ウエブハロン2017 ヤングジョッキーズシリーズ タイトル

 12月27日(水)に大井競馬場、28日(木)にJRA中山競馬場で実施される『2017ヤングジョッキーズシリーズ ファイナルラウンド』への出場権をかけて、地方競馬およびJRAの若手ジョッキーが争う代表騎手選定競走が『2017ヤングジョッキーズシリーズ トライアルラウンド』です。このトライアルラウンドでの着順に応じて得た点数により、地方競馬およびJRAそれぞれの代表騎手が選ばれます。
※下の“タブ”をクリックするとご覧になりたいレースの記事に切り替わります。

地方初騎乗の横山が初戦を制す 高知で修業の中越が地元初勝利

 2017ヤングジョッキーズシリーズ(YJS)のトライアルラウンド川崎は、東日本地区最初のラウンドで、JRAは美浦所属騎手、地方は南関東ブロックの騎手で争われる。この日出場予定だった木幡育也騎手(JRA)が落馬負傷のため出場できなくなり、この日のJRA交流競走に騎乗する栗東所属の川又賢治騎手に騎乗変更。川又騎手の着順ポイントはJRA西日本のポイントに反映される。
 平日の夕方にも関わらず、紹介式が行われたウィナーズサークルには大勢のファンが詰めかけた。約1年2カ月前に川崎競馬場でデビューを迎え、ファンを熱狂させた藤田菜七子騎手を中心に、お目当ての騎手に声援を送ったり写真を撮ったりと場内は熱気に包まれ、このシリーズの注目度の高さが伺えた。
 JRA6名のうち、野中悠太郎騎手、伴啓太騎手、横山武史騎手は、川崎競馬場での騎乗は初めてとのことだったが、「地方の親しい騎手にコースの特徴を聞いてきました」「小回りということですが、実際に乗ってみないと分からないですしね」などと、不安はない様子だった。
 一方、ホームでの戦いで有利な立場にある南関東所属騎手は、「先行有利で外が伸びるみたいですね」「ペースや展開はどうなるか分かりませんがコース取りがポイントになると思います」と地の利を生かしたレース分析をしているようだった。
 第1戦は、伴騎手が先手を取りスローペースに持ち込んだ。2番手に臼井健太郎騎手(船橋)、3番手の内に1番人気の横山騎手が追走。2番人気の藤田騎手は後方からのレースとなった。3コーナーあたりでペースを上げた伴騎手についてきたのは横山騎手のみ。後方集団も追い出していたが、前との差は開いていた。直線に入ると、横山騎手が伴騎手を楽に捉えて突き放し、3馬身差の快勝。2着は伴騎手で、3着には臼井騎手が粘り、結局先行した3頭での決着となった。
 地方競馬初騎乗で初勝利を手にした横山騎手は「直線でスパートをかけたら一気に反応してくれました」とホッとした様子でニッコリ笑った。2着の伴騎手は「誰も絡んでこなかったので楽に逃げられました。勝ったと思ったんですけどね。コースも乗りやすかったですよ」と振り返った。こちらはデビュー5年目で経験も豊富。終始、落ち着いて冷静な雰囲気だった。
 レース前、2戦とも1枠を引いた中越琉世騎手(川崎)は「第2戦は先行できそうなので内枠から積極的にいきたい」と話していた。そんな思惑通り、第2戦は中越騎手がペースを握った。2番手には、佐賀での期間限定騎乗から帰って来たばかりの岡村健司騎手(船橋)がつけ、外の3番手に2番人気の伴騎手、その内に野中騎手が続いた。1番人気の臼井騎手は中団の後ろでレースを進めていた。
 直線、後続が追い込みを図るも中越騎手との差はなかなか縮まらない。ゴール前、足の間から後続を確認した中越騎手。「後ろが気になって、来るなー!来るなー!と願っていました」。そんな強い想いが現実となり、見事な逃げ切り勝ちを決めた。混戦の2着争いは、外から猛然と追い込んできた臼井騎手が、内から伸びていた野中騎手をクビ差捉えた。
 現在、高知競馬場で期間限定騎乗中の中越騎手は、地元川崎での、そして南関東での嬉しい初勝利。レースから戻ってくると、「おめでとう!!」と大勢の関係者に迎えられた。「高知での修業の成果をなんとか見せたいと思っていましたが、いきなり勝てるなんて……。厩舎のみなさんに感謝しています。そしてこんな僕を育ててくれた高知のみなさんにも感謝の気持ちでいっぱいです」と目を潤ませながら語った。
 この2戦の結果、JRA東日本では、総合31点でトライアルラウンド(TR)ポイント15.50の横山騎手が1位。地方南関東ブロックでは、臼井騎手が総合35点、TRポイント17.50でトップに立った。
 レース後、誰よりも悔しさを露わにしたのは、3着、2着という成績だった臼井騎手だ。「ポイントは獲得できたけど、とにかく勝ちたかった。ゴール後、他に何かできることはなかったかずっと考えていました。ただただ悔しいです。次は10月(船橋)なので、それまでの半年間、毎日勉強して今日とは違う競馬をしたいです」と語った。
 YJSトライアルラウンドは始まったばかり。若手騎手たちの、1勝に涙する姿、心底悔しがる姿、そんな勝ちにこだわる姿勢が、これからのこのシリーズを面白くしていくに違いない。
第1戦1着
横山武史騎手
(JRA美浦)
いつもと違う環境で緊張しましたが勝てて良かったです。馬のおかげですね。返し馬の時リズム良く走る馬だなと感じたので、道中もリズムを大事にして乗りました。なるべく砂はかぶらせたくなかったんですが、無理する必要もないと思ったのであの位置になりました。良い結果に繋がったので嬉しいです。
第2戦1着
中越琉世騎手
(高知)
調教師からも行けたら行けと言われていたし、ハナをきれたので自分のペースに持ち込むことができました。直線では真っ直ぐ追って、あとは馬を信じるだけでした。今までゲートが下手だったんですが、少しは出せるようになったと思います。横山騎手とは「騎手の息子同士だね」という話をしました。


取材・文:秋田奈津子
写真:早川範雄(いちかんぽ)