ウェブハロン

ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。

レーススケジュール・概要を開く

未来優駿2020

毎年秋に行われる地方競馬の2歳主要競走シリーズ『未来優駿(みらいゆうしゅん)2020』。

全国各地で行われる2歳競走をピックアップし、活躍馬が2歳ダートグレード競走(エーデルワイス賞・JBC2歳優駿・兵庫ジュニアグランプリ・全日本2歳優駿)、さらには3歳クラシック競走へ駒を進めることで、魅力ある競走の実施、競走体系の整備促進に資することを目指します。

2008年に創設され13年目を迎える今シーズンは、対象期間と競走数が拡大され、9月21日から11月17日の期間に11競走が行われます。毎年、その後の2歳、3歳ダートグレード競走や全国各地のダービーで活躍する馬を輩出している本シリーズ。未来を期待される優駿たちの戦いにご期待ください。

NARサイト 特設サイトはこちら

レース名 実施日 競馬場 距離
ゴールドジュニア 9月21日(祝月) 大井 1,400m
サンライズカップ 10月1日(木) 門別 1,800m
兼六園ジュニアカップ 10月11日(日) 金沢 1,500m
鎌倉記念 10月14日(水) 川崎 1,500m
兵庫若駒賞 10月15日(木) 園田 1,400m
九州ジュニアチャンピオン 10月18日(日) 佐賀 1,400m
ゴールドウィング賞 10月27日(火) 名古屋 1,600m
平和賞 10月28日(水) 船橋 1,600m
黒潮ジュニアチャンピオンシップ 11月1日(日) 高知 1,400m
南部駒賞 11月15日(日) 盛岡 1,600m
ハイセイコー記念 11月17日(火) 大井 1,600m
  • 第53回
  • ハイセイコー記念

11.17 (火) 大井 1,600m

4コーナー先頭から押し切る
 4連勝で南関東2歳の頂点に

今年から南関東グレードでは最高位となるSⅠに昇格し、より存在感を増したハイセイコー記念。未来優駿の最後を飾るに、よりふさわしい一戦となった。

頭数こそ9頭と寂しくなったが、ゴールドジュニアを勝利したアランバローズ、平和賞勝ちのマカベウス、前2走がともに圧勝だったランリョウオー、重賞で好走を続けるジョーロノなど、南関東の2歳路線を牽引する各馬が集結。来春へつながるハイレベルな戦いが予想された。

ジョーロノとアランバローズによる逃げ争いに注目が集まったが、先手を奪ったのはジョーロノ。アランバローズは多少掛かりぎみに2番手につけ、ランリョウオーとマカベウスは中団を進んだ。向正面半ばから徐々にペースアップし、いよいよ勝負どころへ。

しかし、ここで一波乱が起きる。3番手につけていたパストーソが3コーナーの入口で外に膨らみ、その直後まで位置取りを上げていたマカベウスも外へ振られた。その間にアランバローズはジョーロノに並びかけ、ランリョウオーも先行した2頭に迫る。マカベウスは軌道を修正したものの、勝負どころで3頭に後れを取る苦しいかたちになった。

4コーナーで抜け出したアランバローズは、直線に向いても確かな脚いろで突き放しにかかる。後退するジョーロノに代わって外からランリョウオーが懸命に追い上げるが、その差は詰まらず、アランバローズが1馬身半差で勝利した。

アランバローズはこれでデビューから4連勝。ゴールドジュニアに続くタイトルを獲得し、南関東2歳の頂点に立った。気性的に激しく、「1~2コーナーまでは抑えるのに苦戦した」と左海誠二騎手も苦笑いだったが、控えるかたちで勝ち切ったのは収獲で、距離延長にも対応。全日本2歳優駿JpnⅠへの出走については「選択肢のひとつ」とした林正人調教師だが、「マイルを勝ったことで選択肢が広がった」と笑顔を見せた。

2着のランリョウオーは中団から脚を伸ばしたが、最後は勝ち馬と脚いろが一緒になった。本橋孝太騎手は「いい位置につけることができたが、残られてしまった。相手が強かったね。距離は延びても問題ない」と、終いまで脚を伸ばしたアランバローズに脱帽した。ただ、レースぶりや気性面を考慮すれば、来春の三冠路線で本領を発揮しそうなタイプ。さらなる成長が待たれるところ。

一方、マカベウスは勝負どころでの不利も響いて5着に敗れた。「内回りの走り自体は悪くなかったけど、外に張られたし、前残りぎみの馬場も厳しかった。巻き返したい」と本田正重騎手。本質的に長めの距離が合うだけに、このレースだけで見限るのは早計だ。

気性面から距離に不安のあったアランバローズだが、前半で折り合いに苦労しながら、後半3ハロンは38秒2とメンバー中2位。軽い馬場とはいえ、勝ちタイム1分40秒8も優秀だった。未来へ向けて着実な進化を遂げているだけに、今後もその走りから目が離せない。

  • 取材・文
  • 大貫師男
  • 写真
  • 早川範雄(いちかんぽ)

Comment

左海誠二 騎手

距離に不安がありましたが、先に行く馬がいたらそれに合わせようと思っていたし、うまく立ち回ってくれました。1~2コーナーでは苦戦しましたが、向正面に入ったら折り合いがつき、リズムを崩さずに乗れたので、馬のほうが競馬をよく知っていると思いました。この経験を次に生かせればと思います。

林正人 調教師

位置取りは鞍上に任せていましたが、僕の中でも番手の競馬という選択肢がありました。それにうまく馬が対応して、いい結果が出たので、とても良かったと思っています。次走はオーナーと相談して決めますが、1600メートルでこういう競馬ができたので、当初よりは選択肢が広がるかなと思います。