レース紹介 Introduction

年明け最初のJpnI競走で、フェブラリーステークスGIやドバイワールドカップGIに向けても注目される一戦だ。地元南関勢の活躍が目立つレースで、1998・99年に船橋のアブクマポーロが連覇すると、その後も00年インテリパワー(川崎)、04年エスプリシーズ(川崎)、06年アジュディミツオー(船橋)、11年フリオーソ(船橋)が勝利。そして21年には、カジノフォンテン(船橋)がオメガパフューム(JRA)に3馬身差で勝利している。(斎藤 修)

実施日
2022年2月2日(水)
競馬場
川崎競馬場
距離
ダート左回り 2100m
出走資格
サラブレッド系 4歳以上
1着賞金
6000万円
負担重量
定量(4歳56kg、5歳以上57kg、牝馬2kg減)
  • 2021年 カジノフォンテン 10年ぶりに地方馬が勝利

    2021年 カジノフォンテン 10年ぶりに地方馬が勝利

  • 2020年 チュウワウィザード 6馬身差圧勝でJpnI・2勝目

    2020年 チュウワウィザード 6馬身差圧勝でJpnI・2勝目

  • 2019年 ミツバ 充実を見せ7歳でのJpnI初制覇

    2019年 ミツバ 充実を見せ7歳でのJpnI初制覇

レース体系

体系図の要素説明
川崎記念 体系図

歴史

現在の川崎競馬場は、前身の戸塚競馬場を引き継ぐ形で1950年に開設。それを記念して51年1月に第1回の「開設記念」が行われた。79年には川崎記念に改称。第1回は3000mだったが、その後は2600m、2800m、2400m、2000m、2300m、2200m、2150m、2100mとさまざまに変遷、85年から2000mとなった。90年から地方全国交流(94年のみ交流休止)、96年からJRAとの交流となり、99年から現在と同じ2100mでの実施となっている。98年にGIに格付けされた。(斎藤 修)

コース紹介

川崎・左2100メートル

川崎記念 コース

川崎2100mは向正面の2コーナー付近からスタートして、最初のコーナーまで約400m。1周1200mの馬場を1周半以上するコース形態で、南関東の中でも特にタイトなコーナーを6回通過する。1周目のスタンド前の直線でペースが緩むことも多く、位置取りと展開の読みがポイントとなる。(斎藤 修)

過去5年の競走成績

  • 2021年 第70回

    過去5年の競走成績 2021

    2021年1月27日(水)
    川崎 左2100m
    天候:曇 馬場:重

    1着 カジノフォンテン 2:14.9 4人気
    2着 オメガパフューム 3 1人気
    3着 ダノンファラオ 3/4 3人気
  • 2020年 第69回

    過去5年の競走成績 2020

    2020年1月29日(水)
    川崎 左2100m
    天候:晴 馬場:不良

    1着 チュウワウィザード 2:14.1 1人気
    2着 ヒカリオーソ 6 7人気
    3着 デルマルーヴル 1 3人気
  • 2019年 第68回

    過去5年の競走成績 2019

    2019年1月30日(水)
    川崎 左2100m
    天候:晴 馬場:良

    1着 ミツバ 2:15.0 3人気
    2着 ケイティブレイブ 2 1/2 1人気
    3着 オールブラッシュ アタマ 2人気
  • 2018年 第67回

    過去5年の競走成績 2018

    2018年1月31日(水)
    川崎 左2100m
    天候:晴 馬場:稍重

    1着 ケイティブレイブ 2:14.9 1人気
    2着 アポロケンタッキー 1 1/2 4人気
    3着 アウォーディー 1 3人気
  • 2017年 第66回

    過去5年の競走成績 2017

    2017年2月1日(水)
    川崎 左2100m
    天候:晴 馬場:良

    1着 オールブラッシュ 2:14.6 5人気
    2着 サウンドトゥルー 3 1人気
    3着 コスモカナディアン 1 1/2 6人気

アクセス

開催場所
川崎競馬場(神奈川県川崎市川崎区富士見1-5-1)
公共交通機関
京浜急行電鉄「港町駅」
⇒徒歩:南口から3分
京浜急行電鉄「京急川崎駅」
⇒徒歩:中央口から12分
JR「川崎駅」
⇒徒歩:東口から15分
⇒無料バス:川崎駅地下街26番出口(21番のりば)乗車
車・タクシー
「東京国際空港(羽田空港)」から約20分
東海道新幹線「品川駅」から約35分
首都高速神奈川1号横羽線、6号川崎線「大師出入口」から約10分
駐車場
730台(500円、南関場外時は無料)
HP
http://www.kawasaki-keiba.jp/