬初対戦となったシリウスSを勝利。チャンピオンズCは6着に敗れたものの、フェブラリーSでは好位からゴール前で抜け出し快勝。あらためてダートではトップクラスの能力を見せた。今回は再度、地方のダートへの適性が問われる。

カジノフォンテン

牡5 船橋 山下貴之厩舎 通算20戦11勝

父:カジノドライヴ
母:ジーナフォンテン
母の父:ベストタイアップ

CHECK!

南関東クラシック戦線では羽田盃4着など入着までだったが、休養を挟んで3歳秋から4歳にかけて特別戦から準重賞を4連勝で本格化。川崎マイラーズは5着だったが、地元船橋の京成盃グランドマイラーズで重賞初制覇。勝島王冠を逃げ切り、ダートグレード初挑戦となった東京大賞典は、直線で一旦は先頭に立つ場面があってオメガパフュームに惜しくもクビ差2着。川崎記念ではそのオメガパフュームに3馬身差をつける圧勝でJpnI制覇を果たした。京成盃グランドマイラーズを連覇し、満を持して臨む地元の大一番にかかる期待は大きい。

サンライズノヴァ

牡7 JRA 音無秀孝厩舎 通算32戦10勝

父:ゴールドアリュール
母:ブライトサファイヤ
母の父:サンダーガルチ

CHECK!

3歳時にユニコーンS、4歳時に武蔵野Sを制するなどダートでトップクラスの実力を認められながら、2着も多く勝ちきれないレースが目立った。それでも5歳秋にはマイルチャンピオンシップ南部杯でJpnI初制覇を果たし、あらためて能力の高さを見せた。さらに昨年6歳ではプロキオンS、武蔵野Sとタイトルを重ねた。ここまで全10勝のうち6勝がダート1600mで、左回りでは8勝。さらに重賞5勝のうち4勝が左回りのダート1600mと、もっとも得意とする舞台。昨年のかしわ記念はスタートで大きく躓いたこともあり3着だっただけに、雪辱がかかる一戦。

インティ

牡7 JRA 野中賢二厩舎 通算18戦7勝

父:ケイムホーム
母:キティ
母の父:Northern Afleet

CHECK!

3歳4月のデビュー戦は落鉄など不運もあって9着。2戦目で初勝利を挙げると、その後は休養を挟みながら重賞初挑戦となった東海Sまで6連勝。そして臨んだ一昨年のフェブラリーSは、逃げて直線で後続を引き離すと、ゴール前で唯一迫ったゴールドドリームをクビ差で振り切りっての快勝。一気にダートの頂点まで駆け上がった。それを最後に2年以上勝ち星から遠ざかっているものの、一昨年のチャンピオンズCでは勝ったクリソベリルから0秒2差の3着、昨年も勝ったチュウワウィザードに0秒4差の3着と高い能力は示している。復活を賭けて臨む一戦。

タイムフライヤー

牡6 JRA 橋口慎介厩舎 通算23戦5勝

父:ハーツクライ
母:タイムトラベリング
母の父:ブライアンズタイム

CHECK!

2歳時にはホープフルSを制するなど世代トップを争ったが、3歳クラシック戦線では結果を残せず。おじにJBCクラシック連覇などダートGI/JpnI・5勝のタイムパラドックスがいるという血統からの期待だろう、4歳になってダートに転向。ダート初勝利は昨年夏の函館・マリーンSで、続くエルムSを制してダート重賞初制覇。今年初戦の根岸Sでも僅差3着と健闘している。今回騎乗予定の川田将雅騎手は、中央での活躍だけでなく、今年4月までに行われた地方のダートグレード9戦のうち7戦に騎乗して6勝。本馬には初騎乗だが、鞍上への期待も大きい。

ミューチャリー

牡5 船橋 矢野義幸厩舎 通算18戦6勝

父:パイロ
母:ゴッドビラブドミー
母の父:ブライアンズタイム

CHECK!

2歳時はデビューから3連勝で鎌倉記念を制覇。期待された全日本2歳優駿こそ6着だったものの、3歳では羽田盃を制し、東京ダービー2着、そしてJpnIのジャパンダートダービーでは地方馬最先着の3着と世代トップクラスの走りを見せた。4歳以降のタイトルは昨年7月のマイルグランプリのみだが、JBCクラシックでは4着、東京大賞典では4コーナー中団位置から差を詰め、着順こそ5着だが、勝ったオメガパフュームに0秒2差と迫った。今年、2度目の挑戦となったフェブラリーSは7着だったが、勝ち馬から0秒9差。地元船橋での金星が期待される。

(斎藤 修)

注記

当ページは、4月29日現在の選定馬情報に基づき作成しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性があります。また、当ページの情報は、特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。