ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。
font
標準

特集

3歳秋のチャンピオンシップ 2018

3YO AUTUMN CHAMPIONSHIP

 本シリーズは、各地の3歳主要重賞競走を戦った有力馬が11月に実施されるダービーグランプリへと集結し、地方競馬の秋の3歳王者の座を争うもので、以下のカテゴリーに応じてボーナス賞金(馬主)が設けられています。

 今年は新たに「園田オータムトロフィー」が対象競走に加わり、またカテゴリーDとしてJBC競走への出走もボーナス賞金の対象となりました。

 なお、昨年は複数のカテゴリーの競走とダービーグランプリに優勝した場合は、高い方のボーナス賞金が適用され優勝回数は考慮されませんでしたが、今年は1,000万円を上限に、条件を満たすごとに200万円加算されることとなり、ボーナス賞金の面でも充実化が図られております。

 充実の秋、成長の秋、飛躍の秋など競走馬にとって大きな意味合いを持つ「3歳秋」を舞台に繰り広げられる熱戦にご期待ください。

※下の“タブ”をクリックするとご覧になりたいレースの記事に切り替わります。

9.2(日)
サラブレッド大賞典

戸塚記念

9.12(水) 川崎競馬場 2,100m チャイヤプーン
9.13(木)
園田オータムトロフィー

直線末脚弾け鮮やかに差し切る 岩手ダービー馬が南関東でも栄冠

 今年から南関東S1に格上げされた戸塚記念。3歳秋のチャンピオンシップに位置付けられ、ダービーグランプリに向けても目が離せない一戦だ。
 岩手ダービーダイヤモンドカップの勝ち馬チャイヤプーンが、メンバー中唯一のダービー馬として、貫禄を見せつけた。岩手ダービー後に船橋・川島正一厩舎へ移籍し、前走は古馬の厳しいペースを経験させ、ここは5番人気だったが陣営は満を持して挑んだ。
 レースは、クレイジーアクセルが逃げてペースを作り、森泰斗騎手を配したチャイヤプーンは中団内目を追走。淡々と進んでいく中、勝負どころでうまく外に持ち出すと、最後の直線で末脚を炸裂させた。中央から移籍初戦の前走トライアルを完勝して1番人気に支持されたトキノパイレーツに2馬身差をつけての完勝。3着には、直線半ばまで先頭で粘っていたクレイジーアクセルが入った。
 「1番枠を最大限に生かした乗り方をしようと思いました。キックバックを嫌がったり、多少難しいところを出して手応えがあやしくなったところもありましたが、折り合いもついていい感じで脚をためられて、勝つ時はうまくいくものですね。外に出した時にガツンときて弾けてくれました。精神的な幼さはありますが、基本的なポテンシャルは高いです。素質をかなり秘めているし、どんどん強くなって全国区の馬になって欲しいですね」(森騎手)。
 レース後の検量室前では、岩手で管理していた千葉幸喜調教師も応援に駆けつけて喜ぶ姿もあった。チャイヤプーンは当初からの予定通り、数日後には岩手へ帰り、不来方賞からダービーグランプリを目指すことになるそうだ。
 チャイヤプーンの母は岩手で重賞6勝を挙げた名牝サイレントエクセル。船橋で担当している千葉健次厩務員は、岩手の故・千葉次男調教師の息子さんで、岩手にゆかり深い方だ。担当馬が南関東で重賞を勝つのは初めてのこと。「まだ実感はわきませんがうれしいです。(チャイヤプーンは)普段はおとなしいですがオンオフのスイッチがしっかりしていて、心臓もすごくいいです。追い切りの後もケロッとしています」と愛馬を讃えていた。
 一方、黒潮盃を制して2番人気に支持されたクロスケは、笹川翼騎手が疾病のためレース直前、川島正太郎騎手に騎乗変更となり、9着に終わった。この後は短期のリフレッシュ放牧に出る予定で、状態を見て、ダービーグランプリや武蔵野ステークスGⅢなどを視野に入れていくそうだ。今回は残念な結果に終わったが、ハードな南関東クラシックロードを前哨戦から戦い続け、この夏場も走り抜いた。「こんなに丈夫な馬には初めて会いました。大した馬です」(柏木一夫調教師)。クロスケのここまでの奮闘も労いたい。
取材・文:高橋華代子
写真:築田純(いちかんぽ)

コメント

森泰斗騎手

岩手の実績馬を任されて責任を感じていたので勝つことができてうれしいです。厩舎関係者や調教をつけている庄司大輔騎手がよく仕上げてくださって、返し馬に乗った感じが前走とは雲泥の差でした。岩手の関係者やファンの後押しもあって勝つことができました。本当に皆さんに感謝しています。

川島正一調教師

前走は古馬と走らせた後に、調教などもいろいろ変えてみたのですが、合いましたね。追い切りの動きもすごくよくて状態も上がっていました。オーナーさんが南関東で重賞を獲りたいということで、うちに入れていただきました。ここは目標にしてきたレースなので、タイトルを獲ることができてよかったです。