ウェブハロン

ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。

レーススケジュール・概要を開く

未来優駿2020

毎年秋に行われる地方競馬の2歳主要競走シリーズ『未来優駿(みらいゆうしゅん)2020』。

全国各地で行われる2歳競走をピックアップし、活躍馬が2歳ダートグレード競走(エーデルワイス賞・JBC2歳優駿・兵庫ジュニアグランプリ・全日本2歳優駿)、さらには3歳クラシック競走へ駒を進めることで、魅力ある競走の実施、競走体系の整備促進に資することを目指します。

2008年に創設され13年目を迎える今シーズンは、対象期間と競走数が拡大され、9月21日から11月17日の期間に11競走が行われます。毎年、その後の2歳、3歳ダートグレード競走や全国各地のダービーで活躍する馬を輩出している本シリーズ。未来を期待される優駿たちの戦いにご期待ください。

NARサイト 特設サイトはこちら

レース名 実施日 競馬場 距離
ゴールドジュニア 9月21日(祝月) 大井 1,400m
サンライズカップ 10月1日(木) 門別 1,800m
兼六園ジュニアカップ 10月11日(日) 金沢 1,500m
鎌倉記念 10月14日(水) 川崎 1,500m
兵庫若駒賞 10月15日(木) 園田 1,400m
九州ジュニアチャンピオン 10月18日(日) 佐賀 1,400m
ゴールドウィング賞 10月27日(火) 名古屋 1,600m
平和賞 10月28日(水) 船橋 1,600m
黒潮ジュニアチャンピオンシップ 11月1日(日) 高知 1,400m
南部駒賞 11月15日(日) 盛岡 1,600m
ハイセイコー記念 11月17日(火) 大井 1,600m
  • 第19回
  • 鎌倉記念

10.14 (水) 川崎 1,500m

直線大外から一気の差し切り
 北海道からの遠征で重賞連勝

新型コロナウイルス感染拡大防止により、川崎競馬場も無観客開催を実施してきたが、前開催の最終日にプレオープンとして一般のお客様の入場が始まり、この開催から本格的に再開(現状では事前抽選による人数制限)。

そんなお客様が見守る中で行われた2歳馬による地方全国交流の鎌倉記念。未来優駿2020に組み込まれ、未来の名馬を探すのも楽しみな一戦。今年からJBC2歳優駿JpnⅢの指定競走にもなった。

勝ったのは、北海道・林和弘厩舎所属のリーチで、4年ぶりに北海道勢から優勝馬が誕生。前走イノセントカップでは内の3番手から差し切る競馬で、重賞初制覇を飾ったばかり。この鎌倉記念ではメンバー中唯一の重賞ウイナーながら3番人気だったのだが、終わってみれば、2歳馬の層が厚いホッカイドウ競馬所属馬の強さを示した。

レースを振り返ると、スタートを切り最初のコーナーまでのポジション取りでは、かなりごちゃつくシーンも見られたのだが、ここまで3戦3勝のジョーロノが逃げる形。2番手には前哨戦の若武者賞を制したピースフラッグ。そのうしろにヴァヴィロフや1番人気ナジャなどが続き、中団にはリーチやセイカメテオポリス。最終的に上位に来る馬たちがここまでのポジション取り。

最後の直線に入ってもジョーロノが先頭で必死に粘り込もうとするも、押し上げてきたリーチが大外から一気の差し脚でライバルたちを抜き去ってのゴール。勝ちタイムは1分35秒0(稍重)。内から伸びたセイカメテオポリスがクビ差2着、ジョーロノは3着だった。

今回初めてリーチとコンビを組んだ本田正重騎手は、「操縦性のいい馬ですね。前半では狭くなってしまって不安なところもありましたが、あとは窮屈な競馬をさせないように、多少外々を回っても大丈夫かなという手応えだったので、直線は楽でした。それでも最後は戸惑って走っていたので、まだ余力は十分だと思います。着差以上の強さでした」とのこと。

リーチは北海道から20時間ほどの長距離輸送でレース前日に川崎競馬場入り。まだデビューしたばかりの若い2歳馬が、そんなハンデも押しのけ初物尽くしの中で優勝した姿には頭が下がる。

管理する林調教師の話しでは、リーチのセールスポイントは、「スピードと切れ」とのこと。最後の直線で存分に発揮されたその持ち味を生かし、どんな競走生活を重ねていくことになるのだろうか。

優勝したリーチと2着のセイカメテオポリスには、12月16日の全日本2歳優駿JpnⅠへの優先出走権を獲得した。

  • 取材・文
  • 高橋華代子
  • 写真
  • 築田純(いちかんぽ)

Comment

本田正重 騎手

この馬の力を出せたのか出せなかったのかはわからないですが、結果を出せて良かったです。跨った瞬間にいい馬だなぁという印象で、返し馬ではテンションが上がり過ぎないよう気をつけました。少しずつですが、お客様も競馬場へ足を運べるようになって、僕たちもいい競馬を提供できるように頑張ります。

林和弘 調教師

(本田騎手には)北海道でのことを伝えて、レースに行けばゲートを出てみないとわからないので、お任せして乗ってもらいました。1コーナーに入るところで狭くなってごちゃごちゃしたので心配でしたが、そこから外に出して、あとはゆっくり見ていました。この後は全日本2歳優駿に向かいたいです。