ウエブハロン2017 ヤングジョッキーズシリーズ タイトル

 12月27日(水)に大井競馬場、28日(木)にJRA中山競馬場で実施される『2017ヤングジョッキーズシリーズ ファイナルラウンド』への出場権をかけて、地方競馬およびJRAの若手ジョッキーが争う代表騎手選定競走が『2017ヤングジョッキーズシリーズ トライアルラウンド』です。このトライアルラウンドでの着順に応じて得た点数により、地方競馬およびJRAそれぞれの代表騎手が選ばれます。
※下の“タブ”をクリックするとご覧になりたいレースの記事に切り替わります。

落ち着いた騎乗で2戦とも快勝 森騎手が一気にJRAのトップへ

 熱い夏の日差しが容赦なく照りつける中で行われたヤングジョッキーズシリーズ・トライアルラウンド佐賀。シリーズがスタートして5場目にして初めて1、2戦を同じ騎手が勝利し、スポットライトを一身に浴びることとなった。
 トライアルラウンドが行われるのは東日本では5場、西日本では6場。東日本はまだ川崎だけだが、西日本はすでに高知、笠松、名古屋が終わり、4場目となる今回の佐賀は早くも後半戦。JRAでは、坂井瑠星騎手、加藤祥太騎手がシリーズ初登場。加藤騎手は当初、前回の名古屋で初登場のはずが、騎乗馬が出走取消となり、今回が仕切り直しとなる。また兵庫で4月にデビューした永井孝典騎手、長谷部駿弥騎手も、ここでシリーズ初参戦。これにより、今回のシリーズに出場する西日本地区の騎手では、JRA12名、地方10名のすべてが出そろう形となった。
 決戦を前にウイナーズサークルで行われた出場騎手の紹介式では、JRAを代表して富田暁騎手が「勝ちに来ましたので頑張ります」と力強く意気込みを語った。一方、地方を代表して、地元佐賀の山口以和騎手は「本物の山口さんは岩手で頑張っているので、偽物も頑張ります」と、佐賀のリーディングジョッキーで、この日は盛岡のジャパンジョッキーズカップに遠征している同姓の山口勲騎手を引き合いに出して、集まったファンの笑いを誘った。
 第1戦は単勝1.4倍の1番人気に推された坂井騎手が大方の予想通りに外枠からハナに立ち、主導権を奪う。好位グループの順位がめまぐるしく変わる中、向正面で外からまくって出たのが3番人気の森裕太朗騎手(JRA)だった。4コーナーでは3番手まで進出すると、直線では逃げ粘る坂井騎手を差し切っての勝利。3着には道中5番手から外を通って伸びた7番人気の川又賢治騎手(JRA)が入り、JRA騎手が上位を独占した。JRAの上位(1~3着)独占は高知でのシリーズ開幕初戦以来のこととなった。
 勝った森騎手は「時計のかかる乾いた馬場が合うと調教師から聞きましたが、まくりがきれいに決まりましたね」と笑顔。2着の坂井騎手は「楽に行けたけど、3~4コーナーで手応えがなくなった」と無念の表情を浮かべた。3着の川又騎手は「頑張ったけど、外に張られたし、展開が向かなかった」と振り返った。  第2戦は、第1戦を制した森騎手が単勝1.5倍で断然人気。騎乗馬ハクユウカンベエは佐賀ではB2だが、移籍直前の兵庫ではA2と格上の存在で、森騎手の連勝が濃厚とみられた。
 加藤騎手が逃げ、2番手に昨年31歳で騎手デビューした田村直也騎手(兵庫)が続く。しかし4番手につけていた森騎手が向正面で動くと、3コーナー過ぎで楽に先頭に立ち、直線では後続に5馬身差の圧勝を飾った。
 本シリーズ初の1日2勝に、森騎手は「馬が強かったので、言うことがないです」と満面の笑み。2着には1戦目から1つ着順を挙げた2番人気の川又騎手で「自分の馬も頑張ったけど、今回は相手が強すぎたから仕方ない」とサバサバした表情。3着は中団から脚を伸ばした地元の山口騎手。「前の2頭が強いのは分かってたので、ポイント狙いの競馬でした。普段から乗っている地の利は生かせたかなと思います」と納得の様子だった。
 ポイント争いも森騎手が連勝で60点を獲得し、トライアルラウンド(TR)ポイントでは17.75となり、JRA西日本はもちろん、東日本を含めても1位に浮上。佐賀ラウンドを前にしてJRA1位だった富田騎手は11着、4着でTRポイントが12.75となり、JRA西日本5位に後退した。
 また、地方の西日本地区は今回、中央勢の活躍が目立ったため、ポイントも順位も大きな変動はなかった。しかし、どの騎手もまだ金沢か園田、もしくは両方の騎乗が残っており、ファイナルラウンド出場を懸けた争いは予断を許さない。
第1戦1着
第2戦1着

森裕太朗騎手
(JRA栗東)
1戦目は、調教師から、この馬には今日の馬場は合うので、慌てないで、後ろからじっくり行ってくれと言われて肩の力が抜けました。その通り、きれいにまくりが決まりました。2戦目は、馬がレースを分かっていて、向正面で動くところでも自分からペースを上げたし、直線もしっかりしていました。普段からよく調教されているのが、伝わってきました。このシリーズはあと2戦ありますので、次もいい成績を残して、ファイナルラウンドに残れるように頑張ります。


取材・文:松浦渉
写真:桂伸也(いちかんぽ)