ウエブハロン2017 ヤングジョッキーズシリーズ タイトル

 12月27日(水)に大井競馬場、28日(木)にJRA中山競馬場で実施される『2017ヤングジョッキーズシリーズ ファイナルラウンド』への出場権をかけて、地方競馬およびJRAの若手ジョッキーが争う代表騎手選定競走が『2017ヤングジョッキーズシリーズ トライアルラウンド』です。このトライアルラウンドでの着順に応じて得た点数により、地方競馬およびJRAそれぞれの代表騎手が選ばれます。
※下の“タブ”をクリックするとご覧になりたいレースの記事に切り替わります。

地元加藤騎手が鮮やかに差し切る 高知の松木騎手は人気馬で快勝

 今年4月から始まった中央と地方の枠を越えて未来のスタージョッキーたちが激突する『ヤングジョッキーズシリーズ』。今回の名古屋競馬場は高知、笠松、川崎に続く4場目の舞台。
 参加騎手はJRAからは5名(第1戦のみ騎乗予定だった加藤祥太騎手は騎乗馬が出走取消で不参戦)、地方騎手は、金沢2名、地元名古屋、兵庫、高知が各1名の計10名。トライアルラウンドは地方競馬場11場で行われるが、出場騎手は所属によって東西のブロックに分けられている。東日本はまだ川崎でしか行われていないのに対し、西日本は計6場で行われる中で、すでに今回が3場目。早くもシリーズは中盤にさしかかったムードが流れていた。
 それゆえに、レース前にウイナーズサークルで行われた出場騎手インタビューでも、過去2場でのポイントについてや、ファイナルラウンド出場への意欲などの談話が飛び交った。また、レース運びについては、前残りが多かったこの日のレース傾向から、前に付けたいと多くの騎手が話していた。これが第1戦の波乱への伏線となった。
 第1戦は加藤祥太騎手の騎乗馬が取消となり9名での争い。レースをリードしたのはシリーズ初参戦で「早めにポイントを稼いで有利に運びたい」と話していた森裕太朗騎手(JRA)だった。1コーナーでは2番手追走の小崎綾也騎手(JRA)を2馬身離し、3番手以降はさらに4馬身という後続を大きく離す隊列からもハイペースがうかがえた。
 3コーナーを過ぎると4番手を追走していた栗原大河騎手(金沢)が進出を開始。グングン位置取りを上げ、4コーナーでは行き脚にかげりが見え始めた森騎手を交わして先頭に躍り出た。しかし、ハイペースの上に、前を捉えるのに脚を使った分、ゴール前で脚が上がった。そこに、道中7番手の内で脚をためていた地元名古屋の加藤聡一騎手が末脚を爆発させると、外から鮮やかに差し切った。
 検量室に戻った加藤騎手は先輩騎手や調教師からの祝福に笑顔で応じた。一方、3/4馬身差で2着の栗原騎手は「惜しかった。悔しい」と無念の表情。3着には城戸義政騎手(JRA)が後方待機からハナ差まで迫り、「気が悪い馬だった。あと少しだったけど、つかまえきれなかった」と振り返った。
 単勝3→7→2番人気での決着で3連単は4万7320円の波乱。名古屋は直線が短く大外一気の差し切りはそう見られないだけに、いかに「前、前で」という騎手心理が働いたかを感じさせる内容だった。
 第2戦は10番人気の小崎騎手が序盤で主導権を奪うと、第1戦とは打って変わってのスローペースに落としての逃げを展開。3コーナーでペースを上げると、後続との差を広げ、逃げ切り態勢に入った。
 しかしそれを力でねじ伏せたのが、1番人気に推されていた松木大地騎手(高知)。道中は後方を追走していたが、向正面で外に持ち出すと、4コーナーでは3番手まで押し上げ、直線では前を行く小崎騎手を並ぶ間もなく差し切った。3着には第1戦で2着惜敗の栗原騎手が入った。
 松木騎手が騎乗したバイザスコットの小菅誠オーナーは、松木騎手が所属する雑賀正光厩舎にも所有馬がいるなど深い縁があったが、そのオーナーの所有馬での勝利に「レースの動画を見て強いのは分かっていました。この馬が当たって良かった」と満面に笑みを浮かべた。また松木騎手は大阪の出身で、新幹線で大阪から応援に駆けつけた両親の前で記念の勝利ともなった。
 馬連複3390円の波乱を演出した小崎騎手は、「馬の力は引き出せた。勝った馬が強かった」と納得の様子。栗原騎手は「また悔しい結果ですが、2着、3着だし、次は金沢(8月22日)なので頑張りたい」と地元で巻き返しを図る。
 名古屋での2戦の結果、地方騎手では、第1戦を勝った加藤騎手が34点を獲得し、トライアルラウンドポイントでは13.75で、西日本地区の2位に浮上。2位だった栗原騎手は35点を獲得するもトライアルラウンドポイント13.17で3位。JRA所属騎手では、西日本地区2位だった小崎騎手は22点を獲得も、トライアルラウンドポイントは14.50となって4位に後退した。
第1戦1着
加藤聡一騎手
(愛知)
地元で勝てたのがうれしい。思っていたより流れが速く後方からになりました。馬がズブくて焦りましたが、逆にそれが良かったかも。3コーナーで前が詰まり、どうかと思いましたが、ゴール前は届けと必死でした。展開、馬場も味方してくれました。今日勝てたのは大きなアドバンテージになります。
第2戦1着
松木大地騎手
(高知)
レース前からビデオを見て、力が抜けているのは分かっていました。揉まれないようにと思いましたが、それでも揉まれました。これ以上揉まれたら走る気をなくすと思って外へ出したら、力を出してくれました。レースに勝ってなお、自分の未熟さが分かりました。シリーズはこれをきっかけに頑張りたい。


取材・文:松浦渉
写真:築田純(いちかんぽ)、NAR