レース紹介 Introduction

前身は青雲賞で1968年に第1回が行われ、72年の勝ち馬がハイセイコー(大井)。第1回から距離は1600mで、そのハイセイコーの優勝タイム1分39秒2は現在でも破られていないレースレコードだ。ハイセイコーはその後中央で皐月賞など重賞7勝を挙げる活躍。2000年に死亡したが、その功績を称え、01年に青雲賞がハイセイコー記念に改名されている。1着馬に全日本2歳優駿JpnIの優先出走権が与えられ、20年にはアランバローズが当レースから連勝を決め、06年フリオーソ以来となる船橋所属馬の制覇を果たした。レース名が変わり、2010年くらいまでの勝ち馬は3歳になって勢いが止まることも多かったが、前述アランバローズ、17年ハセノパイロ(船橋)は東京ダービーを勝利。14年ストゥディウム(船橋)は羽田盃を、15年トロヴァオ(大井)は地方全国交流のダービーグランプリを制し、12年ソルテ(大井)は6歳時にNARグランプリ・年度代表馬に選出されるなど、近年はのちに活躍する馬が多い。(栗田 勇人)

シリーズ
2歳チャンピオンシリーズ(未来優駿)
実施日
2022年11月16日(水)
競馬場
大井競馬場
距離
ダート右回り 1600m
出走資格
サラブレッド系2歳
1着賞金
2200万円
  • 2021年 ノブレスノア 一騎打ちをクビ差で制す

    2021年 ノブレスノア 一騎打ちをクビ差で制す

  • 2020年 アランバローズ 4コーナー先頭から押し切る

    2020年 アランバローズ 4コーナー先頭から押し切る

  • 2019年 ゴールドビルダー 思い描いたレースぶりで完勝

    2019年 ゴールドビルダー 思い描いたレースぶりで完勝

コース紹介

大井・右1600メートル

ハイセイコー記念 コース

大井競馬場には、1周1600mの外回りと、1400mの内回りコースがあり、1600mでは内回りを使用する。外回りと比べコーナーがきつく直線も100m短いため、基本的には逃げ・先行馬が有利。ただ直線が短いとはいえ286mは同じ南関東の浦和(220m)より長く、器用な立ち回りができる馬であれば差しも届く。(栗田 勇人)

過去5年の競走成績

  • 2021年 第54回

    過去5年の競走成績 2021

    2021年11月17日(水)
    大井 右1600m
    天候:晴 馬場:良

    1着 ノブレスノア1:42.62人気
    2着 ミゲルクビ7人気
    3着 カイル21/28人気
  • 2020年 第53回

    過去5年の競走成績 2020

    2020年11月17日(火)
    大井 右1600m
    天候:晴 馬場:良

    1着 アランバローズ1:40.83人気
    2着 ランリョウオー11/21人気
    3着 ジョーロノ31/24人気

アクセス

開催場所
大井競馬場(東京都品川区勝島2-1-2)
公共交通機関
東京モノレール「大井競馬場前駅」
⇒徒歩:出口から約2分
京浜急行電鉄「立会川駅」
⇒徒歩:出口から約12分
JR「大井町駅」
⇒京急・東急バス(無料):中央口東7番停留所乗車
JR「品川駅」
⇒都営バス:高輪口2番のりば乗車、「大井競馬場前」下車
JR「目黒駅」
⇒都営バス:東口1番のりば乗車、「大井競馬場前」下車
車・タクシー
「東京国際空港(羽田空港)」から約10分
東海道新幹線「品川駅」から約20分
首都高速湾岸線「大井南I.C.」から約5分
首都高速1号羽田線「平和島I.C.」から約5分
駐車場
1471台(1000円、オートバイは200円)
※特定日のみ2123台に拡張(お盆や年末開催など)
HP
https://www.tokyocitykeiba.com/