ウェブハロン

ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。

レーススケジュール・概要を開く

未来優駿2020

毎年秋に行われる地方競馬の2歳主要競走シリーズ『未来優駿(みらいゆうしゅん)2020』。

全国各地で行われる2歳競走をピックアップし、活躍馬が2歳ダートグレード競走(エーデルワイス賞・JBC2歳優駿・兵庫ジュニアグランプリ・全日本2歳優駿)、さらには3歳クラシック競走へ駒を進めることで、魅力ある競走の実施、競走体系の整備促進に資することを目指します。

2008年に創設され13年目を迎える今シーズンは、対象期間と競走数が拡大され、9月21日から11月17日の期間に11競走が行われます。毎年、その後の2歳、3歳ダートグレード競走や全国各地のダービーで活躍する馬を輩出している本シリーズ。未来を期待される優駿たちの戦いにご期待ください。

NARサイト 特設サイトはこちら

レース名 実施日 競馬場 距離
ゴールドジュニア 9月21日(祝月) 大井 1,400m
サンライズカップ 10月1日(木) 門別 1,800m
兼六園ジュニアカップ 10月11日(日) 金沢 1,500m
鎌倉記念 10月14日(水) 川崎 1,500m
兵庫若駒賞 10月15日(木) 園田 1,400m
九州ジュニアチャンピオン 10月18日(日) 佐賀 1,400m
ゴールドウィング賞 10月27日(火) 名古屋 1,600m
平和賞 10月28日(水) 船橋 1,600m
黒潮ジュニアチャンピオンシップ 11月1日(日) 高知 1,400m
南部駒賞 11月15日(日) 盛岡 1,600m
ハイセイコー記念 11月17日(火) 大井 1,600m
  • 第47回
  • 南部駒賞

11.15 (日) 盛岡 1,600m

直線馬群を割って抜け出す
 田中淳司厩舎がワンツー

昨年までの未来優駿は岩手所属馬限定の若駒賞だったが、今年からは地方全国交流の南部駒賞に。これまで若駒賞、南部駒賞をともに制した馬には、ロールボヌールやロックハンドスターなど翌年の岩手ダービー(当時はダイヤモンドカップ)馬の名もあった。その南部駒賞の創設は1973年。今年で47回目を数える岩手伝統の2歳重賞。2003年までは東北地区交流だったが、04年から地方全国交流となった。毎年11月の開催でありほとんどが水沢開催で行われていたが、日没が早くなるこの時期でも盛岡開催なら照明設備のおかげで18時台のスタートが可能になり、昨年より盛岡での開催となっている。

今年はホッカイドウ競馬から4頭、船橋、川崎から各1頭が参戦。岩手・水沢所属のリュウノシンゲンは芝の若鮎賞は3着も、ダート戦に限れば5戦負けなしで地元の利もあり単勝2.2番の1番人気に支持された。感冒による出走取消明けとなるチサットだが、イノセントカップ3着のスピードが評価されて5.3倍の2番人気、3番人気は5.7倍でJBC2歳優駿JpnⅢ・6着と見せ場ある走りをみせたギガキングで、北海道勢も上位人気に。ワールドリング、サンエイウルフ、マーサマイディアまで6頭が一桁台の単勝オッズとなった。

スタートはややバラつきもあったが、長いバックストレッチの直線ではマーサマイディア、チサット、サンエイウルフ、リュウノシンゲン、ワールドリング、ギガキングという隊列で、先団と後方グループが分かれるレース展開。前半3ハロンは35秒7でかなり速い流れとなった。

勝負どころ残り600メートルを過ぎても後方グループは先団には取り付けず、4コーナー手前ではマーサマイディア、チサット、サンエイウルフ、リュウノシンゲンが横並び、その直後の内めにギガキング、インを狙うワールドリングがつけて直線勝負へ。

馬群を割って坂を登ったギガキングが残り1ハロンで一気に抜け出し、内でチサットが粘り、リュウノシンゲンも迫るが、後方集団にいたシンタロウが大外から猛然と追い込んだ。

見ごたえあるゴール前の攻防を制したギガキングの勝ちタイム1分38秒4は、前年のモリノブレイクと同じ。強敵にもまれてきた経験が勝利へとつながったのだろう。レースの上り3ハロンが38秒9のところ、36秒7の脚を使ったシンタロウが1馬身1/4差の2着で、田中淳司厩舎のワンツーフィニッシュ。地元期待のリュウノシンゲンは半馬身差で3着だった。

ギガキングには2度目の騎乗となった服部茂史騎手は「4コーナーで3番手にいたサンエイウルフの吉原騎手の手応えが悪かったので、直線はその内から進路をと思って追いました。デビュー戦を勝った後、低迷したこともありましたが、そのうっ憤を今回で晴らせたと思います。こういうレースができるのがこの馬の本当の力だと思います。マイルから2000メートルくらいがベストの舞台じゃないかな。自分は久しぶりに岩手で勝てて良かったです。ホッカイドウ競馬の今シーズンは終わってしまいましたが、今年コロナ禍もあってファンの前で競馬ができるのはいいですね」

3着に敗れたリュウノシンゲンの坂口裕一騎手は「状態は良かったのですが、レースでは集中していなかった。道中もフラフラして走っていたし、手ごたえ、反応がなかったですね。いつもとは違って、まるで別馬みたいに……」

「ギガキングは全日本2歳優駿へ向かわせたいとオーナーに伝えました。2着のシンタロウは年内は休養し次走は未定」と田中淳司調教師。

  • 取材・文
  • 峯村正利
  • 写真
  • 佐藤到(いちかんぽ)

Comment

服部茂史 騎手

ゲートでちょっと脚を滑らせましたが、そのあとはスムーズに位置を取ることができました。3走前に騎乗したときは3~4コーナーでモタついたので今回はその点に気をつけて乗りました。流れも良かったですし、反応良く直線は抜け出してくれました。これからまだ力をつけて強くなっていくと思いますよ。

田中淳司 調教師

自分のところで1、2着はできすぎですね。とても嬉しいです。JBC2歳優駿から間隔は詰まっていましたが、ダメージが少なかったので南部駒賞を使うことを決めました。持ったまま、いい感じで追走できていたし、それが良い結果に。胴が詰まったタイプなので、マイルのワンターンも合ったと思います。