ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。
font
標準

特集

3歳秋のチャンピオンシップ 2018

3YO AUTUMN CHAMPIONSHIP

 本シリーズは、各地の3歳主要重賞競走を戦った有力馬が11月に実施されるダービーグランプリへと集結し、地方競馬の秋の3歳王者の座を争うもので、以下のカテゴリーに応じてボーナス賞金(馬主)が設けられています。

 今年は新たに「園田オータムトロフィー」が対象競走に加わり、またカテゴリーDとしてJBC競走への出走もボーナス賞金の対象となりました。

 なお、昨年は複数のカテゴリーの競走とダービーグランプリに優勝した場合は、高い方のボーナス賞金が適用され優勝回数は考慮されませんでしたが、今年は1,000万円を上限に、条件を満たすごとに200万円加算されることとなり、ボーナス賞金の面でも充実化が図られております。

 充実の秋、成長の秋、飛躍の秋など競走馬にとって大きな意味合いを持つ「3歳秋」を舞台に繰り広げられる熱戦にご期待ください。

※下の“タブ”をクリックするとご覧になりたいレースの記事に切り替わります。

黒潮盃

8.15(水) 大井競馬場 1,800m クロスケ
9.2(日)
サラブレッド大賞典

東京ダービー上位馬2頭の一騎打ち アタマ差とらえて念願の重賞初制覇

 東京都心はお盆の時期でも連日最高気温が35度前後の猛暑が続いているが、『3歳秋のチャンピオンシップ』が今年も黒潮盃から始まった。
 南関東三冠戦線で主力を成した馬たちと、その三冠戦線には間に合わなかった馬たち、さらに他地区から南関東の高額賞金を狙って遠征してくる馬たちの対戦で、秋の勢力図を占うことにもなる一戦。ゴール前を盛り上げたのは、人気を集めた東京ダービー2、3着馬だった。
 ハナをとったのはワグナーコーヴ。京浜盃でも逃げて2着と好走していたが、羽田盃、東京ダービーではともに二桁着順に敗れていただけに巻き返しを狙っての出走。クラウンカップの覇者スプリングマン、重賞初挑戦のステラライトが続き、東京ダービー2着でジャパンダートダービーJpnⅠでも地方最先着の4着と好走したクリスタルシルバーは4番手のラチ沿いにつけた。一方、東京ダービー3着だったクロスケは中団で馬群の中を追走した。
 4コーナーで先頭に立ったのは、レース前半、クリスタルシルバーと併走するように外目を進んでいたワンダーツー。中央から浦和への移籍初戦を勝ってここに臨んだ、いわば刺客だ。しかし直線を向いて残り300メートルあたり、外に持ち出されて堂々と先頭に立ったのがクリスタルシルバー。鞍上は、3日前に地方競馬通算最多勝記録を更新したばかりの的場文男騎手。今度は、自身が持つ地方競馬最年長重賞勝利記録を更新するかに思えた。
 そして馬群から抜け出して追ってくる馬が1頭。クロスケが、残り200メートルあたりからじわじわと差を詰めてきた。3番手以下は大きく離れ、粘り込みを図るクリスタルシルバーに、外からクロスケが並びかけたところがゴール。いずれが勝っても初タイトルとなるところ、クロスケがアタマ差とらえていた。
 8馬身離れての3着には、4コーナー13番手から追ってきた牝馬のミスマンマミーアが入り、直線一杯になったワンダーツーが4着。デビュー4年目の藤本現暉騎手が手綱をとったマースインディが5着に入った。
 他地区からの遠征馬では、九州ダービー栄城賞3着のベルセルクが7着、東海ダービー馬ビップレイジングが10着、門別の王冠賞2着のマッドドッグが12着だった。
 勝ったクロスケの笹川翼騎手は、「前を走っていた2頭の進みがよくなかったので、ちょっと心配だったんですが、3コーナーからうまく外に出せて、そこからこの馬らしい末脚を発揮してくれた」と。たしかに3コーナー手前あたり、すぐ前にベルセルク、デイジーカーニバルが併走していて、笹川騎手は行き場を探しているような場面があった。もしそれで届いていなければ、相当に悔やまれたところだろう。次走には、やはり3歳秋のチャンピオンシップの一戦である戸塚記念(9月12日・川崎)を予定しているとのこと。
 一方、アタマ差でタイトルを逃したクリスタルシルバーの的場騎手は、「負けたー! クロスケも終い(の脚)がいいからしょうがない」と悔しそう。9月7日には62歳になる的場騎手ともども、秋に雪辱を期すことになるのだろう。

取材・文:斎藤修
写真:宮原政典(いちかんぽ)

コメント

笹川翼騎手

前々走、前走と折り合い重視だったので、いつもよりスタートは遅れましたが、予想通りのポジションにつけられました。3コーナーからうまく外に出せて、そこからこの馬らしい末脚を出してくれました。惜しい競馬が続いて、なんとかひとつタイトルをとらせてあげたかったので、達成できてよかったです。

柏木一夫調教師

常にいい状態で(レースに)出してますけど、今日は絶対勝てると思っていました。レースは安心して見ていましたが、直線ではちょっと交わせないかとも思いましたが、いい脚を使ってくれました。次走は川崎の戸塚記念に行こうと思っています。いずれ中央の芝も走らせたいと思っています。