ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。
font
標準

特集

ダービーシリーズ 2018

DERBY SERIES 2018

 各地のダービー競走をシリーズ化したダービーシリーズが本年も昨年同様8競走で5月27日(日)の九州ダービー栄城賞から6月20日(水)北海優駿(ダービー)まで行われます。
 昨年は、ジャパンダートダービーを制したヒガシウィルウィン他、JRAの重賞でも活躍したスーパーマックス、西日本ダービーを制したフリビオンなど、多数の活躍馬を輩出しました。
 3歳ダートクラシック路線の頂点であるジャパンダートダービー(JpnⅠ)(7/11大井)に向けて、全国の3歳馬たちが鎬を削る「ダービーシリーズ2018」にご期待ください。

※下の“タブ”をクリックするとご覧になりたいレースの記事に切り替わります。

第60回 九州ダービー栄城賞
5.27(日) 佐賀競馬場 2,000mスーパージェット
5.29(火)
石川ダービー

地元3歳戦線の活躍馬を一蹴 転入3戦目でのダービー制覇

 約1カ月の間に8つのダービーが開催される『ダービーシリーズ』2年目の今年は、開催順序に若干の変動はあったものの、九州ダービー栄城賞は昨年同様シリーズ開幕戦となった。しかし、佐賀競馬では重賞路線の再編が行われ、今年から栄城賞へ至る道のりが大きく変わることとなった。
 これまで佐賀3歳三冠は、飛燕賞(2月)、九州ダービー栄城賞(5月)、ロータスクラウン賞(9月)だったが、飛燕賞から栄城賞までの間に牝馬はル・プランタン賞(4月)もあり、B級に格付けされた牡馬は3歳同士で走れるレースがなく、調整に苦慮するケースも見られていた。
 これを解消するため、昨年までB級S2重賞として行われていた佐賀皐月賞(4月22日)を3歳限定重賞にリニューアル。これを新たな3歳三冠の一冠目とするとともに、従来は3歳格付だった鯱の門特選(5月8日)をB級格付馬も出走可能な3歳オープンに、3歳格付の佐賀デビュー馬限定戦のくすの栄橋賞(5月5日)も新設され、栄城賞の前哨戦は4月下旬から5月上旬に集約されることとなった。
 飛燕賞は1着ベルセルク、2着リンノゲレイロだったが、佐賀皐月賞ではこの2頭の着順が入れ替わり、リンノゲレイロが勝利。牝馬限定重賞を勝っていたローザーブルーとマイメンは、佐賀皐月賞後に目標をのじぎく賞(園田・5月17日)へ切り替え栄城賞には登録せず。引き続きリンノゲレイロとベルセルクの牡馬2強に、別路線のスーパージェットに一角崩しの期待という構図となった。
 逃げを打ったシアワセクルの直後にベルセルクとリンノゲレイロがつけ、スタートでやや遅れたスーパージェットも中団まで盛り返して1周目のゴール板を通過。2コーナーでリンノゲレイロが先頭に立つと、ベルセルクも追走。向正面ではこの2頭が後続との差を広げたが、スターオブソレイユ、ハーキマーダイヤ、スーパージェットが差を詰めてきた。
 4コーナーでは5頭が一団となって直線へ。内からベルセルクが伸びて一旦は先頭に立ったが、スーパージェットが再度伸びて先頭を奪い返すと、ハーキマーダイヤに半馬身差をつけて勝利。さらにアタマ差の3着にベルセルクが入った。単勝1番人気のリンノゲレイロは直線伸びず6着に終わった。
 スーパージェットは門別デビューで、名古屋、兵庫を経て4月に佐賀へ転入。佐賀皐月賞への出走権はなく(転入後、佐賀で2戦が必要)、B級特別で2着、4着と好走し、栄城賞への出走権をクリア。佐賀初勝利が重賞初制覇となった。管理する九日俊光調教師は昨年のスーパーマックスに続いて連覇。2009年にもギオンゴールドで制しており、ダービーウイーク創設後では栄城賞3勝目。鞍上の田中純騎手は、高知から遠征のオールランドに騎乗した2014年以来2勝目となった。今後は高知優駿(6月17日)を目指し、その後はジャパンダートダービーJpnⅠ(7月11日)へ向かうかどうかを検討とのことだ。
取材・文:上妻輝行
写真:桂伸也(いちかんぽ)

コメント

田中純騎手

結果を出せてうれしい限りです。手ごたえはすごく良く、勢いをつけて早めに抜け出そうと思ったのですが、直線でハミを取ってくれなくて最後までドキドキでした。後ろが両脇から迫ってきて、そこで馬が反応してくれたので、交わされることはないと思いました。

九日俊光調教師

去年も今年も緊張しましたが、結果が出て良かったです。2走して(重賞出走の)権利を取り、一息いれてレースに持ってこれたのが良かったんだろうと思います。B級戦で勝った馬が強かったので、その2着だったので自信がつきました。高知優駿は行く予定です。